冬の定番・白コートのコーディネートをピックアップ。大人かわいい白コートの着こなしや白ロングコートのコーディネートのお手本などを一挙にご紹介します。

【目次】

大人かわいい白コートコーデ


【1】フェンディのファーポケット付き白コート×白パンツ

上品なケープコートにふっくらファーポケットがモダンな迫力を醸し出して
コート・パンツ・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

表が白に近いベージュのカシミヤダブルフェースのケープコートに、2種類のファーから選んだ、マルチカラーの大きなフォックスファーのポケットをあしらったコート。ファーのふっくらとした豊かな毛並みと明るい色彩がコートをかわいく華やかに見せてくれます。エレガントなケープをコンサバに見せない、モードなファーのあしらいもトップブランドならではの魅力です。

【2】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの白ジャケットコート×白ブラウス

大人の女性にふさわしい甘すぎない理想的なフレア
デニム・コート・シャツ・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フレアデニムの旬の抜け感を生かして、ラムファーの白ジャケットコートを先取りした着こなし。インは白のとろみブラウスで軽やかに。足元はエレガントなパンプスを選ぶと、クロップド丈の女らしい肌見せが引き立ちます。

【3】ロロ・ピアーナの白コート×白マフラー

カジュアルに自信が生まれる研ぎ澄まされた気品
コート・ニット・デニム・マフラー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

フードや大きなパッチポケットなど、一見ダッフルコートを連想させるかわいい白ジャケットコートも、ロロ・ピアーナは、ベビーカシミヤ100%×ダブルフェイス仕様でここまでリッチに格上げします。トラペーズ(台形)シルエットに入れたサイドスリットが優雅なラインを描くのも特徴です。

【4】ebureの白コート×白スニーカー

洗練されたニュアンスをさらに高めるオペークホワイト
エキップモンのニット・カレント エリオットのパンツ(サザビーリーグ)、コート(ebure)、ペンダント・リング(ミミ GINZA SIX 店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

メランジュ調のグレージュニットからニュアンスホワイトを白コートにつなげて、全身の明度をアップ。アルパカウールのシャギー生地で仕立てたオーバーサイズシルエットのコートで旬のかわいい空気感をまとえば、着映え力満点の着こなしが完成します。足元は軽快な白のレザースニーカーで清潔感漂うスポーティーさをプラス。

白ロングコートコーデ


【1】フォルテ フォルテの柄ロングコート×白ニット

久々にのんびりとした冬の昼下がり、最愛の本たちを抱えてお気に入りの喫茶店へ…
コート・ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、カゴバッグ(edit & co.〈レイコ ササキ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

美しい柄の白のロングコートや、カゴ作家が手がけたぷっくりとしたバッグ…。心ときめく最愛のものばかりを身につけたら、わくわくする気持ちまで高まります。

【2】シャネルの白ロングコート×白プルオーバー

フルレングスのコートでたちまち、今年の顔に!
ウールカシミヤのコート・ネックレス付きプルオーバー・バッグ(シャネル) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ラグランスリーブで身幅も、丈もゆとりがあるけれど素材が軽く、洗練されたボリュームシルエットのロングコート。思いきってフルレングスを選ぶのが正解です。ラグジュアリーな白でまとめれば、冬の街に映える美しい人に。ニットの襟ぐりにメタルのネックレスがついて、顔周りにモダンな艶を差します。

人気ブランドの白コートコーデ


【1】ドルチェ&ガッバーナの黒白のノーカラーコート×黒タートルネックニット

クラシカルな黒×白のノーカラーコートにこなれた甘さを添えて
バッグ『ディヴォーション バッグ』・コート・ニット・パンツ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

クールな黒と白のモノトーンのコートには、繊細なピンクのバッグを投入。リッチなディテールゆえに洋服に負けない迫力を発揮してくれます。おしゃれの経験を重ねた大人の美意識を思わせて。

【2】ルイ・ヴィトンの白コート×黒パンツ

ルイ・ヴィトンのスポーティケープ
コート・ニット・パンツ・サングラス・リング・バングル・バッグ(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ひらりと翻るドラマティックなシルエットを可能にする、カシミヤの一枚仕立て白ケープコート。タートルネックニットが一体化したダブルジップデザインがスポーティーな印象です。前を留めるストラップと、裏地のヘムラインに施されたレザー使いがリッチなアクセントに。リブ編みニットと、細身パンツの黒で、ケープのまろやかなミルクティーカラーを引き立てましょう。

【3】フェンディの白コート×白パンツ

バニラ色のニュアンスが贅沢素材のもつ幸福感を女らしく後押し!
ファー付きダブルフェースカシミヤのコート・カシミヤのニット・パンツ・ピアス・バッグ(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

無意識のうちに撫でてしまう、フォックスファーのふわふわ、すべすべの肌触り、そしてとろけるようなカシミヤの白コート。極上素材同士の組み合わせが、はおるたびにこのうえない高揚感をもたらしてくれます。上品なバニラグラデーションの装いは、ピュアな白パンツでクリアに。そしてグレージュのバッグでシャープさも添えましょう。

【4】ロロ・ピアーナの白コート×白ストール

ハイスペックな白をスポーティにまとめてこなれた着こなしに!
カシミヤのニットブルゾン・カシミヤのストール・コットンストレッチのパンツ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、バングル・時計(ブルガリ ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ワッフルのような編み目から生まれるニットの陰影が、カシミヤの優しい質感を引き立てる白コート。重ねた白が絶妙なトーンで、異素材の組み合わせから表情も豊かになります。スポーティーな小物選びも、バッグだけはトップハンドルでエレガントに。

【5】エンポリオ アルマーニの白コート×ファー

淡色コーディネートでもぼんやり見えないスタイルアップを実現!
カシミヤのコート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ウールのニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スヌード(ステディ スタディ〈イヴ サロモン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

美シルエットが映える白のダブルフェースのコート。オフ白の細見えIラインにより、淡色が引き締まり、濃色スヌードも高い位置でスタイルアップ効果が狙えます。

大人の白コートコーデ


【1】白コート×グッチのバッグ

冬にこそ映える明るく淡い色の着こなしにコクを出してくれる
バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

上品な白コート、白トップスのホワイトコーデ。バッグには、優雅なハイトーンの着こなしをぴりりと引き締めつつ、大人の迫力を演出してくれるものを選びましょう。

【2】ポールカの白コート×グレンチェックワンピース

知的な女性を連想させるグレンチェック×白で上品に
コート・ワンピース・バッグ(アオイ〈ポールカ〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリーモーリス〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

エレガントなボディーラインを強調する細身ワンピースには、体をすっぽりと包み込むボリュームのある白コート。ふんわり肩がけするのがポイントです。