ミシュランで星を獲得したシェフの料理を食すること自体が贅沢ですが、もしも、コース料理の一品一品が、それぞれに異なるミシュランで星を獲得したシェフの料理だったら? そんな夢のようなコース料理を楽しむことができるイベントが2018年秋に催されました。

「Stellar Dining Series(ステラ ダイニングシリーズ)『星の饗宴』by The Ritz-Carlton」とは?

催したのは高級ホテルグループのザ・リッツ・カールトン。「ステラ ダイニングシリーズ」と銘打って、シンガポール、大阪、香港、北京の4都市を巡り、それぞれの場所で、各地のリッツ・カールトンのシェフたちがコラボレーションしたメニュー、コース、ワークショップを提供。アジア太平洋地域のザ・リッツ・カールトンで活躍しているミシュランの星を獲得しているスターシェフやミクソロジスト、パティシエが一堂に会するダイニング イベントです。

左から/ザ・リッツ・カールトン大阪 「ラ・ベ」料理長 クリストフ・ジベール氏、ザ・リッツ・カールトン東京「アジュール フォーティーファイブ」料理長 宮崎慎太郎氏、ザ・リッツ・カールトン京都「天ぷら 水暉」料理長 藤本健司氏、ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール「サマーパビリオン」料理長 チェン・シウ・コン氏

今回は、2018年11月に催された大阪での「ステラ ダイニングシリーズ」のお披露目イベントに潜入。

「STELLAR DINING SERIES『星の饗宴』by The Rits-Carlton」と題されたダイニング イベントでは、シンガポール、東京、京都のザ・リッツ・カールトンで活躍するミシュランスターシェフと、ザ・リッツ・カールトン大阪のシェフがコラボレーション。その豪華なメニューと会場の模様をご紹介します。

英国の老舗ブランド「Asprey」のアイテムなどで会場を装飾。
星をテーマにしたグルメジャーニーということで、「銀河」をイメージさせる豪華な会場に。

合計4ツ星!ミシュランスターシェフがコラボレーションしたメニュー

「鯵のマリネ キュウリのヴィネグレット キャビア」by クリストフ・ジベール(ザ・リッツ・カールトン大阪「ラ・ベ」/ミシュラン1ツ星獲得)
「蒸鮑と大根 和風コンソメあんかけ」by 深名 健(ザ・リッツ・カールトン大阪「天ぷら 花筐」)
「北海道産帆立のスパイシーソース なすの詰物 海老のペースト」by チェン・シウ・コン(ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール「サマー パビリオン」/ミシュラン1ツ星獲得)
「スチームブルーロブスター 洋梨 トンカ豆 フィンガーライム」by 宮崎慎太郎(ザ・リッツ・カールトン東京「アジュール フォーティーファイブ」/ミシュラン1ツ星獲得)
「近江牛フィレ肉紫蘇巻 トリュフ塩」by 藤元健司(ザ・リッツ・カールトン京都「天ぷら 水暉」/ミシュラン1ツ星獲得)
「スジアラの広東風 生姜 大蒜 玉葱 チャイニーズケール」by ピーター・チョン(ザ・リッツ・カールトン大「香桃」)
「コスミックチョコレート」by 細川雅正(ザ・リッツ・カールトン大阪)

和洋中といったジャンルにくくることのできない、「最高級の創作料理」が計算された時間、順番で登場。宇宙をイメージさせる会場で、料理の一つひとつが星のように輝いて見える空間でした。

このメニューは、お披露目イベントの翌日から3日間、ザ・リッツ・カールトン大阪の館内レストランでも提供。訪れた方々からも大好評となりました。

ザ・リッツ・カールトンが初めて試たこのダイニング イベント、残念ながら2018年は終了となりましたが、マリオット・インターナショナル アジア太平洋 ラグジュアリーブランド&ブランドマーケティング ヴァイスプレジデントのブルース・ライド氏は、「来年もまた催したいと思っていますし、開催都市を変えたいとも考えています。アジアのスターシェフが、その土地の地元食材をどう料理するか楽しみです」と語っています。

アジア全体で9つの星を獲得しているザ・リッツ・カールトンだからこそ実現できたこのイベント、2019年の開催が今から楽しみです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。