髪が細くなりコシがなくなると、どうしても頭頂部あたりの地肌が透けやすくなります。頭頂部を見せない、いちばんシンプルかつ簡単な方法は前髪を厚めにつくること。

六本木美容室 白金店副店長の田島沙智子さんは「せっかく厚めに前髪をつくっても、クセでパックリ分け目がついたり、髪がうねると根元が見えてしまいます。ドライヤーでしっかり根元から乾かすテクニックも重要です」語ります。そんな、プロならではのテクニックを教わります。

【お悩み】トップのボリュームを自然にアップさせたい!

ショート代表:丹羽信子さん(41歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:厚めの前髪にし、表面にレイヤーを入れてトップを中心にふんわりさせる

完成
サイド
バック

丹羽さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

髪にコシがなくやわらかいため、ボリュームを出しにくい丹羽さんの髪。

「前髪を厚くするとトップが重たい印象になるので、眉上の短めにして軽さを出しています。また耳が出るように、サイドをふんわり膨らませることで、あごのラインがシャープに見える小顔効果も狙えます」(六本木美容室 白金店副店長・田島沙智子さん)

■スタイリング:頭頂部の根元を起こすように乾かして、立ち上がりをつくる

毛根の方向をニュートラルな状態にするのが、スタイリングの最初のステップ。「丹羽さんの場合、前向きに生えているので後ろに起こすように乾かせば、全体的にふんわりとしたスタイルに仕上がります」(田島さん)

スタイリング前

■1:髪を後ろにとかすようにドライヤーをあてる

指の腹で地肌を軽く擦りながら後ろにとかすのがポイント。

■2:カールアイロンで毛束の中間から毛先に向かってすべらせてツヤを出す

ツヤを出すのが目的なので髪の内側はアイロンをかけなくてOK。毛束の根元を起こすようにカールアイロンを動かすこと

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■前髪は厚めにとってトップの地肌を見せない
■表面にレイヤーを入れて全体をふんわりさせる
■生えグセとは逆方向に乾かしてクセやうねりをコントロール

「カールアイロンを通すと、キューティクルの流れが均一になるのでツヤ感が出ます。ただ、下に引っ張るようにアイロンをかけると、せっかく立ち上げた根元がつぶれてしまうので注意してください」(田島さん)

六本木美容室 白金店副店長・田島沙智子さん。旅行が大好きで、今はベトナム旅行を計画中。「大好きなエスニック料理を堪能してきます」

問い合わせ先

セレブや芸能人もお忍びで通う、落ち着いた雰囲気のサロン
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑