中学や高校、大学などの、懐かしい友人たちが集まる同窓会。参加するときは、学生時代の気持ちで、ついつい浮かれてしまいがちですよね。しかし、大人になってからの再会には、注意すべき点もいくつかあるようです。悪い意味で「全然変わっていない」なんて思われないように、同窓会で気をつけたいことを確認しておきましょう。

せっかくの同窓会で「嫌われないために」気をつけたいNG行動

■卒業アルバム持ち込みを巡って議論に!

意見が真っ二つになる卒アル問題

 今年8月に放送された生活情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、”同窓会テンション下げ友”と題して、同窓会でのNG行動が特集されました。いくつかのエピソードが紹介された中で、とくにスタジオで議論を呼んだのが「卒業アルバムを持ち込む」という行為でした。

体験談を投稿した女性は「学生時代に太っていて、今はせっかく痩せたのに余計なことを…」と思ったそう。スタジオでも「盛り上がるためには便利だよね」という意見がある一方で、「昔のことは記憶の中であいまいにしておけばいいのに、わざわざ持ってくる必要ない」との声も。

視聴者投票でも、「テンションが下がる」が51%で「下がらない」が49%と均衡。バナナマンの設楽 統さんは「テンション下がらないものだと思ってた」と、驚きの表情を見せていました。

スタジオでは「アルバムを持ち込まれて嫌な人は声が小さい人だから、その場では合わせて盛り上がっているだけ」という分析も。

ちなみにこの話題に関して、ネット上では「アルバムを見せられて『きゃ~、恥ずかしい~!』と若すぎる反応をしている友達に、引いた」という声も上がっていました。

あなたが同窓会に参加する場合は、アルバムは自分から持ち込まず、誰かが持ってきても大人な対応をするのがベストかもしれません。

番組の調査によると、ほかにも「自分の会社の業績が載ったパンフレット」「昔のラブレター」「病気自慢のための飲み薬」は、持ち込まれるとテンションが下がるグッズなのだとか。単純な自慢や苦労自慢、むやみに過去を掘り起こす行為は、NGのようです。

■同窓会でドン引きされやすいNGな話題

プライベートに踏み込むのはNG?

 ほかにも、同窓会でのNGな話題としてよく声が上がるのが、結婚と子ども関連。

「周りが結婚し始めてから行きづらくなった」「子どもがいるいないとか、進学先とかでマウンティングしあうのが嫌」という意見は少なくありません。

また、名札に新姓と旧姓が併記されている同窓会にも、「これじゃ既婚か未婚か、まるわかりじゃん」と批判的な声が。「どうせ旧姓で呼ぶんだから、新姓はいらない」という意見が多く上がっています。

さらに、「年収とか会社の規模を探ってくる人も嫌!」という声も。

そのため、今、話している相手が何をしているか聞きたいときには「どんな仕事をしてるの?」という程度にとどめましょう。本人の勤め先や肩書はもちろん、旦那さんの職業を詮索するのも嫌がられますよ。

学生時代の友人同士とはいえ、今では立派な大人。相手のことを気遣った振る舞いで、楽しい同窓会を過ごしてみてくださいね。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.10.23 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
宇月明子
TAGS: