大人女性の秋のファッションブランドまとめ。おしゃれな秋の着こなしを、洗練されたラグジュアリーブランド別でご紹介。この秋参考にしたいスタイルを見つけて、大人の着こなしをお楽しみください。

ブランド別で見るレディース秋ファッション


【1】ヴァレンティノ ガラヴァーニ

【1】ヴァレンティノ ガラヴァーニ
ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ『ロックスタッズ』・ヴァレンティノのシャツ・パンツ(ヴァレンティノジャパン)、ピアス(ミキモト)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

タブレットが入り、容量があることなど必須条件の多い仕事バッグにも、旬のおしゃれ感は欠かせない。シルバースタッズが効いたモダンなバッグで、ビジネスシーンをブラッシュアップしましょう。

【2】ドルチェ&ガッバーナ

【2】ドルチェ&ガッバーナ
ニット・スカート・靴・ピアス・ブレスレット・バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

繊細なフルレースのスカートは、黒のエレガンスに欠かせないアイテム。トップブランドの極上レースなら、クラシックななかにも目を奪うモダンな美しさがあり、自信を授けてくれます。タートルニットで縦長すっきりラインを目指して。

【3】マックスマーラ

【3】マックスマーラ
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードな個性を加えたのもポイントです。

【4】ボッテガ・ヴェネタ

【4】ボッテガ・ヴェネタ
ひざ下丈のワンピース(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ふとした仕草のたび、きらきらとした煌めきが高まる秘密は、シルクにルレックスというラメ糸をブレンドしたという、美しく贅沢な素材にあります。まとう人の存在感まで高めてくれる、豊潤な光沢と色彩は、極上のゴールドならでは。ノーアクセサリーで着こなしましょう。

【5】セリーヌ

【5】セリーヌ
シャツ・パンツ・ピアス・靴・バッグ『クラスプ ミディアム』(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

モノトーンでまとめたシャツ&パンツスタイルに、鮮やかなブルー= 「ラズリ」のバッグをプラス。大胆な配色を品よく楽しめるのは、ワンハンドルバッグならではです。

【6】フェンディ

【6】フェンディ
ブラウス・スカート ・バッグ・ピアス(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ノーカラーながら、肌をのぞかせる巧みなデザインで、ネックレスいらずの優美な表情を実現。首周りをキュッと包むホワイトのラインが、ビジネスシーンにふさわしい、程よい緊張感をもたらしてくれます。聡明な印象を与えるロイヤルブルーのタイトスカートを合わせれば、クリアな白ブラウスの魅力がさらに際立つ。くすみのないクリアなホワイトシルクは顔を明るく照らす効果が絶大です。セットインで肩周りは華奢に見せつつも、さらに腕に切り替えを施し、ふんわりとした袖のラインを表現。

【7】ディオール

【7】ディオール
ジャケット・スカート・ピアス・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャケットは、アイコニックな「バージャケット」の女らしいたたずまいを生かして、デコルテを大胆に開けたもの。正式なドレスアップを思わせるこのハートラインと、ウエスト周りのメリハリシルエットが、黒でくっきりと際立ちます。大ぶりなチェーンの存在感あるバッグで、今どきのバランスを。

【8】ラルフ ローレン

【8】ラルフ ローレン
ワンピース・バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・リング(ミキモト)、ストッキング/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

透かし編みの技法を用いたイタリア製のワンピースは、ボウタイ付きでどこかクラシカルな表情。シルクのなめらかな肌触りも快適さのポイントです。ウエスト部分は編み立てを変えることで、メリハリのあるフォルムを実現しています。

【9】ジョルジオ アルマーニ

【9】ジョルジオ アルマーニ
ノースリーブブラウス・ジャケット・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(リンクス オブ ロンドン青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

プレシャスキャリアにとって艶やかな柄ブラウスは、端正なシャツよりも味方につけたい名脇役。首元にひとくせあるデザインなら、ジュエリーいらずです!

【10】トム フォード

【10】トム フォード
シャツ・パンツ・バッグ(トム フォード ジャパン)、ペンダント・リング・ブレスレット・時計(ブルガリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルククレープの控えめな光沢と、チョークホワイトのクリーミーな色調に優美な女性らしさが漂うバンドカラーシャツを主役に。ピンクゴールドのジュエリーや時計のフェミニンな輝きをアクセントにした、モノトーン配色のパンツスタイルが理想的なかっこよさを演出します。

【11】グッチ

【11】グッチ
ストール・ブラウス・パンツ・ピアス・ブレスレット・リング・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ボウブラウス+端正パンツの定番スタイルにこなれ感を授けるのが大人の流儀。ストールを加えて、アシンメトリーな巻き方で外すのがポイントです。

【12】ロロ・ピアーナ

【12】ロロ・ピアーナ
トップス・パンツ・キャップ・マフラー・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

うっとりするほどやわらかなベビーカシミヤのニットウエアは、袖のライン使いやジップアップが軽快なアクセント。しなやかなシルクのパンツを合わせ、ネイビー×ボルドーの秋色配色をリュクスに演出しましょう。

【13】フェンディ

【13】フェンディ
ワンピース・バッグ・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス(ミキモト)、ストッキング/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

しっとりと薄明かりの和の空間では、艶やかなワンピースの赤が映えます。色を楽しむように、ジュエリーはパールのピアスのみに徹して、あくまで品よく。ふんわりとしたバルーン袖やプリーツ使いのスカートが仕草を美しく見せてくれます。上質なシルク素材で、着物に負けない迫力も。胸元には、シースルーに描いたアカンサスの葉飾りが浮かび、女性らしさを際立たせます。

【14】フィラージュ

【14】フィラージュ
コート・ニット・バッグ・ピアス・靴(ルック〈フィラージュ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ソフトな光沢となめらかな質感でエレガントな雰囲気を醸し出すウールベネシャン素材の薄軽コート。シャープなVネックラインと、ウエストのシェイプを強調したフィット&フレアな美シルエットで、はおるだけで様になります。全身の明度をアップするライトグレーは好感度の高い上品カラーです。

【15】ブルネロ クチネリ

【15】ブルネロ クチネリ
「メイプルベージュ」のカーディガン・Tシャツ・スカート・ネックレス・靴(ブルネロ クチネリジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

木の実を連想するようなざくろ色のチュール素材のティアードスカートには、ボレロのような感覚でショート丈のカーディガンを合わせて。シンプルな白Tシャツをインすれば、こなれ感のあるカジュアルなドレスアップが叶います。

【16】ランバン

【16】ランバン
ニット・スカート・イヤリング・バッグ・靴(ランバンジャパン〈ランバン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

透ける生地のパネルを重ねたプリーツ風のあしらいに、甘いピンクをシャープに効かせたスカート。黒に効かせる差し色は、少量で大胆なほど効果的で、かっこいい印象。これ一枚で、ドレスに匹敵する華やかさがあります。