せっかくブローでフワッとした立ち上がりやカールをつくっても、時間が経つとペタ~ッとした髪に戻ってしまう…。そんな髪にはデジタルパーマが頼りになります。

デジタルパーマに詳しいDoubleのヘアスタイリスト寺田 繭さんは、「デジタルパーマは、ふんわりカールに仕上がるのでとってもナチュラル。しかもカールの持ちがよく、ご自身でスタイリングするときも、ただクシュクシュッと握るだけで、サロン帰りのような仕上がりを復元できる手軽さも魅力です」。

その楽ちんスタイリングを教えていただきました。

【お悩み】ボリュームのない髪をもっとふんわりさせたい!

ミディアム代表:大和田七江さん(38歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:顔周りにボリュームが出るように、デジタルパーマをかける

完成
サイド
バック

大和田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

軟毛でブローをしてもすぐにつぶれてしまう大和田さんの髪。「大きめのロットで髪の中間から毛先にかけて、内巻きにデジタルパーマをかけました。顔まわりを中心にパーマをかけておくと、全体的なボリューム感がアップするんですよ。大きいカールなのでリラックス感のある仕上がりになるので、ペタッとしがちな髪質にぴったりです」(寺田さん)

■スタイリング:根元を乾かしたら、あとは握ってカールを復元させるだけ

「デジタルパーマをかけると髪が形状記憶するので、ちょっと手をかけるだけですぐ復元できます。髪の根元を中心に8割ほど乾かしたら、あとはムースを揉み込むだけで、スタイリングは完成です」(寺田さん)

スタイリング前

■1:髪の根元を中心に乾かす

手ぐしで髪の根元をとかしながらドライヤーで乾かす。

■2:手にムースをのばしたら髪の中間から毛先にかけてクシュクシュと揉み込む

髪が8割方乾いたら、サイドからバックの髪を揉み込みながらムースをなじませる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■顔まわりの髪をカールさせ全体的にボリューム感を出す
  2. ■カールは大きめにし、ナチュラルな雰囲気に仕上げる
  3. ■毛先が揺れるように動きを出し、空気感を作る

「ボリューム感のあるふんわりスタイルをつくるには、太めのロットで巻いた大きめカールと、毛先の動きがポイントです。全体的なシルエットをタイトにまとめないで、根元を立ち上げて空気感を出すようにスタイリングしてください」(寺田さん)

Double ヘアスタイリスト・寺田 繭さん。1歳になるお子さんとキャンプを楽しむアウトドア派。「最近は富士山の麓で自然と触れ合ってきました」

問い合わせ先

  • Double
  • 住所/東京都渋谷区神宮前4-13-13 フォレストプラザ表参道1F
  • TEL:03-3475-6060
  • 営業時間:月・火・水・日祝10:00~19:00、木・金12:00~21:00、土10:00~20:00
  • 定休日:第3月、火
大人の女性ならではの髪悩みに応えたスタイルを提案してくれるサロン
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑