バタバタと忙しい朝やジメジメとした暑い日。こんな日は髪をパパッと簡単にまとめたくなりますよね。そんな時に手軽なのが「ひとつ結び」ですが、「ただ結んだだけではシンプルすぎる」「手抜き感がありオバさんっぽい」など、悩みは尽きません。

それらの悩みを解消できるひとつ結びとは? 美容室MAGNOLiAデザイナーのKAYOさんに聞くと、「髪をひとつ結びにしたときに、ゆるっとしている部分ときちんとしている部分をつくる。髪を結んだ後に毛束を程よく引き出して、ラフな部分をつくるのが鉄則です。このメリハリが上品で優雅な雰囲気を生み、古臭い印象から今っぽい印象へとステップアップさせてくれます」

とはいえ、この「ゆるっと」を自分でつくるのが難しい!

毛束を引き出しすぎてシルエットがボワボワしてしまったり、後れ毛が疲れたオバさん感を醸し出したり…。結局アレンジを断念してしまう人も多いのではないでしょうか。

「40代以降は、きっちりと結びたい方が多い世代。毛束を引き出してゆるっとした部分をつくるのが苦手な方も多いと思います。髪全体を引き出すと失敗しやすいので、サイドや後頭部はきちっと結んだまま、頭頂部の髪だけを引き出すアレンジをご紹介します」(KAYOさん)

それでは、シンプル過ぎずオバさんっぽくない、上品で優雅なひとつ結びを教えていただきましょう。

きっちり、なのにゆるっとやわらか。女性らしい頭頂部の丸いシルエットもポイント!

完成
サイド
バック

三浦いづみさん(41歳/フルート講師)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★

このアレンジのポイントは、潰れやすい頭頂部の髪だけをつまんで引き出しているところ。フロントの髪は引き出さないのが鉄則です。

「日本人の頭の型に多いのが〝ハチ張り絶壁〟。ハチが張っている部分の髪を引き出してしまうと頭デッカチに見えてしまうので、つむじ付近にある頭頂部の毛束だけを引き出して、高さと立体感を出してください。

ひとつ結びの高さは上すぎると若づくりに見えてしまうので、下の方で結びましょう。落ち着いた雰囲気に見せつつ、ねじりを入れて華やかに。40代でも挑戦しやすいアレンジです」(KAYOさん)

アレンジ前

■1:耳前とそれ以外の髪に分ける

耳上の髪と耳後ろの髪をざっくりと取る。

■2:後ろの髪を束ねてゴムで結ぶ

結ぶ位置を高くすると若づくりに見えるので、高すぎない位置で結んで。

■3:頭頂部の毛束を細かく引き出す

結んだ髪のゴムを持って、頭頂部を中心に毛束を細かく引き出していく。

■4:耳上の髪をふたつに分けてねじる

根元から毛先までしっかりとねじる。

■5:ねじった髪の毛束を引き出してゴムで結ぶ

ねじった髪の表面の髪をつまんで細かく引き出す。ゴムで結ぶ前に毛先から根元に向かって毛束を引き出すと引っ張りやすい。

■7:ねじった髪を後ろで結んだ髪のゴムに巻きつけて、ピンで止める

後ろで結んだ髪のゴムを隠すようにねじった髪を巻きつける。ピンで留めれば完成。

「つまんだ毛束の量が多いと頭が大きく見えることも。毛束を引き出すときは〝塩ひとつまみ〟くらいのイメージで、細かく引き出してみてください」(KAYOさん)

MAGNOLiAデザイナー・KAYOさん。「メイク道具を集めることが好きです。お客さんにも使っているアイテムを聞いて買いに行くこともあります!」

問い合わせ先

  • MAGNOLiA Omotesando
  • 住所/東京都渋谷区神宮前6-14-17-2F
  • TEL:03-6451-1540
  • 営業時間:水・木 11:00~21:00/金 13:00~22:00/土・月 10:00~20:00/日・祝 10:00~19:00
  • 定休日:火曜日・不定休
  • 丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑