面長顔の一番の悩みは「顔が縦長に見えてしまうこと」。これまでにも、顔の両サイドにボリュームを与えて欠点をカバーする方法を、いくつかご紹介しました。

ですが、カット技術やスタイリングで顔周りにボリュームを出しても、髪がパサついていたり、ダメージが目立っていたらどうでしょう?

ザ・ペニンシュラホテル東京にある美容室、BEAUTRIUM PENINSULA店の副店長・小山 貴さんは、「髪のボリュームはもちろん大切ですが、ボリュームがあっても髪に艶と毛束のまとまりがなければ、老けた印象や古い髪型に見えてしまうこともある」と言います。

「本来、〝艶〟と〝ボリューム〟は相反するもの。ボリュームを出せば出すほど、光が乱反射して、艶はなくなってしまうんです。ですが、髪の艶は若々しさだけでなく女性の美しさを表現する最大の武器。40代以降の女性には必要です。ボリュームで面長顔をカバーしながら、艶のある質感に仕上げる。この絶妙なバランスを叶えた髪型を提案します」(小山さん)

面長顔をカバーするボリュームと年齢を感じさせない艶感、そして毛束のまとまり。それらすべてを併せ持つ、とっておきのスタイルがこちら。

■髪型: みずみずしい毛束が印象的。ふわっと軽いボリュームヘア

面長顔のミディアムヘア代表:田路典子さん(46歳/主婦)の場合

完成
サイド
バック

田路さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「全体はローレイヤーベースのフラットミディアム。髪の表面と顔周りにレイヤーを入れて、毛先を軽くしなくても、ボリュームが出るようにカットしています。スライドで間引きしているので、全体的に毛束感と空気感が生まれ、今っぽいシルエットに。耳上から顎上に一番ボリュームが出るように設定することで、面長顔を目立たせません」(小山さん)

■スタイリング:アイロンの熱で、巻きながら艶を与える

「ドライヤーで乾かす前にオイルをなじませると、髪に艶とまとまりが出やすくなります。毛束の中間から毛先になじませるのがポイント。根元は生えてきたばかりなので、艶があります。根元にオイルをつけると潰れてしまったり、ベタつきの原因になることもあるので、つけないでください。あとはアイロンで細かく巻けば、熱が髪全体の艶を引き出してくれます」(小山さん)

スタイリング前

■1:表面の髪をダッカールで留める

内側の髪を巻く際に邪魔になる表面の髪はダッカールで留めておく。

■2:内側の髪の毛先を外巻きにする

アイロンは32mmを使用。内側の髪の毛先をすべて外巻きに。1回転半を目安に巻きつけて。

■3:ボリュームが出にくいハチ下の毛束を内巻きにする

潰れやすいハチ下の毛束は内巻きに。

■4:前髪の細かく巻く

前髪は少しずつ毛束を取って内巻きにする。一度に巻くと〝つくった感〟が出てしまいます。3、4回に分けて巻くと自然な束感が生まれます。

■5:表面と顔周りの毛先を外巻きにする

表面と顔周りの毛先をすべて外巻きに。1回転半を目安に巻きつけて。

■6:根元を避けて髪全体にワックスをもみ込む

髪の毛の中間から毛先に向けて持ち上げるようにワックスをもみ込む。

〈面長顔ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. 「なで付ける」のではなく根元をこするように「バサバサと髪を振るように」乾かす
  2. 痩せた髪は細かく巻くとボリュームが出る
  3. 髪を持ち上げて空気を含ませるようにワックスをもみ込む

「乾かすときは上からなでつけるように乾かすのではなく、根元をこするように髪を振りながら乾かすと、全体に空気が入ってふわっとした印象に。左右前後、毛流れに逆らうように髪を降ると、根元がしっかりと起きます。40代以降の髪は潰れやすいので〝起こしすぎ〟くらいがちょうどいいです」(小山さん)

BEAUTRIUM PENINSULA店・副店長の小山 貴さん。「低山トレッキングが趣味で、日帰りできる山によく行きます。多い時は週1ペースで行くこともありますが、今は暑いので少し控えています」

問い合わせ先

  • BEAUTRIUM PENINSULA
  • 住所/東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京4F
  • TEL:03-5208-8291
  • 営業時間:月・水 11:00〜20:00/木・金 11:00〜21:00/土・日・祝 10:00〜19:00
  • 定休日:火曜・第3水曜
静かな雰囲気と優雅に流れる時間。大人の女性が心から安らげるラグジュアリーな空間が広がる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑