仕事でも、プライベートでも、頼りになるもの、出揃いました! 
大人の女の「お遣い物」名品リスト最新版 vol.30

お世話になった方へのご挨拶やプライベートでの集まりなど、お遣い物の出番が増えるこの時期。大人の女性なら、シーンや相手に合わせてセンスのよい気のきいたものを贈りたい。そこで、お遣い物上手で知られる15人に、老舗の名品から新登場の逸品まで、選りすぐりの品を教えていただきました。

今回ご紹介するのは、京の六味のお茶漬けいわし「鈍刀煮」と八百三の柚味噌です。

今回の推薦者

「何必館・京都現代美術館」 梶川由紀さん

「しみじみおいしい老舗の名品を。京都人も愛する冬の味を贈ります」

京の六味のお茶漬けいわし「鈍刀煮」

「鈍刀煮」10本 化粧箱入り¥3,600(税込)

「お遣い物を選ぶ際は、相手の顔をよく思い浮かべながら、季節感を大切にしています。そして、せっかくですから京都らしい味を。六味さんの鈍刀煮は、甘い物が得意でない方や、お酒を召し上がる方に最適。いわしの佃煮なので、ほぐしてお茶漬けはもちろん、そのまま酒の肴としてもおいしいです。また、外国では手に入りにくい日本の味なので、外国暮らしの方へのお土産にも」

パッケージもCheck!

問い合わせ先

  • 京の六味 
  • 営業時間/11:00~17:00
  • TEL:075-231-1125
  • 住所/京都府京都市中京区釜座二条下ル709-5

八百三の柚味噌

柚味噌(陶器入り)220g ¥3,600(税込)

「八百三の柚味噌は、ふろふき大根のお供にぴったりの京都の冬の味。愛らしい柚子形の陶器は特に女性に喜ばれます。お呼ばれの際に持参して、お店の外にかかげられている『柚味噌』の看板は、魯山人が手がけているという話で盛り上がることもあります」

パッケージもCheck!

問い合わせ先

  • 八百三 
  • 営業時間/9:00~18:00、祝日10:00~17:00
  • 定休日/木曜・日曜
  • TEL:075-221-0318
  • 住所/京都府京都市中京区姉小路通東洞院西入

PHOTO :
川上輝明(bean)
STYLIST :
肱岡香子
EDIT&WRITING :
田中美保、川村有布子、古里典子(Precious)