日本人に多いと言われている「ハチ張り」と「絶壁」。「頭部が角ばって見える」「後頭部に厚みがない」のが特徴です。とくに40代は、髪にボリュームが出にくいため、「ハチ張り」と「絶壁」が悪目立ちしてしまうことも…。

この問題を解決してくれるのは、表参道にある美容院Cocoonのスタイリスト・中村マサアキさん。

「髪全体のシルエットが横に広がって見えるのがハチ張りの欠点。トップに高さを与えながら、もみあげを長めに残してシルエットを縦長に変える。このバランスが頭の型をきれいに見せる秘訣です」(中村さん)

では、後頭部の「絶壁」をカバーする秘訣はあるのでしょうか? 中村さんによると、「後頭部の厚み(ボリューム)が欲しいところはグラデーション、絞って抑えたいところにはレイヤーをそれぞれ入れるのがポイント。頭の丸みに対してメリハリをつけてカットする」ことで解決できるのだそうです。

「ハチ張り」「絶壁」が気になる方におすすめ!頭の型がきれいに見えるショートヘアがこちら!

■髪型:優雅に動くトップとやわらかいフォルムが愛らしく、程よい毛束感が繊細!

卵型のショートヘア代表:椿原順子さん(48歳/デザイナー)の場合

完成
サイド
バック

椿原さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★

「髪質によってはトップに高さが出にくいこともあるので、頭頂部がペタッとしやすい方はトップの根元にパーマをかけるのもおすすめです。髪全体のシルエットに毛流れやニュアンスを足すこともできるので、髪に元気がない方は挑戦してみてください」(中村さん)

■スタイリング:ワックスは根元に揉み込むのがルール!

「髪全体にワックスをつける時は、根元に揉み込んでください。根元から髪を動かさないとボリューム感、毛流れ、ニュアンスが生まれません。シルエットがぐちゃぐちゃになってもいいので、勢いよく揉み込みましょう」(中村さん)

スタイリング前

■1:トップの根元をこすりながら乾かす

指のひらで地肌をこするように乾かす。根元が立ち上がり、トップと前髪がふんわり。

■2:髪全体の根元にワックスを揉み込む

ワックスの量は小豆1個分くらい。手のひらによくなじませたら、髪の根元を動かすようにワックスを揉み込んで。

■3:手のひらに余ったワックスを毛先にもなじませる

シルエットは気にせず、豪快に揉み込んでOK。

■4:襟足を抑える

襟足はタイトに抑えてメリハリを。

■5:整えて仕上げる

毛流れを軽く整えて完成。なでつけるとボリュームが潰れるので注意!

〈卵型ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. 乾かす時は、引っ張ったり、なでつけたりしない
  2. ワックスは根元につける
  3. 整える時はボリュームや毛流れを潰さないように

「最後に整える時は、毛流れを整えるくらいで大丈夫。なでつけるように手ぐしでとかすなど、ワックスでつくった束感を崩さないように気をつけてください」(中村さん)

Cocoonヘアスタイリストの中村マサアキさん。フットサルが趣味だという。「お店のスタッフでチームをつくっています。他店のチームと試合をすることも! 最近はあまり集まれていないので、もっと定期的にやりたいですね」

問い合わせ先

  • Cocoon
  • 住所/東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道A棟B1
  • TEL:03-5466-1366
  • 営業時間:月〜木 11:00~20:30 金 11:00~21:00 土・日・祝 11:00~19:00 
  • 定休日:毎週火曜日・第3月曜日
Cocoonとは「殻を破る」「脱皮する」という意味。どんなクセ毛や髪の悩みも丁寧なカウンセリングと高度な技術で解消。自分の殻を破りたいと願う女性たちからの厚い信頼を得ている。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑