今っぽいパーマと古臭いオバさんパーマ、その違いはどこにあるのでしょうか? 多種多様な大人の髪悩みを「パーマで解決」してくれる実力派サロンMAGNOLiA Aoyama店のデザイナー・CHINATSUさんは「髪を巻く時の毛束の量」にあると断言します。

「細いロッドで細かく巻くと、ソバージュのような、ひと昔前のオバさんパーマになってしまいます。20代のようにハリのある健康な髪なら、ふわっと仕上がりますが、年齢を重ねた髪に細かいパーマをかけると、根元が立ち上がらずペタッとしたパーマヘアに。パサつきや広がりも古臭い印象を強調してしまいます」(CHINATSUさん)

それでは、古臭くないパーマにならないためのポイントは?

「できるだけ太い毛束で巻くのが古臭くないパーマのポイント。とはいえ、40代以降は髪の水分量が少ないので、太く巻くだけではダメ。最後はスタイリングで、艶とまとまりを与えることが大切になります」(CHINATSUさん)

40代の髪を若々しく、艶やかに仕上げたCHINATSUさん流のパーマヘアがこちらです。

■髪型: 一見くせ毛っぽい!まとまりと艶を意識した、しなやかなパーマヘア

面長顔のミディアムヘア代表:野内洋子さん(43歳/無職)の場合

完成
サイド
バック

野内さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「毛先に軽さをつけるとパサつきや広がりの原因になるので、できるだけ毛量を残して切っています。重い印象は、面長顔やリフトダウンを目立たせる原因になるので、耳前の毛束は輪郭をカバーする前上がりのレイヤーカットに。パーマは、表面の髪の毛だけを根元から、それ以外は毛束の中間から毛先にかける。これが根元ふんわり毛先もまとまるパーマヘアのコツです」(CHINATSUさん)

■スタイリング: 「艶」と「まとまり」を意識したドライヤーテクニック

「顔周りやフロント、髪の表面など、目に見えている部分に艶がないと、老けた印象に直結。ドライヤーの熱をしっかりと当てることで、髪のキューティクル(毛髪の表面)が整い、艶が出ますよ」(CHINATSUさん)

スタイリング前

■1:水分を与えてウェーブをしっかりと出す

濡らす時は根元を避けて。毛束の中間から毛先に水分を与える。

■2:耳前の毛束をねじってドライヤーを当てる

耳前の毛束を前方向にねじって握る。
握ったまま毛先にドライヤーを当てる。

■3:髪の表面に艶を与える

耳前の毛束(前髪以外)をブラシでブローしながらドライヤーの熱を当てる。逆サイドも同様に。毛束の根元から中間にドライヤーを当てるのがポイント。

〈面長顔ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■水分は毛束の中間から毛先にだけ含ませる
  2. ■髪を握るようにドライヤーの熱を与える
  3. ■髪表面の艶だしは必須!

「両サイドの耳前の毛束にドライヤーの熱を当てると、髪全体の印象も艶やかに。目に見える部分は艶とまとまりを意識しながら、スタイリングしてみてください」(CHINATSUさん)

MAGNOLiA Aoyama店・デザイナーのCHINATSUさん。趣味は海外ひとり旅と英会話。「10年間で15か国行きました。印象に残っているのはスコットランドのエジンバラ。日本で言うところの京都のような、歴史のある街並みが気に入っています」

問い合わせ先

  • MAGNOLiA Aoyama
  • 住所/東京都港区南青山4‐24‐8 アットホームスクエアBF
  • TEL:03-5774-0170
  • 営業時間:水・木 11:00~21:00/金 13:00~22:00/土・月 10:00~20:00/日・祝 10:00~19:00
  • 定休日:火曜・不定休
丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑