「オープンカーはデートカー」と思っている貴方。なかにはそういうクルマもあるけれど、古典的なブリティッシュ・スポーツカーの多くは屋根なしだった。その伝統を受け継ぐ究極の1台といえるのが、マクラーレンのニューモデル、600LTスパイダー。ひときわ硬派なつくりがもたらす異次元のオープンエア体験を、ライフスタイルジャーナリストの小川フミオ氏がリポートする。

サーキット向けに仕立てられたオープンモデル

車重はわずか1290キログラムで静止から時速100キロまでを2.9秒で加速する。
アリゾナの一般道でも乗り心地は悪くなかった。
ディヒドラルドアを備え乗り降りも意外に楽。

 英国のスポーツカーづくりは健在だ。なかでも独特な文化だなあと思うのは、オープンカーがとりわけ好まれることである。馬、あるいは軽快な馬車に乗る延長なのだろう。

 F1でも知られるマクラーレンの乗用車部門、マクラーレン・オートモーティブは、スーパースポーツカーで知られる。2019年2月に予告なく、マクラーレン600LTスパイダーを送り出したのには驚かされた。

 これがすばらしい出来である。ベースになっているのは、2018年夏に発表された600LTクーペで、そのさらにオリジンは570S。マクラーレンのラインナップのなかでも、もっとも快適志向の強いのが570シリーズだ。

 600LTはカーボンファイバーのシャシーなど75パーセントほどの部品を570Sと共用しながら、出力を上げるとともに剛性を高めて、よりサーキット向けに仕立てられたモデルなのだ。

 電動格納式の炭素樹脂のトップを持った600LTスパイダーは、3.8リッターV型8気筒エンジンに7段ツインクラッチ変速機を含めた後輪駆動のドライブトレインを570Sと共用している。

 いっぽうで、パワーは車名にあるとおり「570」psから「600」psへと上がっているのだ。最大トルクも600Nmから620Nmへと増強されている。シャシー剛性は高められ、サスペンションのスプリングレートも高くなる、すなわち、足まわりが硬くなっている。

目がさめるのはやはりサーキット!

クーペと同様トップエグゾーストがLT600シリーズの目じるし。
人工スウェード張りの室内にはマクラーレン独特のオレンジ色が差し色となっている。
電動格納式のトップは炭素樹脂で出来ており走行中でも開閉可能。

 米アリゾナ州で乗った600LTスパイダーは、考えていたとおり、じつに俊敏な走りを持つモデルだった。オープントップ化で爽快感も追究したモデルといえるが、さきに触れたように、そもそも英国人にとってスポーツカーとはオープンが基本形だと考えるに足るだけの、高性能ぶりを発揮してくれた。

 オープン化でも重量増はわずか49キロで抑えられ、失ったものはほぼなにもない、というのが600LTスパイダーの特徴だ。高回転型のエンジンは、3000rpmを超えるともりもりとトルクを出し、正確なステアリングとで、サーキット志向を強めた、とマクラーレン・オートモーティブの技術者が語るのにも納得できた。

 一般道とサーキットが試乗コースだった。一般道ではそれほど悪い舗装の道はなかったが、それでもやはり乗り心地は硬めだ。ひどいというほどではなく、意外に疲労感が少ないのに感心したが、やはり目がさめるのはサーキットでだ。

 サーキットでどんなコーナーを抜けるときでもボディはみしりともいわない剛性を発揮する。瞬発力をみせるエンジンと、効きのいいカーボンのブレーキ、それにコーナーでしっかりフィードバックをくれるステアリングと、ロールを抑えられたサスペンションによって、ストレートとコーナーの組み合わせをフルに楽しめるのだ。

 インテリアは、サーキット志向ということで、ひたすら機能的だ。薄い炭素繊維のシートをはじめ、ステアリングホイールにも滑らないための人工スウェードが巻いてある。すべて人工スウェード張りで光線の照り返しが目を射ることもない。

 サスペンションの設定などを変えられるドライブモード切り換えボタンなどは扱いやすい位置にあり、「ノーマル」「スポーツ」それにサーキットを意味する「トラック」を切り替えて、キャラクターの違いを存分に味わえるのもサーキットならではだ。

 マクラーレンのプロダクトを購入する昨今の富裕層の多くは、公道というよりサーキットでの走行を念頭に置いているそうだ。もちろん、私もそれを勧める。作りのよさはまるで高級精密時計のようであり、つねに手元に置いておきたいクルマなのだ。

問い合わせ先

  • マクラーレン・オートモーティブ
  • マクラーレン東京 TEL:03-6438-1963
    マクラーレン麻布 TEL:03-3446-0555
    マクラーレン名古屋 TEL:052-528-5855
    マクラーレン大阪 TEL:06-6121-8821
    マクラーレン福岡 TEL:092-611-8899
この記事の執筆者
自動車誌やグルメ誌の編集長経験をもつフリーランス。守備範囲はほかにもホテル、旅、プロダクト全般、インタビューなど。ライフスタイル誌やウェブメディアなどで活躍中。