大人女性のコート&ジャケットの種類とおしゃれコーデをまとめました。定番からトレンドまで、コート選びと日々のコーデの参考に、ぜひお役立てください。

【目次】

レディース冬コートの種類一覧


【1】ニットコート

【1】ニットコート
ニットコート・ブラウス・パンツ・ティペット・バッグ・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベビーカシミヤのジャカードニットコートは、グレージュトーンのシェブロン柄が着映えポイントです。襟元にファーを配してリッチ感を強調しつつ、足元はスニーカーで外して。テイストミックスで格上のセンスを香らせましょう。

ニットコート(コロネット〈アバティ〉)、ニット(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、カシミヤのストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

黄みグレージュのコートを主役に、赤みのモカグレージュや、辛口のグレーを加えた上級センスの着こなし。そんな多色使いも、ブロンズ小物の輝きで華やかにまとまります。

【2】トレンチコート

【2】トレンチコート
ワンピース(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、コート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のワンピースはメンズライクなピンストライプ。トップスは縦、スカートはバイヤス風に配した柄が、視覚効果でメリハリ感をアピールしましょう。トレンチコートは袖を通さず、さりげなくはおるのが気分。コンサバにならないよう、旬の小物をチョイスするのが、今年らしさのカギになります。

コート・ニット・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

程よく肉厚のベビーキャメル生地で仕立てたダブルブレストのトレンチコートは、自信に満ちあふれる女性にこそ似合う存在感のある佇い。やわらかなキャメルベージュカラーが全身をブライトアップして、表情や雰囲気まで明るく見せてくれます。急な雨などに対応する撥水加工を施して、機能性を高めたつくりも魅力です。

トレンチコート・ハイネックのニット・パンツ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力。トラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技! 肩を覆うほど広いラペルや、ゆったりとした袖などトレンドを重ねることで、ベージュ×黒の王道の洗練配色が、ひときわ新鮮に映ります。

スカート・トレンチコート・ヒョウ柄ワンピース・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、タイツ/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

トレンチコートにひざ下スカートのエターナルな着こなしが、今のムードに昇華されているのは、スエードが醸し出すこなれ感と奥行きゆえ。色もデザインも極限までそぎ落としたスカートだからこそ、極上の素材のもつ表情が生きます。

【3】ガウンコート

【3】ガウンコート
コート(オルドスファッション ジャパン)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

表がグレージュ、裏がグレーのダブルフェースのカシミヤガウンコートを主役に。へアカーフのバッグ、パテントのキルト付きフラットシューズの小物は黒で統一して引き締めつつ、トラッド感をプラスしましょう。

コート(サン・フレール〈エルマンノエルマンノ シェルヴィーノ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、手袋(ebure〈GALA GLOVES〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

キャメルベージュと黒のミックスツイードで旬のグレンチェック柄を浮かび上がらせたガウンコート。毛足の長いフォックスファーを白×黒×茶のミックスカラーで用いた個性的なポケットが、アクセサリーいらずの華やかさをアピール。しなやかなシルエットは、共布のベルトでウエストマークしてもすっきりと決まります。存在感十分のコートを、端正なフォルムのバッグや、シンプルなパンプスでキレ味よくまとめましょう。

コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ニット(Theory luxe)(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)、バッグ(グッチ ジャパン)、 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グラデーションカラーで品格あふれる装いに。カシミヤストールをガウンコートの襟元にキュッと収めて、仕上げの小物もベージュで統一する上級着こなしです。

【4】ノーカラーコート

【4】ノーカラーコート
パンツ(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、コート(エンフォルド)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ファーストール(ADORE)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

コートのボリューム感に負けないボトムの存在感で、流れるような優雅な印象に。質感が微妙に異なる淡いグレーのグラデーションがプレシャス好みです。

ノーカラーコート・タートルニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、グローブ(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

「ピンクサンド」という名のついたスモーキーでやや青みがかった大人のピンクが、カシミヤのショートコートとニットを優しく彩ります。オフショルダーでゆったりとしたシルエットが優雅なコートは、便利なダブルジップと、かわいいファートリミングが付いて、リッチなカジュアル感が楽しめる一着です。

コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、プルオーバー(Theory luxe)、パンツ(エンフォルド)、ストール(ボーダレス〈べグ アンドコー〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

冷気が立ちこめる日は、ストールを使って、ノーカラーコートをフーデッドに。カジュアルなスタイルでも、ブラック小物でエレガントな女性らしさをキープしましょう。

コート(ADORE)・ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、 リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミモレ丈のノーカラーコートと、ジップアップ仕様の、中綿入りのフード付きジレを組み合わせた一着。セパレートでの着用も可能なので、着回し力も優秀です。コートは、優れた保温性を誇るウールやヤク混のブレンド生地を使用。ジレもセットで着ると、抜群の保温性を発揮します。

【5】ムートンコート

【5】ムートンコート
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、コート(ebure)、ニット(オールウェイズ〈M・fil〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ロンハーマン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

潔くインナーをⅠラインでシックに締めれば、ムートンコートの存在が際立って、海外セレブのようなこなれ感が漂います。スティックパンツはおなか周りがすっきり見えるウールストレッチのノーベルトタイプ。形状記憶のセンターシームで、すらりとしたレッグラインを実現してくれます。

コート(CHIE IMAI)、ニット(スリードッツ青山店)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、グローブ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ニュアンスのあるグレーに染め上げた上質なムートンコートは、知的な優しさを備えた大人にふさわしい一着。わずかにトーンの異なる、グレーのみを丁寧に重ねたワントーンコーディネートが、優雅な女らしさを強調。全体をなじませた穏やかなグラデーションだから、存在感のあるムートンコートも、軽やかな印象に仕上がります。

コート(VINCE 表参道店)、ニット(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

落ち着きのあるグレージュと旬のオーバーサイズ感で、たちまちこなれて見えるムートンコート。ルージュのようなブラウン系レッドとのメリハリに華やぎが感じられます。

コート(ロンハーマン〈カール ドノヒュー〉)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、時計(オメガお客様センター)、ソックス(ドゥロワー 日本橋店〈ブルー フォレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

濃いめグレージュのムートンコートは、幸福感で包み込むような優しい風合い。それでいて軽く、フォルムが美しく、スマートな印象を与えてくれる秀逸な一着です。ノーストレスのジョガーパンツを合わせ、快適に。

【6】ケープ

【6】ケープ
コート・ニット・パンツ・サングラス・リング・バングル・バッグ(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ひらりと翻るドラマティックなシルエットを可能にする、カシミヤの一枚仕立てケープ。タートルネックニットが一体化したダブルジップデザインがスポーティーな印象。前を留めるストラップと、裏地のヘムラインに施されたレザー使いがリッチなアクセントになってくれます。リブ編みニットと、細身パンツの黒で、ケープのまろやかなミルクティーカラーを引き立てましょう。

コート・パンツ・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

表がベージュのカシミヤダブルフェースのケープコートに、2種類のファーから選んだ、マルチカラーの大きなフォックスファーのポケットをあしらったもの。ファーのふっくらとした豊かな毛並みと明るい色彩で、アクセサリーいらずの華やかさが。エレガントなケープをコンサバに見せない、モードなファーのあしらいもトップブランドならではの魅力です。

ケープ・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

肩からすっと落ちるシルエットですっきりとした着やせ効果を狙えるケープ。後ろ姿では、体の動きに合わせてプリーツから白が見え隠れし、優雅な佇いを演出してくれます。

【7】マント

【7】マント
マント・ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(アオイ〈マントゥ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

グレイッシュな冬空の下、ひときわエレガントな存在感を放つバーガンディのマント。全身をワントーンでまとめても野暮ったくならずキレのよさがかなうのは、肩からさらりとかけるだけで、体になじむような美しいフォルムを生むマントのおかげ。歩を進めるたび風をはらみ、気負いのない凛々しさを放ちましょう。

バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

濃厚だけれど、決して下品にはならないバランスが絶妙なバッグ。優雅なハイトーンの着こなしをぴりりと引き締めつつ、大人の迫力を演出しましょう。

【8】ダッフルコート

【8】ダッフルコート
ニット(ウィム ガゼット 青山店〈アルダニー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、コート(ブラミンク)、デニム(ヤコブコーエン GINZA SIX)、手袋(キートン)、ピアス(ザ・ショーケース GINZA SIX店〈シェイスビー〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ダッフルコートのラフな雰囲気も、グレージュのニットとストールが醸し出すしなやかな上品さと組み合わせれば、大人の余裕あふれる着こなしが実現。ホワイトデニムがリッチな抜け感づくりのポイントになります。

コート(モンクレール ジャパン)、デニム(Theory〈JBRAND for Theory〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

フォックスファーのトリミングが分量感たっぷりに配されたダウンベストのライナーに、ダッフルコートをレイヤード。今季豊富な、付属のライナーにファーが付いたアイテムも、コンテンポラリーにファーを楽しむ選択肢のひとつです。シンプルな王道アウターにも、ハッとさせるドラマティック感が生まれます。

【9】レザーコート

【9】レザーコート
コート・スカート(ザロウ)、ブラウス(ラルフ ローレン)、バッグ・靴(トッズ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

温もりを感じるベージュ系のグレージュコートを主役にするときは、ぼやけた印象にならないように、小物で濃淡をしっかりつけて。上質なレザーコートの光沢感を生かし、小物はマットなクロコダイルを選ぶのが正解です。

【10】ラップコート

【10】ラップコート
コート・ニット ・パンツ・バッグ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

顔周りをすっきりとシャープに見せるネックラインと、包み込むようなシルエットが着物を思わせるラップコート。カシミヤのダブルフェース素材が体になじみ、軽くはおるだけで、たおやかな女性らしさを演出してくれます。コクのあるキャメルになじむ、ブラウン系のトーンでまとめてシックに。ニットの柔和な白で抜け感をつくって、軽快に仕上げましょう。

コート・素材のスカート・シルクのニット・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ニュアンスのある上品なテラコッタレッドのカシミヤコート。裏表がないダブルフェースだから、縁の始末が目立つラップコートでは、その上質感が極まります。幅広のハーフベルトで、女らしくウエストマークしても、ライニングを施す必要がないため、もたつくことなく、すっきりしたシルエットに仕上がります。

【11】ロングコート

【11】ロングコート
ニット(カオス表参道〈カオス〉)、コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

トマトレッドのウール生地をたっぷり使ったビッグシルエットのコートを、黒一色のスリムな着こなしに合わせたら…、コントラストの美しさに、ドキッとします。極細18ゲージウールで編み上げたニットは、肌に吸い付くようななめらかさが魅力です。

ヴァレンティノのコート・ワンピース・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、タイツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ヴァレンティノのオートクチュールのアトリエでデザインされたコートは、素材と色の選び、パターン、デザイン…すべてに卓越したセンスが宿る一着。アンゴラ混ウールのなめらかな質感と、紫みを含んだ艶のあるピンクが、まさに主役級の華やかさを発揮します。ボタンを留めて、縦方向のシームが強調するスレンダーなシルエットを堪能。スタッズ使いのバッグと靴でポップな遊び心を加えましょう。

エストネーションのコート・ア ジョリのバッグ(エストネーション)、ニット(ビームス ハウス 丸の内〈ユリ・パーク〉)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

裾にかけてAラインに広がるロング丈のコートは、動くたび、美しく豊かなニュアンスを放ちます。優しいトーンから生まれる、こんなさりげないリッチ感こそ、「グレージュ・カジュアル」の本領です。

【12】チェスターコート

【12】チェスターコート
コート・ニット(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(オンワード樫山/R〈ペリーコ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ダブルラペルが特徴的なメンズライクなコートなのに、どこか可憐で女らしいのは、襟元に配した異素材ミックスのせい。フワフワのループツイード×ベロア素材が、地厚ながら軽量ウールの黒に華やぎを与えてくれます。

カシミヤのコート・ハイネックのカットソー・パンツ・バッグ・ブローチ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

キャリアの冬アウターとして欠かせないカシミヤのチェスターコートも、オフショルダーのややリラックス感のあるフォルムにアップデート。ニットのように軽くしなやかなカシミヤ素材なので、細身ながら、絶妙なメリハリのある美シルエットに。新たなベーシックカラーのカーキも、上品な質感で、くだけすぎない印象に仕上がります。

ウールストレッチのコート・スカート・カシミヤのカーディガン・ベルト・黒×ベージュのバイカラーのバッグ・パンプス(コロネット〈ニナリッチ〉)、ピアス(コロネット〈アントニーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

凛として知的な佇いが人気のチェスターコートが、ゆったりとしたシルエットで断然、今年らしい雰囲気に。この美しくて程よいボリューム感は、後ろ身ごろにあしらわれた構築的なカッティングによるもので、後ろ姿でも魅せる一着です。カシュクール風にウエストマークしたカシミヤカーディガンが、まろやかな女らしさを添えてくれます。

コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(トラデュイール)、スカート(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

陰影を描く太畝ヘリンボーンの織り地が、絶妙なグレージュ感を印象づけるチェスターコートを主役に。ニット&バッグで投入したカーキ系グリーンとも相性抜群です。トラッド調の着こなしを、キャメルのスエードブーツが盛り上げてくれます。

エス マックスマーラのコート・ニット・ウィークエンド マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ピアス(バーニーズニューヨーク〈ヴィオリナ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ピュアな白を生かしたグレージュワントーンは、大人世代にとっては、もはやお手のもの。今年なら、淡いトーンはくずさずに、ほんの少し色で変化を加えるのが気分です。例えば、アイシーな水色のニット。シンプルな薄軽チェスターコートがフレッシュによみがえります! 

エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・サングラス(マックスマーラ ジャパン)、パンツ(GALERIEVIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、バッグ(トリー バーチ ジャパン)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

肌なじみのいいライトグレージュのニットは、肩の部分にボタンが施されたデザインです。同系色のスティックパンツを合わせ、縦ラインをつなげたら、マリーゴールドのチェスターコートをサッとはおって颯爽と。

レディースジャケットの種類と名称


【1】レザージャケット

【1】レザージャケット
ジャケット(リビアナ・コンティ)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ウィークエンド マックスマーラ)、その他/スタイリスト私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

鮮やかなグリーンもたっぷりとした分量感も今年らしい、ウィークエンド マックスマーラのパンツで華やぎスタイルをアップデート。ボリュームボトムをバランスよく見せる秘訣は、ウエストを意識させること。トラデュイールの黒タートルをインにし、リビアナ・コンティの黒レザーのショート丈ブルゾンをはおってコントラストをつけると、理想のメリハリが生まれます。

【2】ノーカラージャケット

【2】ノーカラージャケット
ジャケット・パンツ・シャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキ ョウ)、ネックレス(ボン マジック サロン〈ボン マジック〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

極上のシルクとウールを高密度で織ることで生まれた、艶やかな素材が特徴のセットアップ。たっぷりしたパンツが横から見るとすっきり映るのも、この素材が生み出す構築的なシルエットの賜物です。

【3】ムートンファージャケット

【3】ムートンファージャケット
カシミヤパンツ・ムートンファージャケット・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

Aラインシルエットに愛らしさが漂う手の込んだシアリングファーのムートンジャケットに、ワイドシルエットに大人の余裕が香るベビーカシミヤニットパンツを合わせて。スニーカーまで美しいホワイトでまとめた装いに、グレージュバッグのシックな差し色が映えます。

【4】ニットジャケット

【4】ニットジャケット
ジャケット(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ブラウス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、レザースカート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(ケイテン)、ポケットチーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ノート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ウールにカシミヤやシルクを混紡することで、表情豊かに仕上がったニットジャケットはラペルに丸みをつける等、女らしいディテールが際立ちます。コンパクトなシルエットだから、スカートとの相性も抜群です!

【5】ライダースジャケット

【5】ライダースジャケット
ジャケット(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライダースのインに黒のタートルニットを着て、波打つような艶をたたえたタイトスカートを合わせた装い。配色でコントラストを効かせつつも、アイテムの組み合わせでも緩急をつけると奥行きが生まれておしゃれ感が倍増します。

【6】テーラードジャケット

【6】テーラードジャケット
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力。シルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。