靴に情熱を燃やす芸術家であり、職人。それがデザイナーのクリスチャン ルブタンである。もはやアイコニックな意匠となっているユニークなレッドソールは言うに及ばず、スタッズをあしらった大胆なアプローチは、ランウェイやレッドカーペットでことさら目にし、美術館にも飾られるほどだ。昨年末には鮮やかなカラーパレットと、斬新なデザインを組み合わせたグラフィックが目を引く「ルビグラフ」コレクションを発表し、周囲を驚かせたのも記憶に新しい。その芸術性と刺激が、いつの時代も女性の心を躍らせるのである。

類い稀な手技が際立つレースがあなたの魅力を引き立てる

¥105,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

ほのかに輝きを放つレースの緻密さとカウンターにあしらったパテントレザーの妖艶さ。その巧妙な組み合わせに、思わず目を奪われるFollies Laceは、ブランドの代表的なパンプスといえるだろう。100mmのスティレットヒールとも相まって、足元に最大級の洗練を届けてくれる。

大胆にして繊細な一足に見るブランドの矜持

¥141,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

ブラックサテンとクリアなPVC素材。Naked Bowは、大胆な構成を繊細なバランスの上で見事に成立させている。キャバレーのミューズたちからインスピレーションを得ているこちら。その刺激的なデザインに、ヴァンプとアンクルストラップに施した、まばゆいラインストーンが魅惑的な表情を描き出している。

問い合わせ先

※価格はすべて税抜です。 
この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
小林孝至(イタルスタジオ)
STYLIST :
水野陽介
WRITING :
菊池 亮
EDIT :
安里昌悟