加賀百万石の繁栄のもと、独自の文化が花開いた金沢一帯。現代に至っても、この街は艶やかなりし往時の趣をまとい、北陸屈指の観光スポットとして、国内外から人気を集めています。

そんな金沢の情緒を堪能し尽くすなら、格式ある和食店や料亭を一度は訪れてみたいもの。そこでこの記事では、金沢にある特におすすめの料亭をご紹介。プレステージなレストランの予約を得意とする『一休.comレストラン』で口コミ評価が高いお店と、料理人の顔が見えるグルメ・レストランサイト『ヒトサラ』でシェフがオススメするお店の中から、是非訪れてほしい金沢の料亭を、6軒厳選しました。

【目次】

ランチが人気|金沢料亭


【1】金城樓

金城樓
金城樓 情報提供:一休.com

金沢情緒色濃い浅野川界隈で、ひと際風格を漂わせているのは、明治23年創業の老舗料亭旅館「金城樓」。その建物、庭園は、まさに日本建築の伝統美そのもの。客室の調度品ひとつをとっても、長い時を刻んだ本物だけが持ち得る、一流の雅が香り立ちます。

金城樓
金城樓 情報提供:一休.com

加賀野菜を使った本格懐石を提供し、金沢を代表する料亭として確固たる地位を築いてきた同店。創業の昔より継承されてきた器や美術品に盛り付けられた伝統の加賀料理は、類まれなる空間とともに、鮮やかに訪れた人の記憶に刻まれることでしょう。金沢の美を満喫するなら、是非足を運んでみたい和食店のひとつです。

おすすめのランチプランは「【個室確約・ランチ】料亭の会席をお気軽に味わえる『ランチコース全8品』10,395円」。コースの構成は、先付八寸、煮物椀、造り、煮物、焼物、強肴、食事、水菓子の全8品。ランチならではの気軽さで、ゆったりと金沢風情を堪能することができます。

問い合わせ先

  • 金城樓
  • 営業時間/11:00~21:00
    定休日/年中無休
    予算/ランチ 10,000円~11,999円 、 ディナー 15,000円~19,999円
    席数/300席(全個室)
    喫煙可否/全席喫煙可
    TEL/076-221-8188
    住所/石川県金沢市橋場町2-23

金城樓 の詳細・Web予約はこちら >>

【2】山乃尾

山乃尾
山乃尾 情報提供:一休.com

その開業は明治23年。北大路魯山人をして「北陸一等の名物男、金沢の国賓、茶会の偉材」と言わしめた好事家を初代主人に持つ料理旅館「山乃尾」。静かな門は、日常とは切り離された、奥深く美しい世界への入り口。それをくぐり、一棟一棟独立した離れの部屋へと案内されます。

完全にプライバシーが保たれた空間で、京都に次ぐ規模を誇る芸妓の唄や踊りを楽しめるのも、特筆すべき点。一見敷居が高く感じられますが、ドレスコードは「普段着のままで」。そこには、型を気にしすぎることなく、金沢の芸能文化と一期一会の宴席を楽しんでほしいという、老舗料亭の思いが込められているのでしょう。

山乃尾
山乃尾 情報提供:一休.com

たとえば春なら、薄紅色が美しい、産卵前の「桜鯛」を使った鯛飯や、新鮮な「たけのこ」。冬は、石川県名産「加能ガニ」のメス「香箱ガニ」をたっぷり合わせた釜炊き飯。季節の訪れを告げる金沢の食材が、宴に更なる華を添えてくれます。

おすすめのランチプランは「【11~2月限定】海の宝「香箱蟹御膳」土鍋で炊きこんだ香箱蟹御飯付ランチ限定コース 6,890円」。金沢の冬の名物・香箱をふっくら炊き上げた「釜炊き香箱蟹御飯」はじめ、季節の前菜や魚料理などなど…。なんとも贅沢な金沢の美味を、ランチだけのお手頃価格で楽しむことができます。

問い合わせ先

  • 山乃尾
  • 営業時間/11:30 ~14:00(L.O)、17:00~22:00
    定休日/不定休(前日までに予約)
    予算/ランチ 6,000円~7,999円 、 ディナー 20,000円~
    席数/140席
    喫煙可否/全席喫煙可
    TEL/076-252-5171
    住所/石川県金沢市東山1丁目31番25号

山乃尾 の詳細・Web予約はこちら >>

【3】辻家庭園

辻家庭園
辻家庭園 情報提供:一休.com

由緒正しき武家屋敷街・寺町に残る「辻家庭園」。前田家家老旧横山家の迎賓館として使用され、金沢市の文化財にも指定されたこの特別な空間が、多目的に利用可能なパーティールーム、ラウンジ、ホールなどを備えた施設として生まれ変わりました。

中でも注目は、「群青の間」。鮮烈な青がなんとも印象的なこちらの部屋で、昼夜「各1組限定」で美しい懐石を楽しめるいう、特別な体験ができる個室の存在。伝統とモダン溶け合うこの場所は、古都金沢の新しい顔となりそうです。

辻家庭園
辻家庭園 情報提供:一休.com

供されるのは、地元・金沢の季節の食材を、和のスタイルに昇華した懐石フルコース。洋を融合させた現代的な表情も織り交ぜつつ、夢のようなひとときを一層鮮やかに彩ってくれます。

1日1組限定のランチプラン「【貸切料亭1組限定】登録有形文化財「群青」で味わう懐石コース「和」古都金沢の四季を五感で楽しむ全10品 21,384円」は、電話にて予約可能。コースの構成は、先付、前菜、椀物、造り、焼物、強肴、煮物、食事、水菓子、甘味。内容の一例として、椀物「加能蟹真丈、舞茸、大根、人参、青梗菜、柚子」、焼物「特選牛炭火焼、牛蒡ソース、焼加賀蓮根、焼長芋」、水菓子「加賀棒茶のティラミス」など。

問い合わせ先

  • 辻家庭園
  • 営業時間/12:00~20:00
    定休日/毎週火曜日・水曜日、年末年始
    席数/8席(個室1室)
    喫煙可否/分煙
    TEL/076-201-1124
    住所/石川県金沢市寺町1-8-48

辻家庭園 の詳細・Web予約はこちら >>

ミシュランガイド掲載店|金沢料亭


つば甚
つば甚 情報提供:一休.com

犀川沿いに立つのは、創業宝暦二年(1752年)と、金沢で最も古い歴史を誇る料理屋「つば甚」。その始まりは、戦国大名・前田利家お抱えの鍔師の家系・三代目甚兵衛が、本業の傍ら、近しい者をもてなした小亭「つば屋」。館内には家伝の鍔を嵌め込んだ床の間の板など、その歴史の面影を随所に見ることができます。

たとえば歌人や画家が出世払いとして収めた書や絵をあしらった襖や、建築法上、現代では再現不可能な200畳ひと続きの大広間…。趣の異なる各部屋にちりばめられた見どころは、枚挙に暇がありません。是非下調べしてから訪れたい、貴重な料亭です。

つば甚
つば甚 情報提供:一休.com

甚兵衛が友人知人にふるまったという、趣向を凝らした料理。それはたちまち評判となり、藩主や重臣たちも訪れるところとなりました。心尽くしの精神は今も変わらぬまま。金沢ならではの山海の恵みを活かしたもてなしの一皿が、深く心身に染み入ります。

おすすめのプランはディナーコース「【御夕食の会席コース】金沢を代表する老舗料亭でいただく旬の海・山の幸を贅沢に使用したお料理 全10品 32,400円」。コースの構成は、付出、八寸、吸物、お造り、焼物、煮物、一品、酢物、留、水菓子と続く全10品。内容の一例として、焼物「のど黒塩糀焼 あぶり干口子」、煮物「鱈と白子の柚香蒸し 生湯葉 べっこう餡掛け」、一品「ゆでたて加能蟹と香箱蟹」など。

問い合わせ先

  • つば甚
  • 営業時間/11:00~14:00、17:00~21:00
    定休日/年末年始
    予算/ランチ 15,000円~ 、 ディナー 20,000円~
    席数/300席(個室12室)
    喫煙可否/全面禁煙
    TEL/076-241-2181
    住所/石川県金沢市寺町5-1-8

つば甚 の詳細・Web予約はこちら >>

【2】金澤町家料亭 壽屋

金澤町家料亭 壽屋
金澤町家料亭 壽屋 情報提供:一休.com

江戸、明治、大正、昭和、そして平成。金沢市の指定保存建築物に認定された「金澤町家料亭 壽屋」の家屋には、各時代の名工たちの技巧が息づいています。たとえば江戸末期につくられた座敷からは、季節の色に染まる庭園を見渡して。一方、平成の間は和洋折衷の設えといった具合に、時代の移り変わりを感じさせます。それぞれの部屋にその時代の美意識が反映されているのが、なんとも興味深いところです。

いつの時代も風流を愛する金沢人に育まれてきたこの料亭は、極めて金沢的と言えましょう。訪れたある人は、ここに流れる世界観を「金澤モダニズム」と表現したそうです。

金澤町家料亭 壽屋
金澤町家料亭 壽屋 情報提供:一休.com

各時代の金沢の美が、ひとつところに同居する空間。そしてそこでいただく一膳には、金沢の粋が凝縮されています。創業以来継承される、正統派の会席料理。職人が知恵と工夫を凝らしてつくり上げた、肉や魚を使わない精進料理。そして近場の近江町市場から仕入れる、新鮮な加賀野菜や魚たち。これらすべてが、伝統の九谷焼や輪島塗の器に注ぎ込まれているのです。

おすすめのプランはディナーコース「【一休限定】 壽屋会席 葵<新鮮な魚介をふんだんに。進化を遂げた加賀料理コース・おみやげ付き> 21,735円」。コースの構成は、先附、八寸、吸い物、お造り、焼き物、凌ぎ、羹、揚げ物、酢の物、食事、水菓子。

問い合わせ先

  • 金澤町家料亭 壽屋
  • 営業時間/11:30~14:00、18:00~22:00
    定休日/不定休
    予算/ランチ 5,000円~5,999円 、 ディナー 15,000円~19,999円
    席数/120席(個室5室)※一室最大60名まで
    喫煙可否/分煙(個室:喫煙可、相部屋:禁煙)
    TEL/076-231-6245
    住所/石川県金沢市尾張町2-4-13

金澤町家料亭 壽屋 の詳細・Web予約はこちら >>

金沢のおすすめ料亭


【1】かなざわ石亭

かなざわ石亭
かなざわ石亭 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

兼六園や21世紀美術館など、人気観光スポットほど近くで威風堂々たる佇まいを見せるのは、「かなざわ石亭」。街の中心にありながら、庭園を有した風雅なつくりとなっており、全室個室の空間で、贅沢な時間を堪能することができます。

お部屋は座敷式、テーブル式がそれぞれ大小さまざまに用意されており、いずれの部屋も中庭を臨んでいます。純和風の客室はもちろん、円卓を囲む和洋折衷の間なども趣たっぷりで、古都らしい風格に圧倒されることでしょう。

金沢を代表する老舗料亭・浅田屋の系列ということで、サービスのレベルもお墨付き。接待や家族の大切な行事に安心して利用できる料亭ということで、こちらも外せない一軒です。

かなざわ石亭
かなざわ石亭 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』

また、伝統的な加賀料理ばかりでなく、加賀野菜など地元の食材を使った斬新な日本料理をいただけるのが、この店ならではの魅力。子供用の御膳もオーダーできるなど、幅広い年齢層に喜ばれる店といえそうです。

おすすめは、金沢を代表する美味・のどぐろを能登の天然塩で焼き上げた「のどぐろ塩焼き」。パリッとした皮に対し、脂がのった身はふんわりとした食感。この得も言われぬおいしさは是非一度ご賞味を。また、冬の名物「香箱蟹」も、11月・12月頃にこの地を訪れたなら、逃す手はありません。そのほか、特製のポン酢と秘伝のゴマダレでいただく「しゃぶしゃぶ」も人気。宴席に華を添えてくれる和みの一品です。

問い合わせ先

  • かなざわ石亭
  • 営業時間/11:30~14:30(L.O)、17:00~22:00 土日祝/11:30~22:00
    定休日/無休
    予算/10,000円
    席数/120人(宴会・パーティー時着席:50人)
    喫煙可否/喫煙可
    TEL/076-231-2208
    住所/石川県金沢市広坂1-9-23

かなざわ石亭 の詳細・予約はこちら >>

※本記事で紹介したプランの価格はすべて税込です。
※本記事は2019年1月12日(土)時点での情報をもとに作成しています。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。