定期的にトリートメントをしたり、オイル系のスタイリング剤をなじませても、抑えきれないのがパサつきと広がり。そんな悩める大人たちに、XELHA店長・西本 悠さんは、「ブローの方法を見直すといいかもしれません」とアドバイス。

西本さんによれば、意外と誤ったブローをしている女性が多いのだそうです。「ドライヤーが重いせいかもしれませんが、下から上方向に風を当てている方が多いですね。キューティクルの向きとは真逆なので髪が傷みやすく、余計に乾燥が進んでしまいます」(西本さん)

基本に立ち返って、正しいブローテクを教えていただきましょう!

【お悩み】髪が広がってまとまりにくい!

ミディアム代表:藤井奈々さん(45歳/会社員)のお悩みを解消するには…

■髪型:全体的に重さを残し、顔周りにだけレイヤーを入れて華やかさを演出

完成
サイド
バック

藤井さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★

髪が細く、うるおいが足りない藤井さんの髪。

「レイヤーを入れすぎるとボリュームが出にくくなるので、全体的に重めに仕上げています。菱形のシルエットをしっかり出すことで、軽さと華やかさが出るようにしています。このスタイルは生え際が見えないので、白髪が気になる方にもおすすめです」(西本さん)

■スタイリング:ドライヤーを上から下にあててツヤ髪に仕上げる!

ドライヤーを上から当てるメリットは、髪にツヤを出すだけではありません。

「どなたにも生えグセがあり、せっかくスタイリングしても、クセのある部分だけ不自然な分け目ができてしまうことがあります。そんなケースでもドライヤーを真上からきちんとあてるだけで、そんな生えグセも抑え込めるんですよ」(西本さん)

スタイリング前

■1:ドライヤーを真上からあてながらキューティクルの方向を整える

ドライヤーの送風口を持ってブローすると、重たいドライヤーも扱いやすくなるそう。

■2:生えグセのある部分は、ドライヤーを当てながらクシでとかしつける

このときもドライヤーは真上から。なで付けたい方向にクシでとかすこと。

■3:ブラシで生え際から立ち上げるようにブロー

生えグセを整えてから、前髪の立ち上がりをつくる。このときもドライヤーは真上からあてること。
XELHA店長 西本悠さん。旅行が大好きで、最近は韓国へよく出かけるとか。「国内旅行感覚で、気軽に行けるのがいいですね」

問い合わせ先

  • XELHA
  • 住所/東京都中央区銀座4-8-4 三原ビル2F
  • TEL:03-6264-4136
  • 営業時間/月曜:11:00~20:00、水・金曜:13:00~22:00、木曜:12:00~21:00、土・祝日:10:00~19:00、日曜:10:00~18:00
  • 休日/火曜、第2・4月曜
マヤ語で水の集まる場所という意味の「XELHA」。カットデザインに力を入れているAFLOATグループの別ブランド

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑