「クセやうねりを抑えるために、ショートヘアにしようかなぁ」と、迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? ただ、髪を短くするとボーイッシュな雰囲気になりそう…などと、二の足を踏んでいるお声もよく耳にします。

そんなお悩みに、FIX-UP SHIBUYAのスタイリスト幡矢智之さんは「前髪を少し長めにして、横に流すだけで、やわらかな雰囲気のショートヘアになれます」とアドバイス。クセやうねりを自在にコントロールしながら、女性らしさもアピールできる髪型をご紹介します。

【お悩み】うねって広がる髪を思い通りにまとめたい!

ショート代表:中野 忍さん(42歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:ベースはゆとりのあるレイヤーを入れた前下がりのショートボブ

完成
サイド
バック

中野さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ (柔→硬) ★★
  2. ボリューム(少→多) ★★★
  3. 髪の太さ (細→太) ★★★
  4. うるおい (乾→潤) ★★
  5. 白髪   (少→多) ★★

ボリュームが多いため、湿気を含んでうねり始めると、どんどん広がってしまう中野さんの髪。「広がり抑えるためにトップからレイヤーを入れて短くしてしまうと、髪がつんつん立ってしまうんです。これがボーイッシュに見える原因。表面には少しゆとりのあるレイヤーを入れ、内側で毛量を調整すれば髪の広がりを抑えられますし、もともとのクセやうねりを生かしたスタイルを楽しめます」(幡矢さん)

■スタイリング:うねりやすい部分を重点的にスタイリングするのがポイント

うねりやすいのは後頭部とフェイスライン。「この2か所を重点的にスタイリングすれば、美しいスタイルが長持ちします。広がりやすい後頭部はカーラーで外巻きに、うねりやすいフェイスラインの髪はアイロンでしっかりのばすだけで、印象がかなり変わります」(幡矢さん)

スタイリング前

■1:頭頂部と後頭部をカーラーで外巻きに

頭頂部よりやや下の後頭部の毛束を毛先から根元に向かって外巻きに。その上の頭頂部の毛束も同様に。

■2:ストレートアイロンでフェイスラインの髪を内巻きに

フェイスラインの髪を根元近くからストレートアイロンで挟み、真っ直ぐ伸ばしながら毛先だけ内巻きにする。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■高い位置からレイヤーを入れすぎない
  2. ■髪のボリュームは内側で調整する
  3. ■スタイリングはうねりやすい後頭部とフェイスラインを中心に

「レイヤーを抑えめにすると、髪の根元が見えにくいので、白髪が目立ちにくくなるメリットも。分け目や生え際を見せないようにスタイリングすると、白髪染めの回数も減らせます」(幡矢さん)

FIX-UP SHIBUYA スタイリスト 幡矢智之さん。今、海外ドラマにハマり中。「見始めたら続きが気になって、あっという間に夜が明けていたことも」

問い合わせ先

  • FIX-UP SHIBUYA
  • 住所/東京都渋谷区渋谷1-6-10 @Qビル1F
  • TEL:080-8083-7492
  • 営業時間:平日11:00~21:00 土・日・祝日10:00~20:00(ただし第2日曜は18:30まで)
  • 定休日:火曜
大人の女性ならではの髪悩みをスタイリッシュに解決してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑