これから先ずっと染め続けることを考えると、「白髪染めのスタート時期を少しでも遅らせたい!」と思いませんか? とは言え、今ある白髪を何とかしたいもの。

そんなジレンマに応えてくれたのが、六本木美容室 西麻布店のスタイリスト・西家直志さん。「全体を明るく染めるのではなく、メッシュ状にハイライトを入れるだけで白髪をカバーできます。また、トップをふんわり立ち上げ、生え際を目立たなくすれば白髪の存在感がなくなります」とのこと。

今ある白髪を目立たせない、スタイリング術を教わりました。

【お悩み】ちょこっと白髪を染めずにカバーしたい!

ミディアム代表:角恵子さん(38歳/会社員)のお悩みを解決するには…

■髪型:トップにレイヤーを入れ、ペタッとなりがちな根元をふんわりさせる

完成
サイド
バック

角さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

 毛量が多く、ストレートな髪質の角さん。「毛量が多いぶん、髪の重さで根元がペタッとなりやすいので、鉢から上のトップ部分にレイヤーを入れてふんわり立ち上がりやすくしています。この髪質の方は全体的に太めのロットで緩くパーマをかけておくと、自然な動きを出しやすくなるので便利ですよ」(六本木美容室 西麻布店 スタイリスト・西家直志さん)

■スタイリング:トップを根元から巻いて立ち上がりを作る

髪がペタ~ッとしていると、白髪がよけいに目立つもの。そこで「ふんわりとした立ち上がりをつくるために、太めのカーラーで頭頂部の髪を巻きます。分け目をまたぐように巻くと、分け目がペタッとしないので、白髪が目立ちにくくなります」(西家さん)

スタイリング前

■1:頭頂部の髪を額側から3等分して、カーラーで外巻きにする

髪の根元が立ち上がっているのを意識しながら、毛先からカーラーに巻き付ける。

■2:カールアイロンで髪の中間から毛先を内巻きに

太めのカールアイロンで毛束の中間から内巻きにして動きを出す。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■白髪が少なければメッシュ状にハイライト入れるだけでOK
  2. ■トップに立ち上がりを作り根元を見せない工夫をする
  3. ■分け目がペタッとしないように根元を立たせる

「このスタイルは髪がうねりやすく、もっとボリュームが欲しい…という方にもおすすめです。カールアイロンをかけるとき、ご自身のうねりをなじませるように内巻きにすれば、生えグセなのかカールなのか分かりにくくなります」(西家さん)

六本木美容室 西麻布店 スタイリスト・西家直志さん。今、ハマっているのがホルモン焼き。「友人に安くて美味しい店を紹介してもらったら、クセになってしまって。歯ごたえがたまりません」

問い合わせ先

六本木美容室 西麻布店
住所/東京都港区西麻布3-13-10 パークサイドセピア3F
TEL:03-3478-8167
営業時間:平日11:00~20:00 日祝11:00~19:00
定休日:木曜

落ち着いたシックな雰囲気がセレブたちに愛される大人のサロン。

問い合わせ先

落ち着いたシックな雰囲気がセレブたちに愛される大人のサロン。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑