【目次】

グレージャケットを着回す6つのポイント


 

グレージャケットはベーシックカラーなので、基本的に着回ししやすいのがポイントです。コーディネートの振り幅を広げるために、下記のポイントを活用してみませんか。

【1】「トップス」でジャケットの印象を変える

【2】「パンツ」でスタイリッシュに導いて

【3】「スカート」で甘すぎない大人フェミニンを堪能

【4】「ワンピース」スタイルに洗練感を宿す

【5】ジーンズやチノパンを合わせた「カジュアル」コーデ

【6】ビジネスの場で活用したい「きれいめ」コーデ

【1】「トップス」でジャケットの印象を変える


合わせるトップスによって、グレージャケットのきちんと感を高められたり、またはカジュアルダウンが叶います。基本的にどんなアイテムともマッチしますが、参考にしやすい4つのトップスを合わせたコーディネートをピックアップ。

まずはシンプルな「カットソー」でこなれた雰囲気に

 

きりっとかっこいいグレージャケットに、気負いないムードのカットソーを合わせると適度にカジュアルダウンでき、こなれたバランスへと着地します。見本のような白Tシャツなら、今っぽいテイストミックスが叶いますね。

「シャツ」で大人の品格を宿す

 

ジャケットと相思相愛なアイテムと言えば、やっぱりシャツ。正統派で着こなすのも素敵ですが、チャンキーチェーンネックレスやデニムパンツ、そして鮮やかなカラー小物で着飾るのも粋です。

「タートルネックトップス」で親しみやすさを加味

 

グレーは都会的で、洗練された印象をもたらします。見本のようなクリーンな白スカート合わせのシャープな着こなしも、タートルネックニットを合わせることで親近感を加えることができます。

「ロゴT」で遊び心を加えて

 

生真面目なグレージャケットに、あえて真逆なテイストのロゴTシャツを合わせるのもおすすめ。遊び心のある組み合わせを、フロントスリットのデニムスカートとロングブーツがその完成度をアップさせます。

【2】「パンツ」でスタイリッシュに導いて


端正な佇まいのグレージャケットに、パンツを合わせることでスタイリッシュな雰囲気が際立ちます。ベーシックカラーのパンツならオフィススタイルとして、カラーや柄パンツと合わせればオフの日の自由なスタイルが楽しめます。

「白パンツ」合わせでグレーの知的さを引き立てる

 

グレーと白は、組み合わせることで相乗効果を発揮して、知的なムードを演出することができます。インナーとシューズには黒をセレクトして、ほんのり引き締め。顔周りの洒落感を引き上げる淡色フレームのアイグラスも、インテリジェンスな表情を際立てています。

「グレーパンツ」で垢抜けさせて

 

グレーのジャケットに、同色のパンツを合わせたオールグレースタイル。スタイリッシュさが加速し、シティに馴染む装いに着地します。小物はパステルイエローのバッグとホワイトパンプスを選び、ニュアンスカラーでまとめるとより今っぽい出で立ちに。

「黒レザーパンツ」でモノトーンスタイルをアップデート

 

グレージャケット×黒パンツは定番の組み合わせですが、ボトムスの素材をレザーに置き換えることでたちまち鮮度がアップします。肩にさらっとひっかけた明度の高いグレーニットも、こなれ見えに貢献。

「カラーパンツ」で大人の色遊びを堪能

 

スタイリッシュなグレーに、高貴なパープル。そんな品の良い色合わせで、大人ならではのカラースタイルを味わうことができます。ボトムスとバッグが目を引くカラーなので、インナーはごくシンプルな白Tで引き算。

「チェックパンツ」でクラシカルな着こなしへ

 

きちんと感のあるグレージャケットに、白黒の千鳥格子パンツを合わせたクラシックなムード漂う映える着こなし。全身をモノトーンでまとめつつ、大ぶりのゴールドピアスで華やぎを添えるとgoodバランスです。

【3】「スカート」で甘すぎない大人フェミニンを堪能


スカートはフェミニンスタイルの代表的アイテムですが、グレージャケットを組み合わせることで甘さが中和され、大人らしさを添えることができます。参考にしたい、5つのスカートスタイルをピックアップ。

「白スカート」で透明感を意識

 

明るいグレーのジャケットに、白のスカートとトップスを合わせれば、透明感が際立って美人見えが叶います。同じ白の上下でも、トップスはレース、ボトムスはサテンと異素材をミックスするとぼんやりしません。

「グレースカート」でニュアンスたっぷりに

 

ジャケット、トップス、スカートを全てグレーで統一したスタイル。足元の白は明るいグレーに馴染む、淡いクリームホワイトをセレクト。旬のニュアンスカラーコーディネートですが、グレーを基調とすることでスタイリッシュさも語れます。

「カラースカート」をポイントに着映えを狙って

 

クールさも持ちあわせたグレーなので、カラーアイテムを取り入れても派手になりすぎる心配がありません。ツヤ素材がレディな雰囲気のパープルスカートは、タイトシルエットを選ぶことでジャケットのきちんと感をキープ。

「チェックスカート」で華やかさアップ

 

高揚感を授けてくれる華やかなチェックスカートを合わせれば、ジャケットスタイルにマンネリすることがありません。見本のようなロゴTシャツと、鮮やかグリーンのチェックスカートなら絵になるスタイルが叶います。

「レオパードスカート」でハンサムレディに導く

 

かっこよさ漂う濃いめグレーのジャケットに、ブラウンのレオパードスカートを合わせてハンサムとレディを両立。赤の差し色を小気味よく配置して、さらなるメリハリを授けています。

【4】「ワンピース」スタイルに洗練感を宿す


ワンピーススタイルに大人の品格を宿すなら、グレージャケットの出番です。知的なムードがプラスされ、洗練された装いが出来上がります。

リラックスなニットワンピースを引き締める

 

穏やかなベージュ、そしてぬくもりのあるニット素材というリラックスなワンピースに、グレーのジャケットを合わせてシルエットを引き締め。中間色同士の色合わせは、首元にあしらったスカーフや、黒、キャメルの小物でメリハリを授けています。

甘いワンピースに大人らしさを加えて

 

甘さたっぷりな、レースと花柄の切り替えワンピース。そんなアイテムにはグレージャケットを組み合わせることで糖度が和らぎ、ちょうど良いフェミニンバランスが叶います。淡い配色なので、足元の黒ブーツで抑揚をプラス。

シアーワンピースを挟んでセンスを光らせる

 

グレージャケットに白トップス、そしてデニムパンツのオーソドックスな組み合わせは、間にシアー素材の白ワンピースを挟みつつ、ベージュの太ベルトでウエストマークすることでマンネリを打破。デニムの色は、白とコントラストがつきすぎないアイスブルーをセレクトすると装いに一体感が生まれます。

【5】ジーンズやチノパンを合わせた「カジュアル」コーデ


正統派なグレージャケットは、ジーンズやチノパンなどのアイテムと組み合わせ、カジュアルコーディネートとしても楽しみたいです。きれいめ×カジュアルの二つの要素が組み合わせれば、こなれた雰囲気に。

定番カジュアルにジャケットを足すだけで垢抜け

 

白T、ブルーデニム、そしてスニーカーの定番カジュアルスタイルは、グレーのジャケットを組み合わせるだけでムードが一変します。旬のテイストミックスを楽しむなら、まずはこんな着こなしからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

デニムでカジュアルダウンした引き算コーディネート

 

端正なアイテムでトラッドにまとめた着こなしを、デニムパンツを使って適度にカジュアルダウン。きちんとまとめすぎない外しテクが、こなれ感に繋がります。デニムの裾から覗く白ソックスが、プレッピーなエッセンスをプラス。

モノトーンでまとめてきれいめカジュアルに

 

グレージャケットと黒パンツの凛とした着こなしを、白Tシャツとスニーカーを使ってカジュアルミックスに。ぱきっとシャープな白なので、きちんと感は損いません。

チノパンで気負いなさを演出して

 

少し身体が泳ぐサイズで、リラックス感を演出できるグレーのジャケット。そこにベージュのチノパンとキャンバス白スニーカーを合わせ、肩肘張らない理想のバランスを実現しています。

スウェット×スポーツサンダルでアスレジャーミックスに

 

レイドバックなムードたっぷりなスウェットパンツとスポーツサンダルを合わせ、グレージャケットの新たな一面を味わったスタイル。色味の異なるグレー同士のインナーには、爽やかなライトブルーを選んでクリーンに導いています。

【6】ビジネスの場で活用したい「きれいめ」コーデ


やはりグレージャケットは、ビジネスの場で大いに活用していきたいです。洗練された佇まいで、好印象なきれいめスタイルを味わってみてください。

トーンを揃えたカーキパンツで柔らかく

 

ぱりっとした白シャツにグレージャケット、そしてカーキパンツという大人らしい配色ですが、全体が淡い色で統一されているので優しい雰囲気も醸せます。チェーンが太めのゴールドネックレスで、お洒落なエッセンスを。

モノトーンまとめできりっとさせる

 

黒のトップスとパンツ、シューズを合わせ、グレージャケットの端正さを引き立てた着こなし。ジャケットはほんのりベージュが混ざったような色味なので、ニュアンスが加わり今っぽく垢抜けます。

颯爽と歩く姿が絵になるきちんとスタイル

 

ちょうどよいサイズのグレージャケットと、きれいめなストレート黒パンツを合わせれば、すっと縦に長いラインが描けるので凛とした佇まいに。インナーは肌に馴染むベージュをセレクトして、抜け感バランスを整えています。

プリーツスカートでエレガントにきめる

 

ジャケットとスカートのセットアップスタイルは、グレーを選ぶことでスタイリッシュさが際立ちます。きゅっとウエストが絞られたデザインのジャケット、そして表情たっぷりのプリーツスカートで優雅さを体現。グレーを引き立てる、白の小物がアクセントに。

クロップドデニムで作るオフィスカジュアル

 

パウダーブルーのシャツとグレージャケットの組み合わせに、ブルーデニムパンツを合わせてオフィスカジュアルをメイク。ストレート×クロップド丈のデニムを選ぶのが、きちんと感をキープするコツです。

PHOTO :
Getty Images