エトロといえば、ひと目見ただけででエトロだとわかる、鮮やかな色と柄が特徴だろう。ベースはシンプルなアイテムが多いが、その卓越したデザインはエトロでしか感じ取ることのできない唯一無二の存在感だ。そんなエトロが手がけるキャンバススニーカーは、ブランドのらしさが詰まったキャッチーなスニーカーとなっている。

五感を刺激するエトロのキャンバススニーカー

ローテクらしからぬデザインが魅力

スニーカー¥76,000(エトロ ジャパン)

大胆な色使いが目を惹くキャンバススニーカーは、その色使いだけでなく随所に光るデザインが魅力的だ。様々なパーツが組み合わさったかのようなアッパーのトリミング、シューホール部分をあえて別生地でアッパーに取り付けることで生まれる立体感、ヒールに配置された二つのプルストラップなど、ベーシックなキャンバススニーカーがここまで劇的に変化を遂げた。デザインベースはいたってシンプルなスニーカーゆえ意外にも足元にしっくりくるスニーカーだ。

上品なスポーツカジュアルで優雅な休日を

スニーカーは上に同じ。ブルゾン¥183,000・ニット¥66,000・パンツ¥106,000(エトロ ジャパン)

スポーティなスタイルには欠かせないのが、化学繊維系のブルゾンや足元を絞ったリブパンツだが、意外とバランスをとるのが難しいが、エトロでまとめればそうはならない。シックな黒のブルゾンに施された細かなヘリンボーン柄やドローイングしたようなパンツの側章など、味のあるデザインが全身のバランスを引き立ててくれる。足元はインパクトのあるスニーカーで存在感を。インに上質なニットを挿し込むことで、柄物中心のコーディネートでもきちんとまとまるのだ。

以上、エトロのスニーカーを紹介した。一見すると派手に見えるが、ベースはレトロなスニーカーゆえ、適度に遊びを作れるのが優秀なポイントだ。いつものスニーカーに何か物足りなさを感じているなら、エトロのスニーカーをおすすめする。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊
TAGS: