GINZA SIXにある「ハウス オブ ディオール ギンザ」は、クリスチャン ディオールの世界観を堪能できる特別な空間。

ウィメンズ、メンズ、ファインジュエリー&タイムピースなどの店舗が並ぶ中、4階に併設されているのが、クリスチャン ディオールとピエール・エルメという、フランスを代表するふたつのブランドが手がける「カフェ ディオール バイ ピエール・エルメ」です。

今回は、カフェでしか味わえない、独特の美しい世界観が反映されたスイーツやパンをご紹介します。なかにはこの冬限定のメニューも。ぜひこの機会に訪れてみてください。

「カフェ ディオール バイ ピエール・エルメ」で味わうべき5つのメニュー

■1:Vénus(ヴェヌス)

「Vénus(ヴェヌス)」¥3,295(サービス料・税込、提供期間/2019年2月末まで)

出てきた瞬間、「まあ!」と思わず声をあげてしまいそうなアート作品を思わせる一皿。クリスチャン ディオールの器に美しく配されているのは、瑞々しい旬のリンゴ。添えられているのは、ローズ風味のアイスクリームとマスカルポーネクリーム。リンゴの爽やかな風味を上品に引き立ててくれます。

■2:Vacherin Rose, Framboise, Litchis(バシュラン ローズ、フランボワーズ、ライチ)

「Vacherin Rose, Framboise, Litchis(バシュラン ローズ、フランボワーズ、ライチ)」¥3,295(サービス料・税込、提供期間/2019年1月末まで)

可愛らしい赤やピンクと共に、美しく象られた白いメレンゲが印象的なこのスイーツは、フランスでは定番の「バシュラン」。メレンゲでアイスクリームやフルーツを挟んだものです。サクサクのメレンゲにナイフを思い切って入れたら、隠れているアイスやフランボワーズ、ライチがお目見え。それぞれの食感、風味がひとつとなって至福のハーモニーを奏でる、魅惑的なフレーバーを楽しめます。

■3:Petit Déjeuner(プテイデジュネ)セット

「Petit Déjeuner(プテイデジュネ)セット」¥3,539(サービス料・税込、提供期間/通年、提供時間/10:30〜13:30)※季節により内容が異なる場合あり

朝から優雅に過ごしたいなら、この朝食のセット。ピエール・エルメ・パリのパンペルデュ (フレンチトースト) やクロワッサン、特製サンドイッチやヨーグルトなど、盛り付けられているのを見るだけで気分が浮き立ちます。

■4:Défilé de saveures(デフィレ ドゥ サヴール)

「Défilé de saveures(デフィレ ドゥ サヴール)」¥3,295(サービス料・税込、提供期間/通年、提供時間/12:00〜)

ピエール・エルメの洗練されたミニサイズのオープンサンドを、美しいクリスチャン ディオールの器でいただく贅沢なランチ。中央のサラダには季節の素材が使われており、フレッシュなひとときを味わえます。

■5:Afternoon Tea(アフタヌーンティー)セット

「Afternoon Tea(アフタヌーンティー)セット」¥11,593(サービス料・税込、提供期間/通年、提供時間/12:00〜)※季節により内容が異なる場合あり

ハーブ香るサンドイッチ、甘やかなマカロンに香り高いボンボン ショコラ、そして珠玉のパティスリー。旬の果物が使われていることから、季節によってデザートは変化。今しか味わえないものを味わうために、何度でも足を運びたくなります。


世界でも限られたブティックのみで展開されている、クリスチャン ディオールの高級感あふれる美しいテーブルウエアと共に、オートパティスリーとオートクチュールが織り成す「味覚・感性・歓喜の世界」を実感しながらいただくメニューは、大切な人との優雅な時間にふさわしいものとなるはず。この冬、誰かと足を運んでみてください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石原亜香利