秋の「大人」白スカートコーデをピックアップ。タイトスカートやフレアスカートなどを使った、ワンランク上の上品な白スカートコーデを一挙にご紹介します。

【目次】

白ロングスカートを使ったコーデ


【1】ADOREの白ロングスカート×グレージャケット

清潔感を意識した上品なスカートスタイル
トップス(wb)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バングル(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ジャケットと共布のトップスとそろえで着ることで、きちんと感をアップ。白のロングスカートに、グレーパールで品よくまとめましょう。

【2】白ロングスカート×スニーカー×黒ニット

0
©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

黒のショートトップスとスニーカーで、エレガントな白のロングプリーツスカートを大胆にカジュアルダウン。

【3】白ロングスカート×黒ジャケット

0
©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

優雅な白のボリュームのあるロングスカートで決めた圧巻のモノトーン。華奢サンダルで足元まで女らしく。

【4】ルイ・ヴィトンの白ロングスカート×グレーパーカ

遊び心たっぷりのパーカを主役にして新しい自分に出会って
パーカー・スカート(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

アトランダムに散らされたLouisVuitton刺しゅうのアルファベットが、前身ごろだけでなく、後ろ身ごろにも! 思わず笑顔になりそうなスエットパーカーは、詰まった襟元と小粋なフードのバランスも理想的です。白のロングスカートを合わせ、女らしさを添えて着こなしましょう。

白タイトスカートを使ったコーデ


【1】マックスマーラの白タイトスカート×カーキブラウス

オリーブ・カーキに清潔感のあるコントラストを与えるクリアなホワイト
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードな個性を加えましょう。

【2】キートンの白タイトスカート×グレージャケット

重厚感がありつつ、はおるという表現がぴったりの軽量な着心地
ジャケット・ブラウス・スカート(キートン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ジャケットのフロントを開けると、爽やかなブルーにスカートのピュアな白が際立ってこなれ感がアップします。Vゾーンをシャープに見せる6つボタンジャケットなので、留めて着こなしてもかっこよく決まり、キートンの真骨頂である、体にしなやかに沿う、極上の着心地を堪能できます。

【3】マックスマーラの白タイトスカート×ベージュファー付きジャケット

スポーティなアウターは白いタイトスカートで女っぷりよく演出したい!
ファー襟付きカシミヤブルゾン(三喜商事〈アニオナ〉)、カシミヤのニット(ウールン商会〈バリーニットウェア〉)、スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・パールのブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

フライトジャケット風のブルゾンを、ふんわりとしたカシミヤニットでリュクスな仕上がりに。キレのあるタイトスカートも、優しい白でまとめて凛とした女らしさを演出しましょう。

【4】イレーヴの白タイトスカート×オックスフォードストライプブラウス

オフィスで知的に映えるオックスフォードストライプ
シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

バンドカラーのすっきり感をさらに高める比翼仕立てのストレートシルエットのシャツ。カフリンクスをあしらい、折り返した袖口が知的な手元を演出。シンプルなたたずまいに、自然な光沢をたたえたオックスフォード生地の上質な素材感が引き立ちます。明度をそろえたハイウエストの白スカートを合わせた着こなしは、上品なフレッシュ感が魅力です。

白フレアスカートを使ったコーデ


【1】ebureの白フレアスカート×ブルーブラウス

ダミー
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ebure)バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルクサテンを使ったピーコックブルーのブラウスを、白に近いニュアンスグレーのフレアスカートで、明度を上げたクリーンな装い。足元はポインテッドトウのミュールパンプスで抜け感をプラスして清涼感を強調しましょう。

【2】フェンディの白フレアスカート×ネイビージャケット

「ソックスブーツ」はボリュームスカートに合わせ足元にメリハリをプラス
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

このブーツの大きな魅力はソックスのように見えるストレッチ素材によって、きゅっと引き締められた足首。その繊細さを際立たせるために、ボトムには思いきりボリュームのある白のフレアスカートを! そして、トップスはシャープなテーラードできりっと引き締めます。黒と白を交互に配し、メリハリのリズムを強調するのもポイントです。