日本人に多い「ハチ張り」。小顔に見せたい、だけどハチが目立つことで頭自体が大きく見える、と悩みを抱えている方も多いですよね。とくに面長顔は、ハチによって顔がより縦長に見えてしまい、小顔とは程遠い印象に…。

では、ハチ張りによって顔が間延びしてしまう面長顔さんを小顔に見せる方法はあるのでしょうか?

表参道にある美容院・ABBEY2スタイリスト松本颯太さんの答えは、「ハチの下を縦巻きにして菱形シルエットをつくること」です。

「髪を巻くときにハチの部分を巻いてしまう人が多いのですが、それではハチがさらに目立ってしまいます。ポイントは、ハチの下をゆるく巻くこと。ハチの下にボリュームを持たせると悪目立ちしていたハチがなじみます。全体のシルエットも菱形になり、縦長だった顔を小顔に見せることができるんです」(松本さん)

コテを使った最小限のプロセスで、ハチ張りを解消しながら小顔をつくる!松本さんオススメのスタイルとは?

■髪型:ゆるいウェーブでくせ毛風のニュアンスが完成

面長顔のミディアムヘア代表:飯島美穂さん(40歳/秘書)の場合

完成
サイド
バック

飯島さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★

「全体は前下がりのボブベース。髪を巻いたときに前上がりにならないよう、後ろに比べて5mmくらい前下がりにしています。サイドに少しだけレイヤーを入れて軽くしていますが、毛先に重さを残しているのでハネたり広がったりすることはありません」(松本さん)

■スタイリング:巻いた髪は冷風でほぐすとナチュラルに

「毛束は細く取るのがポイント。太いと巻きが取れやすくスタイルも長持ちしません。細かく巻いて冷風でほぐすと、くせ毛風のナチュラルな仕上がりになります。工程も少なく、自宅で再現しやすいですよ」(松本さん)

スタイリング前

■1:左サイドと後頭部の毛先をコテでワンカールに

コテは32mmを使用。巻くというよりはさっと熱を通すように。毛束はざっくりと取ってOK。後頭部も同様に。

■2: 右サイドは斜め前に引っ張るようにコテでワンカールする

右サイドは斜め45度前に引っ張るように熱をあてると、つむじの生え癖が左右均等になり、髪全体が綺麗に収まる。

■3:毛束を細かく取って縦巻きに

ハチの下にボリュームが出るよう、毛束の中間から毛先にかけて巻く。巻き過ぎると頭全体が膨張するので、さっと熱を通すだけに。毛束をランダムに取って、内巻き、外巻きと交互に巻きながら、両サイド、後頭部も同様に。

■4:冷風でほぐす

仕上げに巻いた毛束を冷風でほぐす。熱風は巻きが取れるので冷風で髪を散らすようにほぐすのがポイント。巻いているような、いないような、ニュアンスのあるスタイルに仕上がる。

〈面長顔ボブ スタイリングのコツ3か条〉

  1. ハチではなくハチの下を縦巻きにする
  2. 必ず冷風でほぐす
  3. 仕上げにオイルをなじませてツヤ感を出す

「つむじの生え癖によって日本人の9割は右サイドがハネやすく収まりづらくなっています。左右均等に収めるために、右サイドは斜め前に引っ張りながら熱を与えましょう。縦巻きは冷風でしっかりほぐすことが大事。手ぐしは束感が残るので、冷風で髪を散らしてください。仕上げにオイルをつけると、みずみずしいツヤ感のある印象に。まず毛先になじませて、最後に髪の表面や前髪を整えるのがコツです」(松本さん)

ABBEY2スタイリスト・松本颯太さん。ダイエットのためにパーソナルジムに通っているのだそう。「2週間に1回しか行けてないんですけどね。これからきちんと通って、夏に行く社員旅行(ハワイ)までに、腹筋をバキバキに割りたいと思います(笑)」

問い合わせ先

ABBEY2
住所/東京都港区南青山4-21-26 RUELLE青山-A棟 3F
TEL:03-3405-6655
営業時間:平日 11:00~21:00、土・日・祝日 10:00~19:30
定休日:毎週月曜日・第2・3火曜日

骨格と毛流れを考慮した美しさ、毛量と髪質に合わせた再現性の高いデザインが魅力。

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑