1枚で華やぐワンピースは、夏の終わりから秋にかけて重宝するアイテムのひとつです。アイテム数が少ないコーディネートでも手の込んだスタイルに魅せるコツは、「シルエットや柄」でメリハリあるシルエットを生み出すことにあります。世界中が注目する美人王妃をはじめ、ワンピースを好んでまとう王室関係者たちは、自分に合うアイテム選びが上手です。

今回は、余裕を感じさせる王室レディーたちの着こなしを通して、賢いワンピース選びのコツを学びましょう。

世界の王室レディーがお手本!スタイル良く見えるワンピーススタイル6選

■1:立体感を生む「ドレープ使いや大胆柄」効果

ドット柄のワンピースを着こなすキャサリン妃
着姿に動きを与える不規則な柄配置

メリハリの利いたシルエットに仕上げるには、ドレープや柄を大胆に取り入れるのが効果的です。テニス観戦に訪れた英国王室のCatherine(キャサリン)妃は、肩と腰に左右アシンメトリーのドレープが入った上品なワンピースをセレクト。立体シルエットが、ボディーラインを一段とすっきり魅せています。裾が広がりすぎない優美なシェイプと気品ある膝丈が、ノーブルな着映えに導きました。

愛らしい雰囲気のプリントは、よくよく見ると、テニスボールを思わせるグラフィカルなドット柄! 場に合わせたモチーフをさり気なく選ぶ、そのセンスは「さすが」のひとことに尽きます。こうした細やかな気配りも、おしゃれリーダーから学び取りたいテクニックです。

花柄のワンピースを着こなすLady Kitty Spencer(レディー・キティ・スペンサー)
エレガントさを際立たせるネックラインとタイトな五分袖

アイキャッチーな大ぶり柄は、装いにドラマティックな印象を招き入れてくれます。ダイアナ妃の姪にあたるLady Kitty Spencer(レディー・キティ・スペンサー)は、艶やかな花柄ドレスに身を包んでパーティーへ。特大のフラワーモチーフが、華やかな場にお似合いです。

不思議と全体が引き締まって見えるのは、花柄が真ん中に位置しているから。視線が中央に集まって、シルエットが「ほっそり」映る効果を発揮しています。このようなモチーフの効果的な配置も、ワンピース選びにあたって気を配りたいところです。

■2:ベルトでくびれをつくる「フィット&フレア」ワンピース

紺色のワンピースを着こなすメーガン妃
ワントーンでもあでやかに魅せる胸元のVネックライン

引き締まったウエストをベルトで強調するようなスタイリングが、シルエット全体に抑揚を付けます。チャリティポロを観戦した英国王室のMeghan(メーガン)妃は、王室にゆかりの深いネイビー1色のワンピースをまといました。ワントーンのワンピースをまとう場合は、こちらのようにベルトでウエストマークするといった、メリハリづくりが欠かせません。

ハイウエストに巻かれた、共布の太ベルトが品格をオン。身頃からつながったフレンチスリーブが、肩のラインをきれいに見せています。ワントーンでキメる場合は、選ぶ色次第で装いのムードが決まりやすいので、上品テイストや優しげムードなど、目指す雰囲気を色で醸し出すつもりでベースカラーを選ぶのがよいでしょう。

デニムのリラックス感にマッチするウエッジサンダル

デニムの共布ベルトでウエストマークして、コンパクトな上半身を引き立てたのは、オランダのMaxima(マキシマ)王妃です。ウエストで絞って、裾に向かって広がる「フィット&フレア」のシルエットが、優美なムードを醸しています。

王室ルックとしては異色とも言えそうなデニムワンピースですが、デニム生地特有のハリ感が適度なふくらみを支え、女性らしさを感じさせるデザインに。気品とボヘミアン風味が同居した装いに仕上がりました。

■3:ワンピースをシャープに引き締める「プリーツ加工」

ストライプのワンピースを着こなすレティシア王妃
すっきり効果を発揮する、襟周りやウエストの黒ライニング

細感を引き出しやすいディテールには、プリーツ加工があります。スペインのLetizia(レティシア)王妃は、プリーツ加工が施されたシックなワンピースで、公務のミーティングに出掛けました。モノトーンのワンピースは単調に見えがちですが、細かいストライプ風のグラデーションが利いていて、着姿にリズム感が備わっています。

裾に向かって濃くなっているので、ボディラインが引き締まって見えます。かすかに揺らめく適量フレアが気品を薫らせました。お仕事ルックに取り入れたくなるワンピースです。

白いワンピースを着こなすマデレーン王女
透けるタイプの場合はデコルテを隠すネックラインでバランスを取って

プリーツは自然な縦落ち感を寄り添わせるので、シャープな着映えに導いてくれます。スウェーデン王室のMadeleine(マデレーン)王女は、ヴィクトリア王女のバースデーに、ノーブルなワンピース姿を披露しました。ふんわりエアリーな風合いにプリーツが加わって、表情が深くなっています。

透け感のある素材でも、プリーツと組み合わせれば、落ち着きが加わります。袖と裾だけが透ける、節度を保ったワンピースは、お呼ばれのときにも使えそうです。

世界のロイヤルレディーたちは、艶やかさと品格のバランスを保つのがとても上手です。着こなしのコツは、柄やベルト、プリーツなどで、全体をのっぺり見せない「メリハリづくり」にあります。不規則ドレープやダイナミック柄なども着姿を華やがせてくれるので、こういった「技あり」タイプのワンピースを選んでみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃