40代からの秋の大人カジュアルコーデをピックアップ! スニーカーの上手な着こなしや、旅行にぴったりのカジュアルコーデを一挙にご紹介します。

【目次】

カジュアルに着こなしたい高級ブランドコーデ


【1】フェンディの黒プルオーバー×デニム

ロゴブーム再来?心弾む休日を約束するカジュアルスタイル
プルオーバー・デニム(フェンディ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

どこか懐かしさを感じさせるロゴトップスが、この秋はトレンドに急浮上しています。カジュアルすぎ? と思いがちだけど、イエロー×白のエンブロイダリーでロゴの入ったこんな黒ニットなら、大人も臆せず楽しめる予感。ブラックデニムに合わせ、ヘルシー&アクティブな休日を楽しみましょう。

【2】ルイ・ヴィトンのグレーパーカー×白スカート

遊び心たっぷりのパーカを主役にして新しい自分に出会って
パーカー・スカート(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

アトランダムに散らされたLouisVuitton刺しゅうのアルファベットが、前身ごろだけでなく、後ろ身ごろにも! カジュアルで思わず笑顔になりそうなスエットパーカーは、詰まった襟元と小粋なフードのバランスも理想的です。白のスカートを合わせ、女らしさを添えて着こなしましょう。

【3】イヴ・サンローランの花柄シャツ×黒パンツ

仕立ての美しいシンプルシャツをラスティックな花柄で堪能
シャツ・パンツ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ムッシュ サンローランが愛したモロッコをイメージソースに、ベルベル人が用いる花柄をイカットプリントで表現したカジュアルな一着。深みのある柄行きにシックな美しさが宿ります。体のラインをふんわりと包み込むような少しゆったりとしたシルエットのコットン生地なので、暑さの残る日も涼やかに着られます。トライバルなムードの大ぶりのシルバージュエリーでカジュアルにまとめてみましょう。

【4】セリーヌの黒ニット×カーキスカート

ナチュラル&シックなシンプルスタイルをモードバッグで小粋に!
ニット・スカート・ピアス・バングル・バッグ『クラスプ ミニ』(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

黒ニットとカーキのスカート、「ダークグリーン」のミニショルダーで仕上げた秋配色のカジュアルな着こなし。バッグを斜めがけにすると、さりげない所作に生き生きとしたエレガンスが香り立ちます。

定番のカジュアルブランドコーデ


【1】ポロ ラルフ ローレンの白シャツ×黒スカート

ミリタリー調のデザインに香る気品高いエレガンス
シャツ(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、ピアス(ベルシオラ)、テーブル(hhstyle 青山ショールーム) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャカード織りで端正なストライプ模様を浮かび上がらせたシルクシャツは、くるみボタンをあしらった肩章やロングカフが、クラシカルなミリタリーテイストを表現。程よくストイックな雰囲気のなかにカジュアルな女らしさが漂います。メタルバックルの幅広ベルトでウエストをマークしてモードに攻めましょう。

【2】エストネーションのベージュニット×白パンツ

0
ニット(エストネーション)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

キャメルカラーのバンドスリーブのニットに、オフホワイトのクロップド丈パンツを合わせた軽快なカジュアルスタイル。グレンチェックを浮かび上がらせた編み柄のスリングバックサンダルが涼やかな足元を演出してくれます。

【3】ユナイテッドアローズの黒ニット×黒パンツ

アクティブに過ごす日はクリーンな白を効かせたハンサムな黒を目指して
ニット(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈ユナイテッドアローズ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈ノヴェスタ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クルーネックの襟元からのぞくカットソーや、トラックパンツのサイドラインなど、白を効果的に効かせれば、すっきりとしたカジュアルコーデが完成します。

スニーカーのカジュアルコーデ


【1】リビアナ・コンティの黒スニーカー×黒ニット

スポーティなジョグパンツが黒一色のシンプルな着こなしをたちまち旬の表情に
プルオーバーニット・キャミソール(Theory luxe)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、サングラス(カレン ウォーカーギンザ シックス店)、ペンダント・ネックレス・バングル・時計※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(TASAKI〈TASAKI por RELIQUIAE〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

モードをさりげなく取り入れているN.Y.セレブの人気は、絶妙なおしゃれ感をもたらすジョグパンツに移行中。プルオーバーニットからのぞく肌の抜け感で、リラックス感のあるカジュアルスタイルを目指しましょう。

【2】コンバースの白スニーカー×黒ロングスカート

エアリーなシャツと揺れるスカートで笑顔が似合う軽やかな黒に!
シャツ ·スカート(マディソンブルー)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ヒロタカのピアス·・マリハのリング(showroom SESSION)、バッグ(RHC ロンハーマン〈ドラゴン〉)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ワンピース感覚で楽しめる、シャツとサーキュラースカートのコンビは、簡単にセンスアップがかなう頼もしい存在です。エアリーに編み上げられた、細番手のウール素材で、風になびくほどの軽やかさ。厚みのあるボタンや、ハイカットのスニーカーなど、白を効果的に効かせることで、ハッとするほどおしゃれなカジュアルコーデが完成します。

【3】Ambの黒スニーカー×ブルパンツ

アポイントで一日のスケジュールがびっしり!新鮮カラーでパワーチャージ
ジレ(MOGA)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ベルウィッチ〉)、ヘッドフォン(アユート〈マスター・アンド・ダイナミック〉)、傘(エストネーション〈ワカオ〉)、バッグ(GALERIE VIE 丸の内店〈HEREU〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きれい色パンツ×白ブラウスも素敵だけれど、そこに黒のジレでこなれ感とカジュアルさをプラスしましょう。

【4】ロロ・ピアーナの白スニーカー×ライトグレーパンツ

リズミカルな柄コートとふんわりファーで迫力という個性を演出
ニットコート・ブラウス・パンツ・ティペット・バッグ・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベビーカシミヤのジャカードニットコートは、グレージュトーンのシェブロン柄が着映えポイントです。襟元にファーを配してリッチ感を強調しつつ、足元はスニーカーで外したのがポイント。テイストミックスでカジュアルでも格上のセンスを香らせましょう。

【5】J.M. WESTONの白スニーカー×ベージュスカート

洋服も、小物も「甘×辛」ミックスでかっこよく女らしい着こなしに
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、帽子(タア トウキョウ〈タア〉)、ピアス・ブレスレット(日本橋三越 ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

辛口のシャツに甘口のフレアスカートを合わせると、それだけでニュアンスのある着こなしに。さらにかごバッグとスニーカーで「甘×辛」ミックスを繰り返すと、シンプルでカジュアルでも奥行きのある着こなしが完成します! 

【6】白レザースニーカー×黒パンツ

色づく京都の街を意識したニュアンス色×黒でこなれ感のあるカジュアルに
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

秋の京都を訪れるときのコーディネートをイメージ。街の景色になじむように、ベージュのシャツでニュアンスをつけて。マディソンブルーのリネンシルク・シャツは、季節の変わり目に重宝します。フェンディの『ピーカブー』はグレージュに、エルメスのバンダナ柄ストールは黒で、色味をそろえて、品よくシックに。抜け感やカジュアルさを出したいときに活躍するのが、白のレザースニーカー。きちんと感があるので、大人でも楽しめます。

旅行に◎なカジュアルコーデ


【1】エアロンのネイビーブラウス×デニムパンツ

落ち着いた和モダンの個室では、楽チンで上品なセットアップでくつろぐ
ブラウス・パンツ(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・ネックレス・リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

自分だけの空間では、心も体もくつろげるカジュアルな装いを。さりげなく女らしいセットアップでシンプルにまとめてみましょう。

【2】wbの黒ブラウス×ブルーパンツ

同僚の送別会で代官山のビストロへ。ディープブルーのパンツでセンスよく!
ブラウス(wb)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ベルウィッチ〉)、帽子(三喜商事〈イレブンティ〉)、バングル(インデアン・クラフト)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(エストネーション〈エストネーション〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

さりげないおしゃれ感が漂うディープブルーのパンツを主役に、小粋なカジュアルスタイルに!

【3】wbの黒レースブラウス×黒パンツ

今日から4日間夏休み。パートナーと軽井沢のホテルへショートトリップ
パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ブラウス(wb)、ピアス・ネックレス(インデアン・クラフト)、バッグ(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、トロッター(グローブ・トロッター 銀座)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈ATP〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

バカンスモードのおしゃれでは、カットワークレースのブラウスとパンツを黒でまとめ、シックカジュアルに。鮮やかなターコイズアクセサリーを効かせれば、旅の高揚感もぐっと高まります。

【4】クルチアーニの黒ニット×カーキパンツ

タンカラーと好相性のオレンジのスカーフで華やかな知的スタイルに
ニット(クルチアーニ銀座店)、スカーフ(グローブ・トロッター 銀座)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)、バッグ『セラ』(トッズ・ジャパン)、 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

黒の半袖ニット+カーキのパンツに、オレンジのスカーフをプラスしたカジュアルコーデ。タンカラーの大きめバッグと調和して、大人の女性ゆえのこなれた華やぎと知的な迫力が香る着こなしが完成します。

【5】スポーツマックスのカーキブラウス×白スカート

オリーブ・カーキに清潔感のあるコントラストを与えるクリアなホワイト
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードでカジュアルな個性を加えましょう。

【6】ブラミンクのネイビーニット×カーキパンツ

知的な雰囲気を宿すネイビーでカーキをきれいめに仕上げて
ニット(ブラミンク)、パンツ(Theory luxe)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ネックレス・バングル(TASAKI)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキの装いの幅を広げるネイビーとの色合わせが新鮮なカジュアルコーデ。ともにユニフォームカラーなので、知的できちんと感のある表情が手に入ります。アンバー(琥珀)が少々入ったような深みのあるカーキと濃紺が、こっくりと洒脱な雰囲気を醸し出してくれます。小物でパールホワイトやアイボリーカラーを差して、上品な軽やかさを演出しましょう。

【7】トッズの赤バッグ×ボーダーニット

パリシックな装いで愛犬と一緒に海沿いを散歩。穏やかな時間でリフレッシュ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

休日はボーダー×赤でカジュアルに。ボーダーはカットソーではなく、ニット素材のほうが、大人っぽく仕上がるのでおすすめです。ボーダーニットは黒を選んで、あえてマリンなテイストに仕上げないのもポイント。トッズのバッグは、黒カジュアルの差し色として、出番の多いアイテム。ジュエリーは基本的にはイエローゴールドが合いますが、品よくカジュアルを楽しみたいときには、エルメスのシルバージュエリーを。ローファーはスタッズ付きのRE/DONEで黒カジュアルを更新しましょう。