40代のアレンジ術で気をつけたいのが、「若づくりになっていないか」「老けて見えないか」、この2点。この2点を解決できる方法を教えてくれたのが、美容室joemi by Un ami店長の高橋和人さん。

若づくりに見えないように気をつけることを聞くと、

「髪をまとめたときに毛束を引き出しすぎると、若づくりに見えることもあるので、全体的に引き出すのではなく、頭頂部だけ引き出すことを意識しましょう。トップに高さを出すことで、若づくりではなく、上品で華やかな印象になります」(高橋さん)

逆に、老け見えにならないポイントについては、

「それはズバリ後れ毛があるかないかで決まります。後れ毛も一緒に束ねてしまうと、大人のラフ感や余裕を奪ってしまいます。すると、見た目の印象が、年齢よりも老けて見えることに」(高橋さん)

若づくりに見えないポイントと、老けて見えないポイント、この2点を意識してアレンジすることが、大人の色気、華やかさにつながるということです。

では、お手本アレンジを見てみましょう。

色っぽくてかわいい大人の「Wくるりんぱアレンジ」

完成
サイド
バック

杉浦さや香さん(42歳/イメージコンサルタント)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★
  4. うるおい(乾→潤)★
  5. 白髪の量(多→少)★★

縮毛矯正をかけて直毛にしている杉浦さんの髪。ペタンとした印象にならないよう、いかにまとめるかが鍵です。

「このアレンジは、まとめたときのトップの高さと後れ毛が一番のポイントです。毛束を全部まとめると、フェイスラインが寂しい印象になるので、後れ毛できっちりとした印象を崩しつつ、トップに高さを出して、頭頂部のペタッとした印象をカバーします」(高橋さん)

アレンジ前

■1:髪全体をアイロンで細かく巻く

アイロンは細めの26㎜を使用。根元に近い中間部分から毛先までしっかりと巻く。内巻き、外巻きとランダムに巻くと◎。

■2:ハチまわりの髪をゴムで結ぶ

高さを出したいハチまわりだけを結ぶのがポイント。このときに前髪のすぐ横の長い後れ毛を少し残した状態で結ぶ。

■3:結んだ髪をくるりんぱする

結んだ髪の上を割いて上から通す。その後、頭頂部の髪をつまんで高さを出す。

■4: 襟足の髪とくるりんぱの毛先まとめてゴムで結ぶ

このときに、うなじの後れ毛は結ばずに残して結ぶ。指でひとつまみほどの毛束を残して。

■5:結んだ髪もくるりんぱする

二つ目のくるりんぱも、結び目の上を割って上から毛束を通す。

■6:後れ毛をアイロンで外巻きにする

両サイドの後れ毛をアイロンで外巻きにする。ワンカールくらいでOK。これでフェイスラインが寂しくなくなる。

「髪を細かくしっかりと巻いてください。巻けば巻くほどいい! 根元から巻くことで、髪を縛ったときに自然とたるみが生まれます。シルエットに直線をつくらない気持ちで、全体的にしっかりと巻きましょう」(高橋さん)

joemi by Un ami店長・高橋和人さん。7月にお子さんが生まれたのだそう。「生まれてきた子供のために色々と準備していたので今から楽しみです」

問い合わせ先

  • joemi by Un ami
  • 住所/東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル5F 
  • TEL:03-3355-1011
  • 営業時間:月・火・水 11:00~21:00 木・金 12:00~22:00 土・日・祝 10:00~20:00
  • 定休日:無休
親愛なる人を喜ばせたい、大切なお客様と喜びを共に分かち合いたいというコンセプトのもと、日常を忘れられるリラックス空間で出迎えてくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑