立ち上げたい部分がペタッとして、落ち着かせたい部分がブワッと膨らんでしまう…そんな思い通りにならない髪にイラつくことはありませんか?

そんな大人の髪悩みに詳しいAMATAのゼネラルマネージャーであり、毛髪診断士でもある伸江さんは、「思い通りのスタイリングを実現するには、髪はもちろん、頭皮のお手入れも重要です」と断言。どんなお手入れをすればいいのか、またスタイリングのテクニックも教えていただきました。

【お悩み】クセが強すぎて思い通りのスタイルにならない!

ミディアム代表:池田志乃さん(43歳/PRコンサルタント)のお悩みを解決するには…

■髪型:シルエットをAラインにして毛先で軽やかさを出す

完成
サイド
バック

池田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★★
  2. ボリューム(少→多) ★★
  3. 髪の太さ (細→太) ★
  4. うるおい (乾→潤) ★
  5. 白髪の量 (多→少) ★★

根元のクセが強くてうねりが出やすい池田さんの髪。「低めの位置にレイヤーを入れ、Aラインのシルエットにしました。毛先に動きをつくって、裾部分が重たくならないようにしています」(AMATAゼネラルマネージャー・伸江さん)

■スタイリング:シャンプー前とスタイリング前の保湿でまとまりやすい髪に

「クセの強い髪は、うるおいを保ちにくく乾燥しやすい性質があります。コシがあって立ち上がりをキープするためにも、頭皮ケアは必須です」(伸江さん)

伸江さんのおすすめは、シャンプー前になじませる頭皮オイル『ビロードオイル アーバン アーユルヴェーダ』(AMATA/¥4,800)。「頭皮をマッサージするようになじませてください」(伸江さん)

ブロー前には『オーガニックウェイ ボリューム ルーツスプレイ』(アラミック/¥3,600)を根元にスプレーすると、髪の立ち上がり感に差が出るとか。「立ち上がりの欲しい分け目部分を中心にスプレーしてください」(伸江さん)

スタイリング前

■1:シャンプー前の乾いた地肌に頭皮オイルを数滴たらしてマッサージ

マッサージ後、10~15分おいてからシャンプーを。

■2:ブローする前に髪の根元にスタイリング剤をスプレー

スプレーしたら髪全体になじませる。

■3:分け目とは逆方向に、なで付けるようにドライヤーをあてる

ドライヤーは髪の根元に当てるのがポイント。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■髪の根元を立たせてトップにボリュームを出す
  2. ■Aラインシルエットにして毛先に動きを出す
  3. ■髪だけではなく頭皮の保湿ケアを念入りに

「トップがぺたーっとしていると老け見えの原因になります。Aラインのシルエットにしたり、分け目の根元を立たせて、トップをふんわり見せると若々しい印象になります」(伸江さん)

AMATAゼネラルマネージャー・伸江さん。仕事に子育てに奮闘中。「体力をつけるために、毎日の食事でキヌアなどスーパーフードを摂るようにしています」

問い合わせ先

AMATA
住所/東京都港区南青山6-4-14 INOX AOYAMA5F
TEL:03-3406-1700
営業時間:平日・土曜11:00~21:00、日・祝10:00~19:00
休日:火曜・水曜

イタリア語で「愛される人」という意味のAMATA。癒されながら“美”を追求できる大人のサロン。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑