40代女性の大人カジュアルコーデまとめ。秋のカジュアルコーデや、洗練されたブランドでつくるおしゃれカジュアルコーデ、スニーカーでつくる大人カジュアルコーデなど、大人の女性にぴったりなカジュアルの着こなしをたっぷり集めました。カジュアルな装いでお出かけする日の参考に、ぜひお役立てください。

【目次】

秋のレディース大人カジュアルコーデ


【1】ボーダーカットソー×黒パンツ

【1】ボーダーカットソー×黒パンツ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

愛犬と過ごす休日はボーダー×赤で、パリシックに。ボーダーはカットソーではなく、ニット素材のほうが、大人っぽく仕上がるのでおすすめです。ボーダーニットは黒を選んで、あえてマリンなテイストに仕上げないのもポイント。トッズのバッグは、黒カジュアルの差し色として、出番の多いアイテム。ジュエリーは基本的にはイエローゴールドが合いますが、品よくカジュアルを楽しみたいときには、エルメスのシルバージュエリーを。ローファーはスタッズ付きのRE/DONEで黒カジュアルを更新しましょう。

【2】黒シャツ×グレージュパンツ

【2】黒シャツ×グレージュパンツ
シャツ(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・バングル(ドレステリア 銀座店〈エディー ボルゴ〉)、バッグ(ピエールアルディ 東京)、靴(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈スタブス & ウートン〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

曖昧グレージュのプレーンなパンツも端正な黒シャツで着こなすと、こんなにカジュアルでモードな雰囲気に様変わり! トリコロールカラー配色のクラッチバッグと、レタリング刺しゅう入りスリッポンでさらなるセンスアップを狙いましょう。

【3】黒シャツ×グレージュスカート

【3】黒シャツ×グレージュスカート
スカート(ユナイテッドアローズアトレ恵比寿 ウィメンズストア〈J&M デヴィッドソン〉)、シャツ(ビームス ハウス 丸の内〈マディソンブルー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュのAラインスカートに、リネンでハリ感を出した黒のウール混シャツを合わせて。カジュアルな抜け感を演出する襟抜きの着こなし方もポイントです。

【4】白Tシャツ×ベージュパンツ×黒ジャケット

【4】白Tシャツ×ベージュパンツ×黒ジャケット
ハイアリンのジャケット・オルウェルのTシャツ(ストラスブルゴ)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ウノアエレのネックレスチャーム・チェーン・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バッグ『Bucket』(ドゥロワー青山店〈パコ ラバンヌ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ピンストライプのジャケットを肩からはおり、休日ならではのハンサムなカジュアルを。

【5】白カットソー×デニムパンツ×グレージュコート×ハット

【5】白カットソー×デニムパンツ×グレージュコート×ハット
コート(クルチアーニ銀座店〈クルチアーニ〉)、カットソー(コロネット〈エアロン〉)、デニム(showroom SESSION〈サージ〉)、帽子(ADORE〈スーパードゥーパーハッツ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

インディゴの深いブルーとともに、重みのあるチョコレートブラウンでまとめた小物使いが、グレージュの着こなしにリッチなコントラストを生み出します。

【6】グレージュニット×オレンジパンツ

【6】グレージュニット×オレンジパンツ
ニット(三喜商事〈イレブンティ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、リング(TASAKI)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

袖にミンクファーがあしらわれたローゲージニットに、やや起毛した表面感のウール混パンツを合わせて。鮮度の高いアイテム選びと配色テクニックが導く、最新の「グレージュ・カジュアル」がここに完成です! 小物はトラッドな茶系小物でまとめて理知的に仕上げましょう。

【7】白シャツ×グレーパンツ×ベスト

【7】白シャツ×グレーパンツ×ベスト
ベスト(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カジュアルなモカグレージュのリブ編みニットを知的エレガントに高めるのが、白シャツ+グレーパンツで仕上げたクールグラデーション。着こなしになじむ温かな艶をたたえたブロンズカラーのバッグでさりげなくモード感を添えましょう。

【8】ピンクニット×グレーパンツ×ファーストール

【8】ピンクニット×グレーパンツ×ファーストール
パンツ(モールド〈チノ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店)、眼鏡(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ファーストール(エストネーション〈ガシュロウ&コール〉)、バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはボディーラインを拾いすぎない、ハリのあるポリエステル×レーヨンの混紡素材。フェミニンなニットとシャープなパンツの組み合わせで、ニュアンスコーディネートを、今どきに更新しましょう。

【9】オレンジブラウス×グレーワイドパンツ×ジャケット

【9】オレンジブラウス×グレーワイドパンツ×ジャケット
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(レリアン)、ブラウス(エストネーション)、ネックレス・ブレスレット(バーニーズ ニューヨーク〈サスキア ディアス〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

今季も引き続き流行のワイドパンツは、主役のジャケットに品よくなじむ配色をセレクト。オレンジブラウスを差し色に加えることで、スーツとは異なる、カジュアル&モードな仕事スタイルが楽しめます。

【10】白ブラウス×ネイビータイトスカート×グレーカーディガン

【10】白ブラウス×ネイビータイトスカート×グレーカーディガン
アリュードのロングカーディガン・ステファノ モルタリのブラウス・アルトのスカート(三喜商事)、ネックレス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、靴(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カーディガンのカジュアル度を軽減するには、全体を洗練配色にまとめることがいちばん。ブラウスをボトムインして、縦長シルエットを計算しました。

【11】カーキシャツ×黒スカート

【11】カーキシャツ×黒スカート
シャツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トップスを、グレーの陰影を含んだシックな色味のカーキシャツに差し替えると、ぐっと秋らしいムードに。レザーのタイトスカートの切れのいいシルエットと相まって、大人の女性に似合うカジュアルエレガンスが実現します。

【12】ブラウス×カーキパンツ×カーキジャケット

【12】ブラウス×カーキパンツ×カーキジャケット
ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

わずかに光沢を浮かべたカジュアルな雰囲気のテーラードジャケットとセミワイドパンツを、茶系のニュアンスを含んだカーキで統一感をもたせた着こなし。グラデーションの色合わせの妙が、趣味のよさを漂わせます。やわらかなアイボリー色のブラウスで抜け感をつくるのもポイントに。

【13】Tシャツ×デニムパンツ×ベージュニット

【13】Tシャツ×デニムパンツ×ベージュニット
ニット・Tシャツ(VINCE 表参道店)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(バリー 銀座店)、バッグ(テアトル アッシュ・ペー・フランス〈デルフィーヌ・ドゥラフォン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カシミヤニットとデニムで着こなしをシンプルにしたぶん、バケツ型バッグで旬のエッセンスを。シンプルなデザインながら、ワイドショルダーや大きなゴールド金具にセンスのよさが凝縮しています。

【14】グレーニット×ブライトオレンジパンツ

【14】グレーニット×ブライトオレンジパンツ
ニット(スローン)、パンツ(キートン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ドナテラ・ペリーニのネックレス・ペリーニのバングル(ドナテラ・ペリーニ 伊勢丹新宿店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴 (J.M. WESTON 青山店)  撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

赤みのあるグレージュニットに合わせ、ブライトオレンジのパンツを選択すれば、洗練カジュアルが叶います。

【15】ボーダーニット×黒パンツ

【15】ボーダーニット×黒パンツ
ニット(ステディ スタディ〈ベラ・フロイド〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

定番の黒ボトムを休日仕様に楽しみたい日はボーダーニットの出番。ほっこり見えそう、着ぶくれしそう、という心配は、細めピッチのボーダーを選ぶことで解消します。イギリス発のニットブランドの一枚は、襟元や裾にシルバーラメが施され、程よいキレ味も備わって。ダイヤモンドのバングルを合わせて、シャープな味付けをしましょう。

【16】ニット×白スカート×ベージュカーディガン

【16】ニット×白スカート×ベージュカーディガン
edit & co. Cowichanのカーディガン・YURIPARK CAPO COMPLETOのニット・adele couturierのスカート(edit & co.)、靴(プレインピープル丸の内〈ボサボ〉)、ブレスレット・リング(リンクス オブロンドン青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

カジュアルを美しくするなら、スタンダードの力に頼るのもいい。厳寒のカナダで生まれたハンドメイドのカウチンニットには、名品の存在感があります。こちらはキモノスリーブや細身シルエットなど、スタイリッシュに着こなせる一着。しなやかなロングスカートに合わせて、女らしく着こなしましょう。

【17】グレージュワンピース×バッグ

【17】グレージュワンピース×バッグ
ワンピース(ビームス ハウス 丸の内〈エリン〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コクーンシルエットやフィッシュテールの仕立てが新鮮なタンクワンピース。小物は黒のパテント素材で統一。フラット靴で、気負いのないカジュアル感をキープしつつも、バッグはあえて、クラシックなデザインでクラスアップすることで、大人の洗練を強調。手元には、ピンクゴールド×ダイヤモンドのバングルで存在感のある輝きを添えましょう。

【18】白ブラウス×デニムパンツ

【18】白ブラウス×デニムパンツ
ブラウス・デニム(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、バングル(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シャルロット シェネ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『アルファ クロス ボディ』※ストラップ付き(ピエールアルディ 東京)  撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

白シャツ+デニムに深みのある配色バッグを投入。着心地は涼しく、印象は秋…と賢いおしゃれカジュアルを楽しみましょう。

人気ブランド別レディース大人カジュアルコーデ


【1】マックスマーラ

【1】マックスマーラ
ニット・パンツ・サングラス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

とろみのあるたおやかなパンツをつなげて、素材に特別な洗練を宿したグレージュで魅せるスタイル。シックなカーキ色のカジュアルなショルダーバッグや、オニキスとダイヤモンドのソリッドな輝きを携えたモチーフジュエリーでメリハリをプラスしましょう。

【2】ヴァレンティノ ガラヴァーニ

【2】ヴァレンティノ ガラヴァーニ
ヴァレンティノのアンサンブルニット・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

色もアンサンブルニットも、それ自体はとてもコンサバティブ。そこに目新しさを感じさせるのは、モードなスタッズディテールと、オータムカラーとの配色。こっくりとしたグレージュのスタッズ付きニットアンサンブルに合わせたのは、ほんのりくすんだニュアンスが秀逸なイエローのパンツ。スタッズとムートンバッグのチェーンのゴールドに、アクセサリー不要の華やかさが漂います。

【3】ザ ロウ

【3】ザ ロウ
ラムスキンのジャケット・パンツ・バッグ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

薄手のストレッチレザーが、肌と一体化するようなフィット感を実現。ウエスト下にはフロントとバック、左右4か所にジップが配されており、開けるとペプラム風に早変わり。アウター1枚をトップス感覚で着るときは、このデザインを生かして着るのがストイックになりすぎないポイントに。小物まで黒~グレーで全身をまとめたスタイルものっぺり見えないのは、ジャケットの艶が自然な立体感をもたらしているおかげです。

【4】フェンディ

【4】フェンディ
プルオーバー・デニム(フェンディ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

どこか懐かしさを感じさせるロゴトップスが、この秋はトレンドに急浮上。カジュアルすぎ? と思いがちだけど、イエロー×白のエンブロイダリーでロゴの入ったこんな黒ニットなら、大人も臆せず楽しめる予感。ブラックデニムに合わせ、ヘルシー&アクティブな休日を楽しみましょう。

【5】ブルネロ クチネリ

【5】ブルネロ クチネリ
「メイプルベージュ」のカーディガン・Tシャツ・スカート・ネックレス・靴(ブルネロ クチネリジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

木の実を連想するようなざくろ色のチュール素材のティアードスカートには、ボレロのような感覚でショート丈のカーディガンを合わせて。シンプルな白Tシャツをインすれば、こなれ感のあるカジュアルなドレスアップが叶います。

スニーカーでつくる秋の大人カジュアルコーデ


【1】スニーカー×ベージュシャツ×黒パンツ

【1】スニーカー×ベージュシャツ×黒パンツ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

マディソンブルーのリネンシルク・シャツは、季節の変わり目に重宝します。フェンディの『ピーカブー』はグレージュに、エルメスのバンダナ柄ストールは黒で、色味をそろえて、品よくシックに。抜け感や軽やかさを出したいときに活躍するのが、白のレザースニーカー。きちんと感があるので、大人でも楽しめます。手元には、お守りのような存在のカルティエの『タンク』と『LOVE ブレスレット』を。

【2】スニーカー×ニット×ロングジレ×パンツ×レッドコート

【2】スニーカー×ニット×ロングジレ×パンツ×レッドコート
コート・ジレ・ニット・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ロロ・ピアーナの真骨頂、ベビーカシミヤのコートは、包み込まれるような極上の着用感。ダブル構造の高密度ジャージー生地が、軽やかな着心地と、風を通しにくい暖かさを両立しています。ベージュ×オレンジのリバーシブルコートに、カシミヤのロングジレをレイヤード。プロンジェレザーのサッシュベルトをきゅっと巻いて、大人の余裕が漂う、クリーンでエレガントな装いを楽しみましょう。

【3】スニーカー×黒カットソー×黒パンツ×黒ジャケット

【3】スニーカー×黒カットソー×黒パンツ×黒ジャケット
ヴァレンティノのジャケット・カットソー・パンツ・サングラス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノジャパン)、バングル(ミキモト) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

今年、黒のテーラードをひとつ選ぶなら、迷うことなくサテン地の細い襟と、美しいカッティングが冴えるスモーキングジャケットに。ハイヒールで、攻めのエレガンスもいいけれど、今、愛されるのは、ちょっとこなれた着こなしです。クチュール感たっぷりの一着に、Tシャツとレザースニーカーを合わせる小粋さがかっこいい。

【4】スニーカー×白Tシャツ×黒パンツ×黒ニット

【4】スニーカー×白Tシャツ×黒パンツ×黒ニット
Tシャツ・パンツ・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

まっさらなTシャツやスニーカーといった、スポーティーなテイストが、黒の着こなしを若々しく見せる鍵に。細くしなやかなコットンで紡いだ、上質なTシャツはボディーラインを優しく包み、リッチな雰囲気を演出してくれます。グレーのバッグで、モノクロの世界に仕上げることで、洗練されたカジュアルに。

【5】スニーカー×グレージュニット×グレーパンツ

【5】スニーカー×グレージュニット×グレーパンツ
ニット(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、バッグ(エストネーション〈ザネラート〉)、ストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュでそろえたニットとバッグ、グレーのストールとパンツで全体をニュアンストーンでまとめた装いに、クリアな白のスニーカーとゴールドジュエリーを効かせて。少量でも印象深いメリハリが生まれます。

【6】スニーカー×黒シャツ×黒スカート

【6】スニーカー×黒シャツ×黒スカート
シャツ ・スカート(マディソンブルー)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ヒロタカのピアス・ マリハのリング(showroom SESSION)、バッグ(RHC ロンハーマン〈ドラゴン〉)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ワンピース感覚で楽しめる、シャツとサーキュラースカートのコンビは、簡単にセンスアップがかなう頼もしい存在。エアリーに編み上げられた、細番手のウール素材で、風になびくほどの軽やかさ。厚みのあるボタンや、ハイカットのスニーカーなど、白を効果的に効かせることで、ハッとするほどおしゃれに映ります。

【7】スニーカー×黒ニット×黒パンツ

【7】スニーカー×黒ニット×黒パンツ
ニット(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈ユナイテッドアローズ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈ノヴェスタ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クルーネックの襟元からのぞくカットソーや、トラックパンツのサイドラインなど、白を効果的に効かせて、すっきりとまとめましょう。