秋におすすめの大人の女性の白コーデをピックアップ。白のタイトスカートやフレアスカート、パンツなどの合わせ方のお手本が満載。全身白のコーデも要チェックです。

【目次】

白パンツを使ったコーデ


【1】Theoryの白パンツ×黒トップス

仕事の日の基本はモノトーン。小物で色を差すのがこの夏の気分
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

忙しい日常でシーンレスに活躍するフェミニンな黒トップス+白のスティックパンツは、定番の着こなし。この夏なら、REYCのトップスとTheoryのパンツのモノトーンの装いが大活躍。この組み合わせをベースに、辛口のバッグと涼やかな甘口ジュエリーをトッピングしましょう。

【2】マディソンブルーの白パンツ×黒ブラウス

夏の名残を爽やかな白で満喫する知的なモノトーン
ブラウス(Theory〈Theory〉)、パンツ(マディソンブルー)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ピアス・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

コンパクトな黒ブラウスに、艶白のワイドパンツを合わせ、オフィス街を涼やかに、颯爽と歩きましょう。ブラウスに襟高があるうえ、ノースリーブなので、縦長の着やせシルエットがかないます。大ぶりなトップハンドルバッグに、流行の太めストラップでこなれ感を演出。

【3】リビアナ・コンティの白パンツ×黒ニット

甘さ控えめにかっこよく!媚びない女力を足元で表現
靴『ソフィア』・バッグ(JIMMY CHOO)、レザーブルゾン・ニット・パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ラメが煌めく黒のニット+白のパンツに、レザーブルゾンとシルバーのショルダーを合わせたクール・ラグジュアリーなパンツスタイルに投入。大胆かつシャープなカッティングが辛口エレガンスなパンプスは、淡色ボトムに合わせても重く見えないのも優秀です。印象をぴりりと引き締めながら、はっとするほどスタイルアップ!

【4】レ・コパンの白クロップド丈パンツ×ベージュニット

0
ニット(エストネーション)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

キャメルカラーのバンドスリーブのニットに、白のクロップド丈パンツを合わせた軽快なカジュアルスタイル。グレンチェックを浮かび上がらせた編み柄のスリングバックサンダルが夏らしい涼やかな足元を演出してくれます。

白タイトスカートコーデを使ったコーデ


【1】キートンの白タイトスカート×グレージャケット

重厚感がありつつ、はおるという表現がぴったりの軽量な着心地
ジャケット・ブラウス・スカート(キートン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

颯爽とした白のタイトスカートにはメンズライクなジャケットを合わせて。フロントを開けると、爽やかなブルーにピュアな白が際立ってこなれ感がアップします。Vゾーンをシャープに見せる6つボタンなので、留めて着こなしてもかっこよく決まり、キートンの真骨頂である、体にしなやかに沿う、極上の着心地を堪能できます。

【2】マックスマーラの白タイトスカート×オリーブ・カーキブラウス

オリーブ・カーキに清潔感のあるコントラストを与えるクリアなホワイト
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになった白のタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードな個性を加えましょう。

白フレアスカートコーデを使ったコーデ


【1】ebureの白フレアスカート×ブルーブラウス

ダミー
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ebure)バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルクサテンを使ったピーコックブルーのブラウスを、グレーに近い白のフレアスカートで、明度を上げたクリーンな装い。足元はポインテッドトウのミュールパンプスで抜け感をプラスして清涼感を後押ししましょう。

【2】白フレアスカート×黒ジャケット

0
 ©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

優雅な白のボリューミーなフレアスカートで決めた圧巻のモノトーンコーデ。華奢サンダルで足元まで女らしく仕上げましょう。

白シャツを使ったコーデ


【1】エルマンノ シェルヴィーノの白シャツ×黒スカート

ひだ飾りとレースで魅せるドレッシーなスタイル
スカート(ブラミンク)、シャツ(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、ブレスレット・チャーム・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

繊細な表情を生むレースと、優雅な印象を醸し出すラッフルで女性らしさを強調した着こなしも、モノトーンならきりりとした雰囲気。白シャツに合わせた黒スカートはミモレ丈のトラペーズシルエット。ラッフルがつくる上品な陰影に、ほのかな光沢をもたらすコットンシルク素材です。

【2】トム フォードの白シャツ×黒パンツ

大人の艶っぽさが香るミニマルなシャツスタイル
シャツ・パンツ・バッグ(トム フォード ジャパン)、ペンダント・リング・ブレスレット・時計(ブルガリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルククレープの控えめな光沢と、チョークホワイトのクリーミーな色調に優美な女性らしさが漂うバンドカラー白シャツを主役に。ピンクゴールドのジュエリーや時計のフェミニンな輝きをアクセントにした、モノトーン配色のパンツスタイルが理想的なかっこよさを演出します。

【3】ポロ ラルフ ローレンの白シャツ×黒スカート

ミリタリー調のデザインに香る気品高いエレガンス
シャツ(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、ピアス(ベルシオラ)、テーブル(hhstyle 青山ショールーム) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャカード織りで端正なストライプ模様を浮かび上がらせた白のシルクシャツは、くるみボタンをあしらった肩章やロングカフが、クラシカルなミリタリーテイストを表現。程よくストイックな雰囲気のなかにノーブルな女らしさが漂います。メタルバックルの幅広ベルトでウエストをマークしてモードに攻めましょう。

【4】ミカコ ナカムラの白シャツ×ベージュパンツ

着るだけで華やかな存在感を手に入れられる一枚
シャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ネックレス・バングル・時計(ハリー・ウィンストン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

研ぎ澄まされたフォルムの白シャツに定評のあるミカコ ナカムラの新作は、自然な光沢をもつコットンブロードを使った比翼仕立てのロングプルオーバー。合わせのワイドパンツは、初秋を感じさせるこっくりとした色味のオレンジブラウン。ぱきっとした白とニュアンスカラーとのコントラストが映えます。

【5】セリーヌの白シャツ×黒パンツ

遠目にもはっとさせる「ラズリ」色のバッグの鮮やかな洗練効果
シャツ・パンツ・ピアス・靴・バッグ『クラスプ ミディアム』(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

モノトーンでまとめた白シャツ&黒パンツのスタイルに、鮮やかなブルー= 「ラズリ」のバッグをプラス。大胆な配色を品よく楽しめるのは、ワンハンドルバッグならではです。魅せ上手な女性に!

白スニーカーを使ったコーデ


【1】白レザースニーカー×黒パンツ

色づく京都の街を意識したニュアンス色×黒でこなれ感のあるカジュアルに
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

秋の景色になじむように、ベージュのシャツでニュアンスをつけたコーデ。マディソンブルーのリネンシルク・シャツは、季節の変わり目に重宝します。フェンディの『ピーカブー』はグレージュに、エルメスのバンダナ柄ストールは黒で、色味をそろえて、品よくシックに。抜け感や軽やかさを出したいときに活躍するのが、白のレザースニーカー。きちんと感があるので、大人でも楽しめます。

【2】サントーニの白スニーカー×黒パンツ

極上の「白T」でクリーンに!黒・白・グレーのシック配色で洗練感を醸し出して
Tシャツ・パンツ・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

まっさらなTシャツや白スニーカーといった、スポーティーなテイストが、黒の着こなしを若々しく見せる鍵に。細くしなやかなコットンで紡いだ、上質なTシャツはボディーラインを優しく包み、リッチな雰囲気を演出。グレーのバッグで、モノクロの世界に仕上げることで、洗練されたカジュアルに仕上がります。

【3】コンバースの白スニーカー×黒スカート

エアリーなシャツと揺れるスカートで笑顔が似合う軽やかな黒に!
シャツ・スカート(マディソンブルー)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ヒロタカのピアス・ マリハのリング(showroom SESSION)、バッグ(RHC ロンハーマン〈ドラゴン〉)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ワンピース感覚で楽しめる、シャツとサーキュラースカートのコンビは、簡単にセンスアップがかなう頼もしい存在。エアリーに編み上げられた、細番手のウール素材で、風になびくほどの軽やかさです。厚みのあるボタンや、ハイカットの白スニーカーなど、白を効果的に効かせることで、ハッとするほどおしゃれに。

【4】セリーヌの白スニーカー×ベージュスカート

シックなスカートスタイルもどこか潔く!そんな着こなしが今の気分
トップス・スカート・スニーカー(セリーヌ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

アースカラーの配色トップスは、サイドのアイレットがポイントに。白スニーカーの投入で、一見エレガントでもキレ味のよさが漂う着こなしが完成します。

【5】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの白スニーカー×白Tシャツ

トップメゾンのレザージャケットを中心に、すっきりまとめてかっこよく!
レザージャケット・Tシャツ・デニム・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

女らしくて、かっこいいスタイルづくりに欠かせないライダースジャケット。ラムレザーのなめらかな質感や細身のシルエットが大人にちょうどよく、晩夏には肩からはおるように、初秋にはストールと合わせて…と、オールマイティーに活躍します。白スニーカーでちょっぴりメンズライクな遊びを取り入れましょう。

【6】J.M. WESTONの白スニーカー×カーキジャケット

思いきって色で遊ぶ日も、「甘×辛」ミックスのセオリーを忘れずに
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ジャケット(マディソンブルー)、靴(J.M. WESTON 青山店)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

鮮やか色のパンツの日は、ほかの色はできるだけ引き算してモノトーンとシックカラーに限定。カットソーやスニーカーなどで白の分量を多めに加えることで、インパクトの強い色を取り入れた着こなしも、爽やかかつクールな印象に仕上がります。

【7】J.M. WESTONの白スニーカー×黒シャツ

洋服も、小物も「甘×辛」ミックスでかっこよく女らしい着こなしに
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、帽子(タア トウキョウ〈タア〉)、ピアス・ブレスレット(日本橋三越 ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

辛口のシャツに甘口のフレアスカートを合わせると、それだけでニュアンスのある着こなしに。さらにかごバッグと白スニーカーで「甘×辛」ミックスを繰り返すと、シンプルでも奥行きのある着こなしが完成します! 

全身白のコーデ


【1】白シャツ×白スカート

0
ジョヴァンナ・バッタリア ©Shutterstock/アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

コレクションシーズンのストリートスナップの常連、ジョヴァンナ・バッタリアの全身白コーデ。華やかな個性を際立たせる小物使いは注目の的です! 「黒×白」配色にゴールドの差し色も彼女らしさ。

【2】ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカムの白ジャケット×白ブラウス×白パンツ

上品なベージュに合わせてモードなジャケットをたおやかに
ジャケット(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ブラウス・パンツ(エストネーション)、ベルト(yoshie inaba)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

トップスとワイドパンツはベージュに寄りの白のセットアップで合わせ、色調としなやかな雰囲気をジャケットにつなげるようにまとめた着こなしは、かしこまりすぎないエレガンスが魅力です。

【3】wbの白カーディガン×白ニット×白パンツ

足首の抜け感を楽しみつつピリッと引き締めるのが旬ボトムをはく大人の常識
靴(アマン〈ペリーコ〉)、カーディガン・ニット(wb)、パンツ(ADORE)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈フルラ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ゆったりとエレガントなラインが女らしいワイドパンツは、足首ぎりぎりの9分丈が最旬バランス。ボトムにボリュームがあるぶん、足元はきゅっと引き締めることで一気に女らしさが高まります。フラットシューズはスエードにリザードの型押しを施した新素材を使用。ノーズ部分はエナメルで、軽快さも加味してくれます。

【4】シャネルの白コート×白インナー

フルレングスのコートでたちまち、今年の顔に!
ウールカシミヤのコート・ネックレス付きプルオーバー・バッグ(シャネル) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ラグランスリーブで身幅も、丈もゆとりがあるけれど、素材が軽く、しなやかなコート。ラグジュアリーな白でまとめれば、冬の街に映える美しさを演出できます。ニットの襟ぐりにメタルのネックレスがついて、顔周りにモダンな艶も加えて。

【5】白シャツ×アクセサリー

ボールペンダントの艶で存在感のある胸元に
ペンダント・『ティファニー ハードウェア』・右手のブレスレット・左手のバングル『ティファニー T』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

アクセサリーのメタルの色をミックスしながら重ねることで、シンプルな白シャツに旬のニュアンスが生まれる白コーデです。