クセをコントロールするために短くカットすると広がるし、長めに伸ばすとうねってしまう、やっかいな大人の髪。そんな髪悩みにpinceau(パンソー)代表・山岸亜由美さんは「レイヤーを入れすぎず、表面を長めに残しておくと、まとまりやすくなります。長さがある分、ツヤも出しやすいので、パサつきが目立つ髪にもおすすめです」。うねりと広がりを抑える髪型とブローテクニックを紹介いただきます。

【お悩み】うねって広がる髪をオシャレにまとめたい!

ショート代表:稲田環菜さん(43歳/会社経営)のお悩みを解決するには…

■髪型:髪の表面を長めに残し、丸みのあるシルエットにカット

完成
サイド
バック

稲田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★

髪が太くボリュームがあるため、広がりやすい稲田さんの髪。「髪の内側で毛量を調節する分、表面を長く残して、髪自体の重さで広がりを抑えています」(山岸さん)

白髪をカバーするカラーリングには、明るめのピンクベージュを採用。「この色は肌をトーンアップしてくれる効果もあるので、肌がくすみがちな大人の女性におすすめです」(山岸さん)

■スタイリング:ドライヤーを表面にあててクセをのばしツヤを出す!

「髪の表面を長めに残しているので、ブローするとツヤツヤに仕上がります。ドライヤーの熱が髪の表面に当たるように、吹き出し口の角度に注意してください」(山岸さん)

スタイリング前

■1:ドライヤーの熱が髪の表面に当たるように注意しながらブロー

髪を引っ張りながら熱を加えると、うねりやクセがとれ、ツヤが出現。

■2:サイドを引き締めるためにワックスをなでつける

手指にワックスを広げ、サイドの髪を耳にかけるようにしてなじませる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■ボリュームは髪の内側で抑え、表面は長めに残す
  2. ■髪色をピンクベージュにして、くすみがちな肌色に透明感をプラス
  3. ■ブローするときは髪の表面に熱を加え、うねりを伸ばしツヤを出す

「全体を丸いシルエットにしていますが、サイドの髪を引き締めてメリハリを付けるのを忘れずに。この引き締め効果でスタイルが決まるだけでなく、あごのラインがスッキリ見えるんですよ」(山岸さん)

pinceau代表・山岸亜由美さん。趣味のひとつが旅先でアートに触れること。「先日はバルセロナとパリを旅して、ガウディの建造物やポンピドゥーを巡ってきました」

問い合わせ先

  • pinceau(パンソー)
  • 住所/東京都港区元麻布3-11-3 パティオ麻布十番2-2F
  • TEL:03-6804-1256
  • 営業時間:平日10:00~21:00 土・日・祝10:00~20:00
  • 定休日:火曜、第1・3月曜
フランス語で「絵筆」を意味するpinceau。その人の個性や髪質を最大級に生かしたスタイルを提案してくれる

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑