トレンドで選ぶのもひとつの手だが、せっかくなら長く愛用できるハイテクスニーカーを選びたい。そこでフェンディの登場だ。落ち着いたカラーパレットを使ったスニーカーならコーディネートもしやすく、さりげないフェンディの「FF」ロゴが、自分のモチベーションを上げてくれるのは言うまでもないだろう。

さりげなく施された「FF」ロゴがフェンディの証!

異素材MIXでも上品なスニーカー「ファンシー フェンディ」

スニーカー¥115,000(フェンディ ジャパン)

2018年にジェンダーレススニーカーとして登場した「ファンシー フェンディ」は今やベストセラーアイテムの一つ。ブラウン×ホワイト×ブラックの落ち着いた配色が大人らしいハイテクスニーカーは、ボリュームのあるラバーソールとトゥやサイドに施したテクニカルメッシュ素材がポイント。タンやサイドステーに配した「FF」ロゴが高級感を与えてくれる。

初心者でも履けるハイテクスニーカー

スニーカー¥72,000(フェンディ ジャパン)

こんなシンプルでクラシックなホワイトスニーカーなら初心者でも履きやすい。しかし、よく見てみるとオールレザー素材かと思いきや、タンからトゥまでの部分はテクニカルニットを用いた実はハイテクスニーカーなのだ。タンを折り曲げることでコントラストのついた「FF」ロゴが登場。さりげないニュアンスの変化が楽しめるスニーカーだ。

履きやすさ重視ならネオプレンを使用したスニーカーがおすすめ

スニーカー¥87,000(フェンディ ジャパン)

こちらも「ファンシー フェンディ」の中の1モデル。ネオプレンを使用したスニーカーは足あたりがよく、柔らかな履き心地が魅力的なスニーカーだ。コート系のシンプルなアウトソールを採用することで、もともとは肉厚のソールを使用していた「ファンシー フェンディ」を一新させ、スポーティな印象をより高めた。

フェンディでスポーティなカジュアルコーデ

スニーカーは上に同じ。ブルゾン¥185,000・カットソー¥63,000・パンツ¥72,000・バッグ¥159,000(フェンディ ジャパン)

全体に配した「FF」ロゴがレトロな雰囲気のリバーシブルブルゾン。シックなアウターには、スポーティなリブパンツにネオプレン素材のスニーカーで軽快感のあるコーディネートを意識。足元に少しカラーを入れることで全体のシックなカラーリングにアクセントを持たせよう。

以上、フェンディのスニーカーを紹介した。ハイテクスニーカーも、フェンディのように洗練されたデザインならスマートに履きこなせる。ぜひ店頭で履き比べてみてはいかがだろうか。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊
TAGS: