大人女性の8月最新ファッションコーデまとめ。暑さ本格的な8月。暑い夏こそセンス良く着こなしたい、この月のファッション。シンプルなアイテムの着こなしから、華やかなカラーのアイテムの着こなし、さらに浴衣の着こなしまで、8月のおしゃれにふさわしいファッションをたっぷりご紹介します。

【目次】

レディース8月最新ファッションコーデ


【1】白ジャケット×グレーニット×白ワイドパンツ

【1】白ジャケット×グレーニット×白ワイドパンツ
ジャケット(Theory luxe)、ニット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ミラノマダムたちは、圧倒的に白の分量が多いのが特徴。そんな爽やかなモノトーンを落ち感のあるワイドクロップドで実現しましょう。引き締めカラーを中間色のグレーにするのがコツです。

【2】黒ジャケット×柄ワンピース

【2】黒ジャケット×柄ワンピース
ジャケット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ブラウス・スカート(コロネット〈エアロン〉)、ベルト(wb)、ピアス・リング・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

本格派のメンズテーラーファクトリーに、ストラスブルゴがオーダーしたオリジナルのジャケット。緩やかなカーブを描くラペルが女性らしい表情を演出してくれます。

【3】黒ニット×ベージュフレアスカート

【3】黒ニット×ベージュフレアスカート
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、カーディガン(スローン)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・腕時計(カルティエ)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

大人の女性の気品や知性を際立たせる、黒ニットとベージュのフレアスカートの組み合わせ。フェミニン度の高い着こなしには、ワンハンドルバッグや端正な時計など辛口小物を添えると、引き締まってぐっと洗練されます。

【4】黒トップス×白プリーツスカート

【4】黒トップス×白プリーツスカート
 ©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ショートトップスとスニーカーで、エレガントなプリーツスカートを大胆にカジュアルダウン。

【5】黒Tシャツ×黒スカート

【5】黒Tシャツ×黒スカート
Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

カジュアルなTシャツの着こなしをあか抜けて見せるには、小ぶりなジュエリーでは力不足。モチーフが連なった「アルハンブラ」のロングネックレスを2連にして、遠目から見てもわかる華やぎを加えましょう。「全身黒」に足元だけ赤を加えるのも、上級テクニックです!

【6】ストライプトップス×黒スカート

【6】ストライプトップス×黒スカート
トップス(イプセ)、スカート(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、サングラス(バーバリーアイウェア)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

柄を用いたメリハリ配色。まずは、重心が上がるストライプ×ボーダーのノースリーブトップスをチョイス。黒のデニムスカートを合わせ、辛口な印象に。シルバー靴で夏のおしゃれを盛り上げましょう。

【7】白ジレ×白パンツ×ハット

【7】白ジレ×白パンツ×ハット
 ©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

白を主役にしたリュクスなパンツスタイル。少量の黒と差し色の赤でキレ味よく個性的に。

【8】白ポンチョ×白キャミソール×白パンツ

【8】白ポンチョ×白キャミソール×白パンツ
 ©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

一見、チュニック風ワンピース? と見紛うその着こなしは、実はキャミソールと大胆な黒ライン入りのポンチョとのレイヤード。片方だけ肩を出した着くずし方に、彼女のカジュアルセンスがうかがえます。スキニーな白パンツ、少し大きめのクロスボディーにしたチェーンバッグ、さらに無造作にまとめた髪…全体のバランス感覚もさすがです!

【9】黒カーディガン×白Tシャツ×赤パンツ

【9】黒カーディガン×白Tシャツ×赤パンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、カーディガン(スローン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・ブレスレット(ミキモト) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

夏の太陽に映える、今季注目の鮮やか色をワードローブに加えたら、着こなしのハッピー感が大幅に高まります。こうしたインパクトの強い色は、シンプルな黒のカーディガンと白のカットソーに合わせるのが、大人のバランス感覚。辛口なバッグと時計が、フレッシュかつラフになりすぎない着こなしを完成させます。

【10】白カーディガン×黒トップス×白パンツ

【10】白カーディガン×黒トップス×白パンツ
カーディガン・トップス(Theory luxe)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ロングカーディガンの透ける白×布帛トップスのチャコールグレー、さらにシルバーメタリックのバッグを重ねて。白パンツをベースにした優しいモノトーン配色は、グラデーション上手のミラノマダムがお手本です。

【11】ライトブルージャケット×白ブラウス×白スカート

【11】ライトブルージャケット×白ブラウス×白スカート
ジャケット・ブラウス・スカート(キートン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フロントを開けると、さわやかなブルーにピュアな白が際立ってこなれ感がアップ。Vゾーンをシャープに見せる6つボタンなので、留めて着こなしてもかっこよく決まり、キートンの真骨頂である、体にしなやかに沿う、極上の着心地を堪能できます。

【12】白ブラウス×黒スカート×ハット

【12】白ブラウス×黒スカート×ハット
ブラウス・靴(ウールン商会〈ペセリコ〉)、スカート(レキップ)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

シャツ仕立てのノースリーブブラウスが主役の、知的な着こなし。比翼仕立てのブラウスは、袖のシャーリングやリボンなどフェミニンなディテール使いが魅力です。とろみ素材のひざ下丈のスカートを合わせれば、たちまちこなれ感のあるカジュアルに。オールブラックの帽子やスリッパサンダルで、ハンサムなエッセンスを加えて、あくまでクールに仕上げましょう。

【13】赤ワンピース×ハット

【13】赤ワンピース×ハット
ワンピース・ハット・カパフのかごバッグ・イル サンダオ オブ カプリのサンダル/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

夏の週末は、ワクワクする気持ちを洋服に託せるサヤカ ディヴィスのきれい色ワンピースを愛用。華やかな色のワンピースは一枚で着こなしが完成するような気分になりがちだけど、小物使いに手を抜かないのがポイント。このバランス感覚が、まったりしない休日スタイルを演出します!

【14】黒トップス×白ワイドパンツ

【14】黒トップス×白ワイドパンツ
カーリー・クロス ©The Mega Agency/アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

小さな襟ぐりの黒トップス+ワイドパンツに、小さめサングラスとフラット靴。トップモデルのカーリー・クロスは、旬アイテムの目利き! クリーンで今らしい着こなしを完成させています。

【15】白ブラウス×黒スカート

【15】白ブラウス×黒スカート
ブラウス(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

白シャツに代わるアイテムとして注目のカシュクールブラウス。深めのVカットやリボンベルトが女力を発揮しながらも、ハリのあるコットン素材で清涼な印象。ブラウスに華があるぶん、細身パンツやポインテッドトウですっきりと仕上げるのが正解です。

【16】グリーンジャケット×白カットソー×ベージュワイドパンツ

【16】グリーンジャケット×白カットソー×ベージュワイドパンツ
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、カットソー(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

インナーや小物で白を随所に効かせて抜け感をつくると、夏らしく清々しい着こなしに仕上がります。

【17】白ワンピース×ベルト

【17】白ワンピース×ベルト
ジョヴァンナ・バッタリア ©Shutterstock/アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

コレクションシーズンのストリートスナップの常連、ジョヴァンナ・バッタリア。華やかな個性を際立たせる小物使いは注目の的です!「黒×白」配色にゴールドの差し色を入れるのも、彼女らしい上級センス。

【18】カーキジャケット×黒ニット×白パンツ

【18】カーキジャケット×黒ニット×白パンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン(スローン)、ジャケット(マディソンブルー)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ペンダント・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

清潔感があって涼しげな白パンツは、夏の定番です。久々にダブルのジャケットを投入したら、きちんと感が加わって、着こなしもリフレッシュします。辛口メインの装いに、甘口の黒ニットを添えることで上品な印象に。

【19】黒プルオーバー×黒パンツ

【19】黒プルオーバー×黒パンツ
プルオーバーニット・キャミソール(Theory luxe)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、サングラス(カレン ウォーカーギンザ シックス店)、ペンダント・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(0 TASAK〈I TASAKI por RELIQUIAE〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

モードをさりげなく取り入れているN.Y.セレブの人気は、絶妙なおしゃれ感をもたらすジョグパンツに移行中。プルオーバーニットからのぞく肌の抜け感で、リラックス感のあるスタイルが完成します。

【20】グレージャケット×黒カットソー×デニムパンツ

【20】グレージャケット×黒カットソー×デニムパンツ
カットソー(アングローバル〈イレーヴ〉)、パンツ(showroom SESSION〈サージ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フォレストグリーンのカットソーとブルーデニムの装いに、ボタンなしのジャケットをカーディガンのようにはおって小粋に演出しましょう。

【21】黒トップス×黒テーパードパンツ

【21】黒トップス×黒テーパードパンツ
 ©Christian Vierig/getty images Entertainment BY:『Precious8月号』小学館、2018年

オールブラックの着こなしの差し色として注目したいのが、鮮やかな赤。サングラスとサンダルでピリッと効かせるのが小粋さの秘密です。

【22】カーキジャケット×白カットソー×赤パンツ

【22】カーキジャケット×白カットソー×赤パンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ジャケット(マディソンブルー)、靴(J.M. WESTON 青山店)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

鮮やか色のパンツの日は、ほかの色はできるだけ引き算してモノトーンとシックカラーに限定。カットソーやスニーカーなどで白の分量を多めに加えることで、インパクトの強い色を取り入れた着こなしも、爽やかかつクールな印象に仕上がります。

【23】白ブラウス×黒パンツ

【23】白ブラウス×黒パンツ
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード×グレンウッド〉)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ブラックデニムを選んだカジュアルな日でも、どこかにリッチ感を漂わせたいもの。そんなときは、カットソーではなく、「華ブラウス」の出番! フロントにはピンタックを、袖にはレースを施したリッチな一枚を主役に、ゴールドチェーンのバッグやボリュームリングでスパイスを効かせましょう。

レディース8月最新浴衣コーデ


【1】桧垣浴衣×草木染め帯

【1】桧垣浴衣×草木染め帯
綿麻の浴衣・半幅帯(銀座もとじ 和織・和染)、団扇(日本橋榛原) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

古典文様の桧ひ垣がきを大胆に表現した浴衣。尾張藩が保護して特産品となった有あり松まつ絞りのひとつ、縫い締め絞りで染められたもの。合わせた草木染めの織り帯は、凹凸のように見える浮うき織おりという特殊な技法が用いられています。

【2】菊花の柄浴衣×無地帯

【2】菊花の柄浴衣×無地帯
絹紅梅の浴衣・麻の半幅帯(竺仙)、風鈴(篠原風鈴本舗) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

時間をいつくしむように過ごしたい夏の午後、全身を覆う菊花の柄がモダンな浴衣で夕涼み。透け感のある紅こう梅ばいという織り生地の浴衣に、印象的な色合いの無地帯を合わせ、絶妙なバランスに仕上げましょう。

【3】綿麻の絞り染め浴衣×柄帯

【3】綿麻の絞り染め浴衣×柄帯
綿麻の絞り染めの浴衣・半幅帯・桐の下駄(田園調布 秀や) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

夕方の湿った空気をきりっと変えるような着こなし。紺×白の浴衣らしい組み合わせも、華やぎのある明るい紺と抑えた分量の白でシックな雰囲気に。裏表で柄が異なる帯で遊ぶのがポイントです。

【4】桧垣浴衣×半幅帯

【4】桧垣浴衣×半幅帯
綿麻の浴衣・半幅帯(銀座もとじ 和織・和染)、団扇(日本橋榛原)、桐の草履(銀座もとじ 和織・和染) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

古典文様の桧垣をモダンに表現した浴衣は、紺でも黒でもない大人にこそ似合うニュアンスカラー。アカネ染めの半幅帯の赤は、草木染め特有の深みのある色合い。特別な色同士、なじみのいい組み合わせです。

【5】綿麻浴衣×博多織帯

【5】綿麻浴衣×博多織帯
綿麻の浴衣・博多織の半幅帯・胡麻竹の草履(田園調布 秀や)、巾着バッグ(アタリー) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

九州地方の伝統織物、博多織の半幅帯は、貝の口や矢の字という粋な帯結びで。上質素材の竹草履も大人の贅沢です。

【6】縞模様浴衣×フレッシュカラー帯

【6】縞模様浴衣×フレッシュカラー帯
麻の浴衣・麻の半幅帯・桐の下駄(GINZA和貴)、バッグ(アタリー)、日傘(田園調布 秀や) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フリーハンドで描いたようなやわらかな線で縞模様を描いたモノトーンの浴衣に、鮮やかなフレッシュカラーの帯。下駄の黒で全体を引き締めましょう。