秋ファッションまとめ。30代~40代で着たいおしゃれな秋ファッションを30選ピックアップ。アウターの出番が増えるこの時期、スカートやパンツとの合わせ方など、ぜひ秋のおしゃれの参考にしてみてください。

レディース秋のファッションコーデ


【1】ネイビーカーディガン×ネイビーブラウス×ラップスカート

【1】ネイビーカーディガン×ネイビーブラウス×ラップスカート
スカート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、カーディガン(Theory luxe)、眼鏡(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉)、時計(和光〈クレドール〉)、ドキュメントケース(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

うっすら透けるウールを、巧みなバイアス使いでかなえたラップスカートは、仕事服にふさわしいピンストライプ柄。ふくらはぎのいちばん太い部分が隠れるミモレ丈だから、パンツ派の女性にも挑戦しやすいアイテムです。

【2】白ブラウス×グレータイトスカート

【2】白ブラウス×グレータイトスカート
スカート(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(セシル・エ・ジャンヌ)、バッグ(和光〈マウロゴベルナ〉)、バッグに巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベルト付きのハイウエストスカートは、年齢とともに気になるおなか周りをすっきりカバーしてくれる優れもの。ラップタイプだから、脚さばきもスムーズです。白ブラウスが、仕事にふさわしい緊張感を与えてくれます。

【3】黒ブラウス×モノトーンスカート

【3】黒ブラウス×モノトーンスカート
ブラウス(シャッツィ・チェン)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈アランミクリ〉)、ネックレス(ジョージ ジェンセンジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

繊細なレース使いにうっとりせずにはいられない、着映え効果の高い「印象派ブラウス」。上質なシルクの一枚は、モノトーン柄のプリーツスカートと合わせることで、きちんと感が求められるシーンにも映えます。センシュアルなブラウスだからこそ、手持ちのデニムに合わせて、カジュアルダウンさせてもおしゃれです。

【4】ジャケット×黒ニット×グレージュタイトスカート

【4】ジャケット×黒ニット×グレージュタイトスカート
ジャケット(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライダースのインに黒のタートルニットを着て、波打つような艶をたたえたタイトスカートを合わせた装い。配色でコントラストを効かせつつも、アイテムの組み合わせでも緩急をつけると奥行きが生まれておしゃれ感が倍増します。

【5】グレージュニット×白パンツ

【5】グレージュニット×白パンツ
アリュードのニット・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、パンツ(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、チェーン・チャーム(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バングル(ファンエンパイヤ)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

エクリュのパンツでニットの愛らしさを際立たせる一方、型押しのグレージュバッグで繊細な配色にリッチなコクをプラス。ニットはなめらかな肌触りのウールカシミヤ素材。流行感のあるモックネックニットと大きなパッチポケットで絵になる一着です。

【6】イエローブラウス×グレージュパンツ

【6】イエローニット×グレージュパンツ
ブラウス(ebure)、パンツ(三崎商事〈エルミダ〉)、時計・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ADORE〈エレナ ギセリーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

軸となるグレージュのアイテムは、ベーシックな定番を選ぶと、より配色の妙が際立ちます。イエローの絶妙な色調が醸し出す深みと、透け感素材のバルーンスリーブブラウスのドラマティックな佇いが、グレージュのフランネルパンツを最新にブラッシュアップしてくれます。

【7】カーキジャケット×アイボリーブラウス×セミワイドパンツ

【7】カーキジャケット×アイボリーブラウス×セミワイドパンツ
ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

わずかに光沢を浮かべたカジュアルな雰囲気のテーラードジャケットとセミワイドパンツを、茶系のニュアンスを含んだカーキで統一感をもたせた着こなし。グラデーションの色合わせの妙が、趣味のよさを漂わせます。やわらかなアイボリー色のブラウスで抜け感をつくるのもポイントです。

【8】グレージャケット×黒ブラウス×黒パンツ

【8】グレージャケット×黒ブラウス×黒パンツ
ブラウス(ヒューゴ ボスジャパン〈ボス〉)、ジャケット(オンワード樫山〈ベイジ〉)、パンツ(wb) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

素肌がうっすら透けるレースブラウスは、仕事で出席するパーティーや食事会で大活躍。ジャケットの堅さも和らぎ、大人の女性の風格も漂います。

【9】ライトパープルブラウス×グレーパンツ

【9】ライトパープルブラウス×グレーパンツ
バッグ『ブリヨン MM』(デルヴォー・ジャパン)、 ブラウス・パンツ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、ベルト(ウィム ガゼット 青山店〈メゾンボワネ〉)、ピアス・ブレスレット(フレッド) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ライトパープルのブラウス+グレーのパンツを品格のあるバッグが唯一無二のスタイルへと高めてくれます。

【10】ボルドーニット×ボルドースカート

【10】ボルドーニット×ボルドースカート
靴・バッグ(JIMMY CHOO)、ニット・スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス・ネックレス(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ふんわりと広がるAラインスカート×フラットシューズの王道コンビをブラッシュアップするなら、旬のベルベット素材が適役です。特有の光沢が、シンプルな着こなしにリッチ感をもたらして。ボルドーでまとめたワントーンに、小物でボトルグリーンを投入! ベーシックスタイルをワンランクアップさせる、こっくりカラー同士の組み合わせは、この秋注目の配色コンビです。

【11】カーキワンピース×ベルト

【11】カーキワンピース×ベルト
ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベルト(Theory luxe〈Maison Boinet〉)、ストール(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュ色のベルトのスエード、パンプスのポニースキン、ゴールドの艶の多彩な質感が、カーキのワンピースに奥行きを与えてくれます。

【12】白ブラウス×ブリックレッドパンツ

【12】白ブラウス×ブリックレッドパンツ
ブラウス・パンツ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

すっきりとしたスタンドカラーと控えめなドレープ使いが、キャリアシーンに映えるブラウス。ブリック色のパンツで秋らしい配色を意識しつつも、シルバーのジュエリーを手元に重ね、視線が集まるところはひんやり、シャープに。ハリのあるシルクツイルにウォッシュ加工を施し、なめらかな風合いを実現しています。ほんのりブルーみを帯びた独特の白が落ち着いた印象を醸し出します。

【13】ネイビーワンピース×黒ジャケット

【13】ネイビーワンピース×黒ジャケット
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ジャケット(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス(ストラスブルゴ)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパンカスタマーサービス〈ポメラート〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のワンピースはしなやかな落ち感がエレガント。ウエスト部分はゴムになっているので、着心地も抜群です。
ノーカラーのレザージャケットをはおって、やや辛口に仕上げたスタイル。細ベルトの金具がアクセントになります。

【14】黒ジャケット×白タンクトップ×デニムパンツ×ストール

【14】黒ジャケット×白タンクトップ×デニムパンツ×ストール
ラムスキンのジャケット タンクトップ・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・リング(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈ハム〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ここではおっていたのがニットアウターだったら…この洗練感は生まれなかったはず。カットソー×デニムというおなじみの合わせも今どきに導く、レザーアウターの実力を感じて。袖口を開け、素肌をのぞかせてラフさを加味すると、デニムのカジュアル感とちょうどいいバランスに仕上がります。

【15】グリーンワンピース×バッグ

【15】グリーンワンピース×バッグ
ワンピース(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グルメな友人とともに和のひと皿を堪能するときは、彩り豊かなワンピースで楽しげに。グリーンは大人も臆せず楽しめると、この秋も注目を集める色です。バッグと靴の黒は艶のある素材を選び、軽やかさを出すのも忘れずに。ボリューム袖やラッフル使いに、トレンドが光るワンピース。シルク混でつるりと着心地がよく、シーズンレスで着用できます。

【16】キャメルジャケット×ネイビーニット×ネイビースカート

【16】キャメルジャケット×ネイビーニット×ネイビースカート
シープスキンのジャケット(バーニーズ ニューヨーク)、ニット(アオイ〈ポール カ〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・リング(バーニーズ ニューヨーク〈シャーロット レベック〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャケットは、留め具やポケットも廃した潔いデザイン。程よくゆとりのあるシルエットと深めのキャメルが、ネイビーを女らしく格上げします。

【17】グレージャケット×白Tシャツ×黒パンツ

【17】グレージャケット×白Tシャツ×黒パンツ
Tシャツ(ジェームス パース 青山店)、ジャケット(ウィム ガゼット 青山店〈トネッロ〉)、アリクアムのパンツ・ソフィー ブハ イのバングル(ストラスブルゴ)、バッグ(プレインピープル丸の内〈マウロ・ゴヴェルナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ジャケット着用時こそ、涼やかに凛とありたいもの。背抜きのジャケットのインには、風通しのよい薄手の一枚
が好相性です。

【18】アイスブルーブラウス×ブリックレッドパンツ

【18】アイスブルーブラウス×ブリックレッドパンツ
ブラウス(I ZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、パンツ・ベルト(エンフォルド)、ネックレス・バッグ(ブルガリジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トレンド色を組み合わせることで、王道のボウタイブラウスもたちまちフレッシュな印象に。ワイドパンツと合わせるときは、ダイヤモンドがきらめくゴージャスなネックレスやチェーンバッグ、艶めき素材のサンダルで、意識的にエレガントな要素を加えましょう。

【19】黒シャツ×グレージュスカート

【19】黒シャツ×グレージュスカート
スカート(ユナイテッドアローズアトレ恵比寿 ウィメンズストア〈J&M デヴィッドソン〉)、シャツ(ビームス ハウス 丸の内〈マディソンブルー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュのAラインスカートに、リネンでハリ感を出した黒のウール混シャツを合わせて。カジュアルな抜け感を演出する襟抜きの着こなし方もポイントです。

【20】黒ニット×イエロースカート

【20】黒ニット×イエロースカート
ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、スカート(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ベルト(J&M デヴィッドソン 青山店)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(ショーメ)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈ATP〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

秋の訪れが待ち遠しくなる深みのあるマスタードイエローのスカートは、軽やかに揺れるシルエットも手伝って、晩夏に取り入れても重たさは一切なし! 合わせるトップスからバッグ、さらに靴まで黒で統一すると、すっきりキレのある印象にまとまります。トップスをスカートにインしたら、太ベルトで仕上げのアクセントを。

【21】グレージュニット×イエローパンツ

【21】グレージュニット×イエローパンツ
ヴァレンティノのアンサンブルニット・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

色もアンサンブルニットも、それ自体はとてもコンサバティブ。そこに目新しさを感じさせるのは、モードなスタッズディテールと、オータムカラーとの配色です。こっくりとしたグレージュのスタッズ付きニットアンサンブルに合わせたのは、ほんのりくすんだニュアンスが秀逸なイエローのパンツ。スタッズとムートンバッグのチェーンのゴールドに、アクセサリー不要の華やかさが漂います。

【22】ライトグレージャケット×ピンクニット×ライトグレースカート

【22】ライトグレージャケット×ピンクニット×ライトグレースカート
ディアスキンのジャケット・ニット・スカート・ピアス・リング・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ふっくら地厚なレザーも、ひとたび袖を通すとすんなりボディーラインになじみ、その極上のやわらかさはさすがのひと言。ジップなどの金具がジャケットと似たマットグレーであることでカジュアル感が抑えられ、上品で端正な表情になります。合わせにはスモーキーピンクのニットを選び、これまでとはひと味違ったフェミニンなレザースタイルを楽しみましょう。

【23】グレージャケット×ブラウス×レザースカート

【23】グレージャケット×ブラウス×レザースカート
ジャケット(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ブラウス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、レザースカート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(ケイテン)、ポケットチーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ノート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ウールにカシミヤやシルクを混紡することで、表情豊かに仕上がったニットジャケットはラペルに丸みをつける等、女らしいディテールが際立ちます。コンパクトなシルエットだから、スカートとの相性も抜群です。

【24】カーキニット×ベージュスカート

【24】カーキニット×ベージュスカート
ニット(Theory luxe)、スカート(アオイ〈マルゴン〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

鎖骨見せのボートネックと袖口が広がったデザインが女らしいプリーテッドニットを、Aラインシルエットのスカートでフェミニンに着こなして。クロコ調ベルトやブロンズバッグ、スエードパンプスの多様な質感でメリハリをつけましょう。

【25】グレージュニット×オレンジパンツ

【25】グレージュニット×オレンジパンツ
ニット(スローン)、パンツ(キートン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ドナテラ・ペリーニのネックレス・ペリーニのバングル(ドナテラ・ペリーニ 伊勢丹新宿店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴 (J.M. WESTON 青山店)  撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

赤みのあるグレージュニットに合わせ、ブライトオレンジのパンツを選択しましょう。

【26】ベージュジャケット×ベージュスカート

【26】ベージュジャケット×ベージュスカート
バッグ『バンブー クラシック』・ジャケット・スカート・ピアス(グッチ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

襟やポケットなどにエッジィな遊びがきいた、ブークレーツイードのベージュスーツ。そこにスムースレザーバッグではなく、あえて質感のあるホワイト・オーストリッチバッグを。これこそが、ラグジュアリーを愛する大人の流儀です。

【27】カーキジャケット×白カットソー×黒パンツ

【27】カーキジャケット×白カットソー×黒パンツ
ジャケット・カットソー・パンツ・バッグ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ミリタリーカーキの細身ジャケットを主役に。難度高めのアイテムも、モノトーンとのコントラスト配色で、きりっとタイトに着こなすと、凛としてかっこいいたたずまいが実現します。首元や手首の肌見せで軽やかに女性らしさをプラスして。カーキと相性抜群のコクのある赤の差し色も効果的です。

【28】カーディガンジャケット×白トップス×ネイビーパンツ

【28】カーディガンジャケット×白トップス×ネイビーパンツ
カーディガンジャケット(レリアン)、ノースリーブトップス(レキップ)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス・ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さは一切なし! 上品なカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルがかないます。

【29】赤シルクワンピース×黒バッグ

【29】赤シルクワンピース×黒バッグ
ワンピース・バッグ・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス(ミキモト)、ストッキング/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

しっとりと薄明かりの和の空間では、艶やかな赤ワンピースが映えます。色を楽しむように、ジュエリーはパールのピアスのみに徹して、あくまで品よく。ふんわりとしたバルーン袖やプリーツ使いのスカートが仕草を美しく見せてくれます。上質なシルク素材で、着物に負けない迫力も。胸元には、シースルーに描いたアカンサスの葉飾りが浮かび、女性らしさを際立ててくれます。

【30】グレーロングジレ×ブラウス×グレーパンツ

【30】グレーロングジレ×ブラウス×グレーパンツ
ロングジレ(レリアン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ネックレス(リンクス オブロンドン青山店)、バッグ(ピエール アルディ 東京〈ピエールアルディ〉)、靴(伊勢丹新宿店〈マローン ソリエ〉) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

先染めのグレンチェックが採用されたマニッシュなジレには、華やかなブラウスを投入して、女らしく仕上げるのが今季の気分です。