「強いウェーブのパーマヘア」と聞くと、ひと昔前のソバージュを思い浮かべる方も多いのでは?とくに40代は、「古臭くなる」「オバさんに見えるのでは?」とビクビクしてしまいますよね。ZACC raffineの店長・湯淺星悟さんが提案するのは、強めのウェーブでも古臭くない、スタイリッシュなパーマスタイル。

「根元から均等にパーマをかけて全体的にボリュームを出しています。頭頂部が潰れやすい、髪の量が少なくなった、という大人の女性にすごくオススメです。前髪をかき上げると、今っぽいカジュアルさ、大人の余裕も生まれます」(湯淺さん)

カラーもポイントなのだそう。

「ブラックとブラウンのコントラスト。明るさをほんのり感じられる40代にマッチしたカラーです。髪が伸びてきても目立ちにくく、白髪もあまり気になりません」(湯淺さん)

湯淺さんが提案する今っぽいパーマスタイルは、「強めウェーブ」と「かき上げ前髪」がポイント!さっそく、どのようなスタイルか拝見します。

■髪型:エッジの効いた「パーマ」と「かき上げ前髪」が今っぽい!

卵型のショートヘア代表:鈴木晴子さん(42歳/主婦)の場合

完成
サイド
バック

鈴木さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「ベースは台形フォルムの顎ラインボブ。全体的に軽くしてしまうとカジュアルになりすぎるので、毛先の方に少し重さと量を残し、台形にカットしています。表面の髪を短くカットし、レイヤーを入れているので、パーマをかけた時に根元から立ち上がります」(湯淺さん)

■スタイリング:ワックスをもみ込んで前髪を立たせるだけ!簡単3ステップ

「寝起きでパーマが潰れてしまっている時は、水分を髪全体に含ませてパーマを蘇らせることから始めましょう。動きが出てきたら前髪を根元から立たせてワックスをもみ込むだけ! 忙しい時でも簡単にスタイリングできます」(湯淺さん)

スタイリング前

■1: 水分を含ませてパーマを出す

髪全体を濡らすイメージで水分を与える。スタイリング剤を使う場合は、ミスト状のものを使うと◎。

■2: 前髪とフロントの髪をドライヤーで立ち上げる

前髪とフロントの髪を持ち上げたら、根元にドライヤーを当てて髪を立たせる。

■3: 全体にワックスをもみ込む

ハード系のワックスを使用。パール粒ふたつ分くらいを目安に、髪の量に合わせて多めに馴染ませるのがポイント。

〈卵型ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. まずはパーマをしっかりと出す!
  2. 前髪は大袈裟なくらい立ち上げてよし!
  3. ワックスは多め。根元からしっかりともみ込む

「朝はパーマが潰れてしまっていることが多いので、まずは水分を与えてしっかりとウェーブを出しましょう。前髪とフロントは上にひっぱりながら根元にドライヤーを当てると立ち上がります。大袈裟なくらい立ち上げておくと、潰れにくく持ちもよくなります」(湯淺さん)

ZACC raffineの店長・湯淺星悟さん。釣りが趣味の湯淺さん。最近は別の趣味にハマっているそう。「銭湯です」

問い合わせ先

  • ZACC raffine
  • 住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
    TEL:03-5468-5882
    営業時間:月・金12:00~21:00  水・木10:00~21:00  土・日・祝10:00~19:00
    定休日:火曜(火曜祝日の場合水曜)
フランス語で「洗練された」という意味のraffine。その名の通り洗練された技術と上質なおもてなしで迎えてくれる

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑