黒に近い深みのあるダークブラウンとクロコ型押しのマッチングが見事!「スマイソン」のパスポートケース

シンプルでエレガントな佇(たたずま)いの英国老舗ステーショナリーブランド、スマイソン。定番のパスポートケースは、二つ折りのスマートなデザインゆえ、バッグの中でかさばらないところがうれしい。イニシャルやモチーフを刻印できるオーダーサービスも魅力的です。スマイソンのパスポートケース【縦14.5×横10cm】¥24,000(税抜)

仕事柄、コレクションの発表会やブランド視察など、年に4~5回は仕事で海外へ行かれるというファッションジャーナリストの藤岡篤子さんは、スマイソンのパスポートケースを愛用しているといいます。

「出発から目的地に到着するまでにさまざまな手続きが伴う海外出張では、必要なものをスマートに取り出したいので、機能性に優れたトラベルグッズは私にとってマストアイテム。パスポートとチケットを一目瞭然で整理できる機能と、英国らしいシンプルな品のよさが私好みです」。

シンプルでエレガント!スマイソンの定番パスポートケース

「カーフレザーにクロコダイルの型押しを施しているので、仰々しい印象にならず軽やか。しかも強度が高く、傷が目立ちにくいところも優秀です。エレガントに旅をする大切さを知った今、これほど心強い存在はありません」と藤岡さん。

所作を美しく魅せてくれる、無駄のない上品な仕立て
イニシャルやモチーフを刻印し、自分オリジナルをカスタマイズ

英国仕立ての上品な仕立てにファンの多い「スマイソン」のステーショナリーは、忙しいキャリア女性の日常に寄り添う無駄のないデザインが支持されています。旅先でもスマートに過ごせる才色兼備なパスポートケースは、ギフトにも喜ばれそうです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
藤岡篤子さん ファッションジャーナリスト
BY :
『Precious8月号』小学館、2018年
1987年、国際羊毛事務局婦人服ディレクターとしてジャパンウールコレクションをプロデュース。退任後パリ、ミラノ、ロンドン、マドリードなど世界のコレクションを取材開始。朝日、毎日、日経など新聞でコレクション情報を掲載。女性誌にもソーシャライツやブランドストーリーなどを連載。2000年より情報用語辞典『イミダス』でファッション分野を執筆。毎シーズン2回開催するコレクショントレンドセミナーは、日本最大の来場者数を誇る。好きなもの:ワンピースドレス、タイトスカート、映画『男と女』のアナーク・エーメ、映画『ワイルドバンチ』のウォーレン・オーツ、村上春樹、須賀敦子、山田詠美、トム・フォード、沢木耕太郎の映画評論、アーネスト・ヘミングウエイの『エデンの園』、フランソワーズ ・サガン、キース・リチャーズ、ミウッチャ・プラダ、シャンパン、ワインは“ジンファンデル”、福島屋、自転車、海沿いの家、犬、パリ、ロンドンのウェイトローズ(スーパー)
PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー)
EDIT :
小林 綾、小林桐子(Precious)
RECONSTRUCT :
石原あや乃