冬の定番・白ブラウスのコーディネートをピックアップ。白ブラウスのきれいめな着こなしや白ブラウスと黒パンツのコーディネートなどのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

白ブラウスのきれいめコーデ


【1】ジョルジオ アルマーニの白ブラウス×黒ジャケット

ビジネススタイルにも最適な「ムートンコート」
コート・トップス・パンツ・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

こなれ感だけでなく、エレガントな雰囲気も備わっている白ブラウス。ジャケットに合わせて、クロップドパンツやフラット靴できれいめに仕上げる着こなしがおすすめです。

【2】ブルネロ クチネリの白ブラウス×グレージュベビーラムコート

グレージュのリュクスなオーラに包まれた極上のベビーラムコート
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ラグランスリーブが女性らしい丸みのあるショルダーラインのコートのインナーには、上品な白ブラウスをセレクト。胸元のスリットがおしゃれポイントになっています。

【3】ヴァレンティノの白ブラウス×パステルイエローコート

遠目にもシックに映える甘さを抑えたビターなパステルイエロー
ヴァレンティノのコート・ブラウス・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ネックレス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

主張しない白ブラウスには、まるでファーのような光沢のあるシャギーパイルを実現したまろやかなイエローコートを。裏地なしの一枚仕立てで、裾の両サイドを長くしたアシンメトリーヘムが軽快なモード感を演出します。

【4】レ・コパンの白ブラウス×淡いグレージュジレ

淡いグレージュの全身にオレンジ×黒の小物が大人の迫力を導いて
ジレ・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

淡いグレージュのロングジレは、着心地のいいカシミヤジャージー。同色の細身パンツを合わせれば、セットアップ風の着こなしが完成。インナーをハリのあるコットン100%の白ブラウスにすることで、緊張感が生まれ、よりシャープな印象になります。オレンジは、バッグの部分使いで、最小限にぴりっと効かせて! 

【5】ミカコ ナカムラの白ブラウス×パステル調シルクスカーフ

パステル調シルクスカーフ
コート(フェンディ ジャパン)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、スカーフ・バッグ(フェンディ ジャパン)、ピアス(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

白ブラウスは、華やかな場を訪れるときの定番。顔周りを明るく照らす、パウダーブルーのスカーフをネックレス代わりにひと巻きするとさらに◎。片方が長くなるように結ぶと、上半身をすっきり見せる効果もあります。

【6】ミカコ ナカムラの白ブラウス×イエロー靴

シルクのタイスカーフ
ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、スカート(wb)、バッグに巻いたスカーフ・バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

清楚な白のブラウスには、ロイヤルブルーのバッグやカナリアイエローの靴で楽しげに。バッグのハンドルには、ブルートーンのスカーフを巻いて、チャーミングなあしらいを添えましょう。

【7】ドゥロワーの白ブラウス×グリーンパンツ

見せ場であるそで口をじゃましない、ファーコートで優雅に
シルクのブラウス(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ファーコート(ステディ スタディ〈イヴ サロモン〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス(グローバルコーポレーション〈ミスイ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

深いグリーンの大人色パンツが、白のシルクのブラウスの甘さを程よく抑え、エレガントな印象に。

【8】ADOREの白ブラウス×ネイビーワイドパンツ

端正なネイビーにそろえ、セットアップ感覚のすっきり感を手に入れる
パンツ(ADORE)、カーディガン(三喜商事〈アリュード〉)、ブラウス(ADORE)、ミッレのピアス・ネックレス・ルーナのネックレス(チェルキ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

白ブラウスはボトムインして、ウエスト位置を明確に。パンツは太いベルト幅に白いボタンが印象的。深いタック入りで、ハイウエストに仕立てられたエレガントなデザインです。

【9】ヴァレンティノの白ブラウス×ゴールドウィッチ

印象を決めるのは上半身!清潔感と華やぎに大人の余裕をプラスして
ヴァレンティノのブラウス・ヴァレンティノ ガラヴァーニの眼鏡(ヴァレンティノ ジャパン)、時計・ブレスレット・リング(カルティエ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ボリュームある白のシルクブラウスは、ゆるりと結んだボウタイ、優雅な袖口など甘さの香るディテールに触発されて、穏やかな気持ちにしてくれます。

白ブラウスと黒パンツのコーデ


【1】ジョルジオ アルマーニの白ブラウス×黒パンツ

主役級の存在感で魅せる「シルクブラウス」
ブラウス・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

バルーンスリーブが空気をはらみ、動きに合わせて裾が揺れる優美な印象の白ブラウス。そのぶん、ボトルネックや手首に沿うカフ、細身の身幅で全体にメリハリをつけているため、スタイルがよく見えるのも、このブラウスの美点です。スウィングピアスが繊細な女らしさを盛り上げます。

【2】ディオールの白ブラウス×黒チェックパンツ

黒のコートならではのクラシカルな気品とレディなムードが漂って
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・ピアス(クリスチャンディオール〈ディオール〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

白のシアーブラウスのフェミニンさも、チェック柄パンツのマニッシュさも受け止めてくれる、ヴァージンウールのフェルト生地を使ったダブルブレストコートで、品よくまとめ上げる懐の深さが魅力のコーデです。凝った意匠のチェーン使いが特徴のキルティングバッグをポイントに。

【3】ヌメロ ヴェントゥーノの白ブラウス×黒クロップドパンツ

ジュエリーいらずの華やかさを演出するセンシュアルなレース使い
ジャケット・ブラウス・パンツ・バッグ(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、眼鏡(リエート〈バートン ペレイラ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年

レディライクな白のボウブラウスにクロップドパンツ、というデイリースタイルにもスモーキングジャケットは相性抜群。きちんと感と艶やかさの絶妙バランスで印象的なスタイルに仕上げましょう。

【4】フェンディの白ブラウス×黒パンツ

立ち去った後も美しい余韻を残すしなやかな女らしさ
ブラウス・パンツ・ストール・バッグ・ベルト・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役の白ブラウスはしっとりとしたシルク素材。ボウタイは後ろになびかせても、前で結んでもよい2WAYデザインです。袖口にはたっぷりのフリルをあしらって。きりっとした黒いパンツとピンヒールで闊歩する軽快なスタイリング。歩くたびに揺れ動く、袖口のフリルやボウタイが優美なフォルムを描き出します。

【5】ゴートの白ブラウス×黒ワイドパンツ

シンプルに徹した上下黒のノーブルな着こなしにスカーフが華を添える
パンツ(コロネット〈グレイジェイソン ウー〉)、コート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ゴート〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴ ジャパン〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(オンワードグローバルファッション〈マルベリー〉)、靴(ファビオ ルスコーニ六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役の黒パンツは落ち感のあるシルキーな素材ながら、センタープレス入りできりっとした雰囲気も。カシミヤのダブルフェースコートを軽やかにはおって。インを白のブラウスにすることで表情も華やかになります。

白ブラウスのオフィスコーデ


【1】リビアナ・コンティの白ブラウス×ベージュコート

女らしいモカグレージュに英国調チェックを添えて気品あふれるグラデーションを
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、手袋(アマン〈アルポ〉)、ピアス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

柄もグラデーションに味わいを生むので、白ブラウスはコートの襟元にさりげなくのぞかせて小粋に。スカートにはモカグレージュを合わせて、温もりのある女らしさを目指しましょう。こうして異なるニュアンスを合わせるときに、役に立つのが白。ブラウスを白にするだけで、さまざまな色がすっきりと整理され、絶妙なグラデーションに変わるから不思議です。

【2】ドルチェ&ガッバーナの白ブラウス×黒コート

一枚のコートの存在感がモノトーンの着こなしに唯一無二の輝きを授ける
コート・ブラウス・パンツ・バッグ『ディヴォーション バッグ』・ピアス・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

コートのフロントを開けて白ブラウスを強調。仕立てがいいからこそ、着こなす楽しみが広がるアウターを合わせるのが◎です。

【3】Theory luxeの白ブラウス×淡色ファーコート

上質カシミアだからこその発色の美しさを生かしてとびきりゴージャスに!
ロシアンセーブルのファー付きカシミヤコート(CHIE IMAI)、ブラウス(Theory luxe)、パンツ(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、ペンダントトップ・チェーン(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バッグ(マルベリージャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

白のブラウスに合わせたのは、淡いきれい色に使われる上質カシミヤ特有のなめらかな肌触りを、ふっくらとしたファーの感触とともに贅沢に味わえる至福のコートです。

【4】ヴェネッサ シュワードの白ブラウス×黒スカート

かしこまった席でも自信をもてるフェミニンなセットアップ・スタイル
ブラウス(ブルーベル・ジャパン〈ヴェネッサ シュワード〉)、ジャケット・スカート(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉)、ネックレス(フレッド)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ホワイトのハイネックブラウスは、白シャツにも似た、クリーンな印象が魅力です。ブラウスに合わせたツイードのセットアップは、フォーマルさもありつつ、リボンベルトやアシンメトリーな裾に遊びが光ります。コントラストが強いからこそ、ふんわりとしたミンクファーのバッグで優しげなオーラを。

【5】フェンディの白ブラウス×白パンツ

「ソックスブーツ」はボリュームスカートに合わせ足元にメリハリをプラス
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

黒ジャケットと白ブラウスを交互に配し、メリハリのリズムを強調するのがポイントのコーデ。ボトムには思いきりボリュームのあるフレアを! そして、トップスはシャープなテーラードできりっと引き締めます。

【6】リビアナ・コンティの白ブラウス×グレージャケット

テイストの違うゴールドで自由なミックスを楽しむ
ペンダント・ネックレス・リング・バングル・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ジャケット(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

飾らないデザインの白ブラウスには、辛口ゴールドのチェーンと甘いハートを、ボリューム感をそろえて重ねづけ。テイストにとらわれない自由さが、大人の余裕を感じさせます。