朝した巻き髪やスタイリングが、昼まで持たない…という経験、ありませんか?

そんなお悩みに応えてくれるのが、air-GINZA tower店長・AKIRAさん。「髪全体を一定方向に巻かず、毛先と中間で巻く方向を変えるとカール感が長持ちします。ボリュームが多い方であれば、髪を表面、内側とブロックごとに巻くこと。ちょっと手間がかかりますが、このひと手間でもちがまったく変わりますよ」(AKIRAさん)

プロならではの「長持ち」スタイリングテクニックを教わります。

【お悩み】パサついて広がる髪を落ち着かせたい!

ミディアム代表:伊藤由佳さん(50歳/主婦)のお悩みを解消するには…

■髪型:トップに高さを出さず、毛先に動きと軽さを出す

完成
サイド
バック

伊藤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

ボリュームは十分でも、髪が細くやわらかいため、うねりやすく広がりやすい伊藤さんの髪質。「面長でほっそりしているので、トップにボリュームを持たせると、顔のラインを強調してしまいます。そこで、毛先を中心に動きをつくって、ふんわりとしたボリューム感を出しました」(AKIRAさん)

■スタイリング:表面と内側に分けたら、毛先と中間とで巻く方向を変える!

1本の毛束を一定方向に巻くのではなく、毛先を内巻きにしたら中間は外巻きに…と言う具合に巻く方向を変えると、もともとのうねりが目立たなくなり、仕上がりにニュアンスが生まれます。「スタイリングの前にオイルをつけておくと、ちょっとウェットな仕上がりになります」(AKIRAさん)

AKIRAさんのおすすめはナプラの『N.ポリッシュオイル』(¥3,400)。毛先を中心に揉み込んでおくと、仕上がりはつやつや。

スタイリング前

■1:オイルを毛先に揉み込んでおく

スタイリングの前に、パサつきやすい毛先を中心にオイルをなじませる。

■2:分け目をジグザグにして、トップに程よいボリューム感を出す

根元を立たせるのではなく、分け目をふんわりさせる。白髪が目立ちにくくなるメリットも。

■3:髪を表面と内側の2ブロックに分け、内側の毛先は外巻きに1カール

表面の髪をピンで留め、カールアイロンで毛先を外巻きに。

■4:内側の髪の中間あたりを内巻きに

カールアイロンで、毛先を巻き込まないように注意しながら、中間あたりを内巻きにする。

■5:髪の表面の毛先を内巻きに1カール

カールアイロンで毛先を内巻きに。

■6:表面の髪の中間あたりを外巻きに

カールアイロンで毛先を巻き込まないように注意しながら外巻きに。

■7:髪の内側から手を入れ、かき上げるようにしてほぐす

とかし上げるように髪をほぐして、空気を入れる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■面長の人はトップのボリュームは控えめに
  2. ■巻くときは一定方向ではなく互い違いに
  3. ■ボリュームの多い人は髪の表面と内側の2段階でスタイリングを

「前髪は根元は内巻きにして、中間から毛先にかけて外巻きにしています。ひとつの毛束で巻く方向を変えると毛束に流れるようなラインが生まれて、ニュアンスのあるスタイルに仕上がります」(AKIRAさん)

air-GINZA tower店長・AKIRAさん。ここ数年ハマっているのがキャンプ。「少しずつ道具を増やしていて、今年はテントを買う予定です」

問い合わせ先

  • air-GINZA tower
  • 住所/東京都港区新橋1-4-1 wamiles銀座タワー 1F/2F
  • TEL:03-6228-5556
  • 営業時間:平日11:00~21:00、日祝10:00~19:00
  • 定休日:火曜
オリジナルプロダクツからオーガニック、スキンケアまで理想のトータルビューティが手に入る。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑