丸顔さんの顔を大きく見せている原因のひとつが「おでこの面積」。とくに分け目のあるヘアスタイルの場合は額に目線がいってしまい、まん丸い顔をより強調させるだけでなく、分け目の寂しさを目立たせることに。

MINX 銀座店の副店長・山本祐基さんは、「40代以降は髪が痩せて細くなりがち。頭頂部にボリュームが出にくく、分け目ができやすいのも特徴です。この年代のショートヘアは、分け目をつくらないのが一番重要! 前髪に厚みを持たせることで解消できます」と証言。

とはいえ、前髪に厚みがあると、おでこは隠れるけど丸顔の輪郭がより強調されるのでは…という懸念もありますよね。山本さんによると、「丸顔の骨格が気になる方こそ、フロントは厚めにつくるべき!」なのだそう。その理由は?

「フロントを厚くするために、頭頂部の髪を前に持ってきます。するとおでこが隠れるだけでなく、頭頂部に高さが出て、丸顔を卵型にみせる効果があるんです。襟足をタイトにまとめるのもポイント。頭頂部の高さと後頭部の丸いフォルム、タイトな襟足のバランスが、フェイスラインをキュッと引き締めてくれ、輪郭を目立たせなくさせます」(山本さん)

なるほど! ではさっそく「おでこが目立つ」「分け目が寂しい」を解決できる丸顔さんにオススメの髪型を見てみましょう。

■髪型:軽やかに動くフロントの毛束が、若々しさを引き出す

丸顔のショートヘア代表:松村みゆきさん(53歳/アクセサリー作家)の場合

完成
サイド
バック

松村さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★

細くて直毛だという松村さんの髪質。ボリュームが出にくく、分け目ができやすいのも悩みなのだそう。

「ボリュームが出やすいよう、全体的に重さと量を残したショートボブ。トップにだけレイヤーを入れて軽さを出しつつ、襟足や耳まわりはグラデーションに。襟足や耳周りをスッキリさせることで、より頭頂部や後頭部のボリュームが出やすくなっています」(山本さん)

■スタイリング: 頭頂部の髪をフロントに持ってきて、前髪をかさ増し!

「スタイリングで大切なのは、分け目をつくらないことです。カーラーで頭頂部の髪を根元から立たせてください。どうしても割れ目がついてしまう場合は、一度濡らして根元からドライヤーで分け目をつけないように乾かして」(山本さん)

スタイリング前

■1:つむじと前髪の間の毛束をカーラーで巻く

カーラーは太いものを使用。頭頂部の髪を前後に分けて、前の毛束は内側に、後ろの毛束は外側にカーラーで巻く。根元からふわっと立たせるようなイメージで。

■2:サイドの髪をブラシアイロンで外側にブラッシング

サイドの髪をブラシアイロンで根元から外巻きにするように、ブラッシング。ブラシアイロンがない場合はクシとドライヤーで代用してもOK。

■3:頭頂部の髪をブラシアイロンで「前髪の方」に巻く

プロセス1で立ち上げた前方の髪をブラシアイロンでくるっと巻く。ふわっと巻くことで前髪にボリュームが出る。

■4:ワックスを髪全体にもみ込む

パールひと粒大のハードワックスを手のひらに薄く伸ばし、髪全体にしっかりともみ込む。表面ではなく、髪を握るように内側からもみ込むのがポイント。

〈丸顔ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. カーラーで頭頂部の髪を前に!分け目をつくらない
  2. サイドの髪は外巻きにしてラフさ、軽さを強調
  3. ワックスをもみ込むときは、根元を潰さないように内側からもみ込む

「ブラシアイロンを使用すると、髪の表面にツヤが出るのでオススメです。直毛の方はボリュームが出にくいので、くせ毛っぽく見えるパーマを頭頂部にかけるといいですよ」(山本さん)

MINX 銀座店・副店長の山本祐基さん。趣味はショッピングなのだそう。「休日も銀座をプラプラしています。とくに阪急が好きです!」

問い合わせ先

  • MINX 銀座店
  • 住所/東京都中央区銀座2-5-4 ファザード銀座2F/7F
  • TEL:03-5159-3838
  • 営業時間:月~金11:00~21:00 土10:00~20:00 日・祝日10:00~19:00
  • 定休日:火曜(祝日の場合は営業)
技術・空間・メニューのいずれも最高品質を自負。美容業界のゲストが多いのもうなずける。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑