モードやカジュアル、ドレスなどシーンによって服装やアイテムを揃えるのだが案外それが大変である。そんな悩みのタネを解決してくれるのが「ランバン」である。モードなイメージが強いブランドであるが、実は幅広くコーディネートを提案しているのだ。スーツやジャケット、紳士靴だけでなく、それは当然スニーカーにも当てはまる。さらにメゾンブランドが持つラグジュアリーという付加価値も付いてくるのならば、なおさら抑えておきたいところだ。

シンプルなデザインなのに優雅でラグジュアリーなランバンのスニーカー

柔らかいシュリンクレザーが包みこむ大人のための白スニーカー

スニーカー¥84,000(ランバン ジャパン)

王道の白スニーカーは、上品で柔らかなシュリンクレザーにアンライニング仕様が足に吸い付くようなフィット感を生みだす。さらに内側にはベンチレーションを施し、通気性も抜群のため蒸れる心配はない。シューホールやステッチに施したグレーがスニーカーの純白さを際立たせ、ラグジュアリーな足元を演出してくれる1足。TPOを選ばず使えるため買ったその日から即戦力になることだろう。

オン・オフ使えるドレスライクなランバンのアイコンスニーカー

スニーカー(左)¥60,000・(右)¥64,000(ランバン ジャパン)

トゥの切り返しが特徴的なスニーカーは、アッパーの素材にスムースカーフレザー・スエード・パテントなどを用い、毎シーズン素材の組み合わせを変え新色が出るアイコン的スニーカーだ。落ち着きあるスエードやスムースレザーは、オフのスタイルに柔和さを与え、パテントはオンのシーンにさりげない華やぎを与えてくれる。そのバリエーション豊富さゆえにコレクションしたくなってしまうほど使いやすい万能選手型スニーカーだ。

近未来的なデザインでモードを纏うダイビングスニーカー

スニーカー¥101,000(ランバン ジャパン)

アッパーにメッシュ素材を採用したスニーカーは、軽量かつ清涼感あるモードな1足。特徴的なカーブのかかったソール、ホワイトのラインにシューホールやプルストラップに施されたリフレクターなどグラフィカルな要素がスポーティーさを加速させる。サイドにさりげなくあしらわれたブランドの頭文字「L」のロゴがなんとも可愛らしい。

無骨なハードスタイルには、足元で抜け感を作ってラフさを!

スニーカーは上に同じ。ライダースジャケット¥574,000・パーカー¥140,000・パンツ¥91,000(ランバン ジャパン)

重厚なレザーライダースや裾にジップが施されたバイカーパンツと、個々のアイテムがハードゆえに足元にブーツなどは厳禁。都会的な装いをするなら、スニーカーでカジュアルな要素をプラスするのがポイント。ブラックのワントーンにすることで、スニーカーのホワイトのラインが活かされ、全身ブラックでも軽量感が生まれる。

以上、ランバンのスニーカーを紹介した。過度なデザインがないためどんなコーディネートにも対応でき、かつ大人らしい魅力を引き出せるラグジュアリーなスニーカーだ。比較的コストパフォーマンスにも優れているので試しやすいのも嬉しいポイント。一度履いてしまったら、もう他のブランドのスニーカーは履けなくなってしまうかもしれないのでご注意を。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊