トリートメントをしっかりしても、ツヤ髪を手に入れるのは至難の業。「髪のうねりやクセをブローで解消すれば、ツヤ髪は簡単に手に入ります」と断言するのは、sui店長のヘアデザイナー、坂口勝俊さん。

「ドライヤーは、髪の表面ではなく根元にあててください。髪の根元に集中して熱を加えれば、うねりやクセが出にくくなり、スタイリングしやすい髪に整います」(坂口さん)

どうしても思い通りのスタイルにならない…というお悩みも、これで解決できるかも!?

【お悩み】うねって広がる髪をまとまりやすいツヤ髪にしたい

ミディアム代表:秋山 舞さん(40歳/主婦)の悩みを解決するには…

■髪型:ツヤを出しやすいように、レイヤーをあまり入れないのがポイント

完成
サイド
バック

秋山さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

最近になってうねりが出て、まとまりにくくなったとおっしゃる秋山さん。

「髪が太く、ボリュームもあるので、いったん広がってしまうと収拾がつかなくなる髪質の場合、髪の重みでタイトにまとまるように、あまりレイヤーを入れないグラデーションカットがおすすめ。このスタイルはツヤを出しやすく、髪の根元が見えにくいので、白髪が目立たないメリットがあります」(坂口さん)

■スタイリング:髪をかき上げるようにブローし、根元からアイロンで髪を伸ばす

髪に長さがある分、根元をしっかり立ち上げておかないと、髪の重みですぐにトップがペタ~ッとしてしまいます。「根元からしっかり立ち上がるように、ドライヤーを垂直にあててブローするのがポイントです」(坂口さん)

スタイリング前

■1:分け目とは逆方向、根元から髪を立ち上げるようにブロー

いつもの分け目とは逆方向から、分け目をまたぐように毛ぐしでとかしながらドライヤーをあてる。

■2:根元近くからカールアイロンで毛束をはさみ、髪をまっすぐに伸ばす

時間があれば内側の髪からきちんとアイロンで髪を伸ばしておく。

■3:毛先だけは外巻きにする

根元から真っ直ぐに伸ばしたら、毛先だけは外巻きにする。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■つやを出すにはレイヤーを入れすぎない
  2. ■アイロンで根元からきちんと伸ばして、うねりを正す
  3. ■真っ直ぐ伸ばしっぱなしにせず、毛先をカールさせて軽さを出す

「アイロンで髪を伸ばすとき、時間がなければ髪の表面だけでも構いませんが、内側の髪からしっかり伸ばしておくと、スタイルの持ちが違います。根元ギリギリからアイロンをあてたいのですが、火傷しないように十分気をつけてください」(坂口さん)

sui店長 ヘアデザイナー・坂口勝俊さん。高校3年までバレーボールの選手として活躍。「ここ最近、運動から遠ざかっているので、ジムへ行こうか迷っています」

問い合わせ先

  • sui
  • 住所/東京都渋谷区神宮前4-1-20神宮前フォレストビル3F
  • TEL:03-6455-5802
  • 営業時間:月・水12:00~21:00、木10:00~19:00、金13:00~22:00、土10:00~20:00、日10:00~19:00
  • 定休日:火曜
エレガントながらモダンでくつろげる空間。気持ちのいい雰囲気の中、個性を引き出してくれる。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑