冬の定番・ベージュパンツのコーディネートをピックアップ。ベージュパンツの足元は何を合わせる? スニーカーや各種靴とのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

ベージュワイドパンツのコーデ


【1】ファビアナフィリッピのベージュワイドパンツ×ブラウンロングカーディガン

濃厚なマルサラブラウンにさらに濃淡のブラウンを絶妙に重ねて奥行きを演出
ベルト付きカーディガン・ベスト・ニット・パンツ・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

タートルニット×ダブルジップのダウンベストといった完成されたカジュアルに、さらに上からマルサラブラウンのロングカーディガンをふんわりはおって。これぞ冬レイヤードの楽しさ全開! ワイドパンツや靴にいたるまで、ニュアンスあるベージュ&ブラウンの濃淡を、丁寧に重ねた着こなしで冬カジュアルを満喫しましょう。

【2】ソニア リキエルのベージュワイドパンツ×黒ニット

ベージュ×黒の王道配色はビッグシルエットで今年らしく見せて!
トレンチコート・ハイネックのニット・パンツ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力。トラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技です! 肩を覆うほど広いラペルや、ゆったりとした袖などトレンドを重ねることで、ベージュワイドパンツ×黒ニットの王道の洗練配色が、ひときわ新鮮に映ります。

【3】プレインピープルのベージュワイドパンツ×ベージュコート

0
コート(クルチアーニ 銀座店)、Tシャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ピアス・ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

軽やかに整えられた上質シェアリングムートンで楽しむ、表情豊かなコート&ワイドパンツのベージュスタイル。繊細な濃淡を効かせたグレージュ小物使いでさらに洗練された印象へと導きましょう。

ベージュパンツの冬コーデ


【1】ジョルジオ アルマーニのベージュパンツ×黒ニットマント

黒なのにこんなに軽やか!洗練の「ニットマント」
マント・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

裾を軽快に仕上げた一枚仕立てのベージュパンツなので、足さばきがよく、歩くとドラマティックなシルエットを描くアイテムです。前立てにあしらわれたシルクサテンの直線的なラインは、表情を華やかに見せるだけでなく、全身をほっそり見せてくれる効果もあります。

【2】ブルネロ クチネリのベージュパンツ×柄コート

柄も無地も「グレージュ」なら上品に華やぐ
コート・ニット・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

世界的にグレージュ人気に火をつけたのがブルネロ クチネリ。でもその洗練の秘訣は、グレージュ一色を重ねているわけではなく、青みのグレーと黄みのベージュの合わせ方が絶妙で、全体の印象として絶妙なグレージュに仕上がっているというもの。今年らしいタータンチェックをモチーフに、モヘアの毛足がふんわりと立体感を生んで、スパンコールの輝きも華やかです。ベージュのパンツが目立たない分、迫力のシルエットで優雅に楽しみましょう。

【3】コーニッシュのベージュパンツ×ミモレ丈のノーカラーコート

アドーアのセットアップコート
コート(ADORE)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、 リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

シンプルなベージュパンツににはミモレ丈のノーカラーコートと、ジップアップ仕様の中綿入りのフード付きジレを組み合わせて。セパレートでの着用も可能なので、着回し力も優秀です。コートは、優れた保温性を誇るウールやヤク混のブレンド生地を使用。ジレもセットで着ると、抜群の保温性を発揮します!

【4】アリクアムのベージュパンツ×ブラウンぺたんこ靴

グレージュの温かみを後押しするまろやかなくすみイエロー
ジレ(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(VINCE 表参道店)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス・リング(showroomSESSION〈マリハ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

深みのあるベージュのパンツで、カジュアルなカーリーヘアのムートンジレ&ぺたんこ靴も大人っぽい雰囲気に。

【5】ブルネロ クチネリのベージュパンツ×ベージュパンプス

濃淡のグラデーションでメリハリのあるスタイルに
ニット(アパルトモン〈ドゥーズィエム クラス〉)、パンツ(ブルネロ クチネリ)、ストール(エルメス)、バッグ(フェンディ)、サングラス(スーパー バイ レトロフィーチャー)、靴(ニナ リッチ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレージュはコントラストをつけて着るよりも、洋服はあくまでもニュアンスカラー同士のグラデーションでまとめるのが基本です。パンツのベージュに合わせて靴もベージュで統一。

【6】ボスのベージュパンツ×ベージュジャケット

今季らしいキャメルのフランネル素材のスーツはスタイル美人も約束
ジャケット・パンツ・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、TASAKIのピアス・ネックレス・M/G TASAKI のリング(TASAKI)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとしたVノーカラーは、スタイルアップ効果抜群。深めのネックラインにあしらわれた艶やかなサテン素材や絶妙なウエスト位置のベージュパンツも、メリハリのあるシルエットを強調してくれます。

ベージュパンツと合わせたい靴


【1】マックスマーラのベージュパンツ×黒ハイヒール

軽やかなベージュカラーをていねいな仕立ての一着で
ジャケット・パンツ・ブラウス・サングラス・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

実際にまとって、動いたときのシルエットの美しさにうっとり。その秘密は、伸縮性のあるストレッチ入りのカシミヤ素材と、熟練した職人の手作業を取り入れて多くの時間を要したていねいな仕立てのベージュジャケット&ベージュパンツのスーツにあります。足元は女性らしいハイヒールでキマリです。

【2】ボリオリのベージュパンツ×黒パンプス

全身から品のよさがあふれるグレージュ〜オフ白の王道グラデーション配色
ジレ(ビームス ウィメン 渋谷〈シン〉)、アバティのニット・ボリオリのパンツ(コロネット)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、リング・バングル・ブレスレット(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレージュの艶やかなチベットラムファーのジレを主役に、ベージュのパンツ、黒パンプスで気品漂うハイトーン・グラデーションで洒脱に仕上げたきれいめカジュアル。

【3】ブラミンクのベージュパンツ×白の男靴

オフ白にベージュをていねいに重ねてトラッドなかっこよさを!
大判カシミヤストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、カシミヤニット・パンツ(ブラミンク)、ボールチェーン・ホワイトアゲートのペンダントトップ・右手中央のブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、右手のブレスレット・奥のダイヤモンド(ケイテン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

この冬、大活躍しそうなベージュのワイドパンツには、程よいフィット感のクルーネックセーターを、ぜひとも華やかな「白」で。靴もクラシックな白の男靴。清潔感のある大人のトラッドが完成します。

【4】マウリツィオ ペコラーロのベージュパンツ×黒靴

シルクの白い艶でマニッシュベージュに優雅さを印象づける
アニオナのカシミヤロングジレ・マウリツィオ ペコラーロのコーデュロイパンツ(三喜商事)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

この冬、流行のロングジレは、上質素材で洗練に差をつけましょう。インナーにも光沢のあるシルクブラウスを選び、着くずしすぎないことが重要。旬のカジュアルなベージュのパンツスタイルが一気に華やぐ。足元は黒の靴で落ち着きを演出するのがポイントです。

ベージュパンツとスニーカーのコーデ


【1】カレント エリオットのベージュパンツ×白スニーカー

洗練されたニュアンスをさらに高めるオペークホワイト
エキップモンのニット・カレント エリオットのパンツ(サザビーリーグ)、コート(ebure)、ペンダント・リング(ミミ GINZA SIX 店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

メランジュ調のグレージュニットからニュアンスホワイトをコートにつなげて、全身の明度をアップ。アルパカウールのシャギー生地で仕立てたオーバーサイズシルエットのコートで旬の空気感をまとえば、着映え力満点の着こなしがかないます。ボトムスはベージュのパンツ、足元は軽快な白のレザースニーカーで清潔感漂うスポーティーさをプラスしましょう。

【2】ロロ・ピアーナのベージュパンツ×白スニーカー

リズミカルな柄コートとふんわりファーで迫力という個性を演出
ニットコート・ブラウス・パンツ・ティペット・バッグ・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベビーカシミヤのジャカードニットコートは、グレージュトーンのシェブロン柄が着映えポイント。襟元にファーを配してリッチ感を強調しつつ、パンツはグレージュに近いベージュ、足元は白スニーカーで外してみましょう。テイストミックスで格上のセンスを香らせて。