モンクレールのスニーカーは意外にも種類が豊富だ。特にスポーティーな要素をふんだんに取り入れたスニーカーは、ほかを圧倒するほどのクオリティをもつ。ブランドカラーであるトリコロールが足元を上品に、そして爽やかに演出してくれる、まさに大人が欲しいと思う要素が詰まったスニーカーだ。

大人カジュアルには必須アイテム! モンクレールのスニーカー

大胆にあしらったブランドネームが足元にインパクトを与える

(上)スニーカー¥64,000、(下)スニーカー¥77,000(モンクレール ジャパン)

(上)ブラックのアッパーにドローイングのブランドロゴペイントを施した、オーセンティックなレザースニーカー。ストリートな要素を取り入れながらも、行き過ぎないデザインの絶妙なさじ加減がモンクレールらしい1足。(下)メッシュ×ラバー×スエードといった異素材ミックスは近年の新定番となりつつあるスニーカー。足入れしやすい履き口に、柔らかく足を包み込むメッシュ、軽量なソールは1日中履いてもノンストレス。オールホワイトに仕上げることでスポーティーさだけでなく上品に仕上がった。シューレースにはさりげなくトリコロールでブランドらしさも。

履いたものにしかわからない、モンクレールの極上ニットスニーカー「バルタザール」

スニーカー¥69,000(モンクレール ジャパン)

一目見ただけでわかる独特なソールは、足の形状をベースに8個のブロックにソールを分断し、歩行時の負荷を軽減させた「バブル ソール」を採用。アッパーにはニットを使用し、ソールだけでなく足全体の負荷を考慮したスニーカーだ。屈曲性も高いので、普段使いはもちろんスポーツやジム、ドライブなど様々なシチュエーションで活躍が期待できる。

モンクレールなら、大人カジュアルはお手の物!

スニーカーは上に同じ。ベスト¥113,000・パンツ¥64,000(モンクレール ジャパン〈2 モンクレール 1952〉)、ニット¥101,000(モンクレール ジャパン)

まだ肌寒さの感じる季節。外出時にブルゾンやジャケットが重いと感じるなら、ダウンベストが最適。温かさを確保しつつ動きやすさも兼ね備えている一石二鳥なアイテムだ。足元には上着同様に、軽量でストレスフリーなスニーカーを合わせることでスポーティーなカジュアルスタイルが完成する。近所に行くなら写真のようなスウェットパンツでイージーに、遠出ならデニムやチノパンに変えても通用するコーディネートだ。

以上、モンクレールのスニーカーを紹介した。スポーティーな要素だけでなく、デザイン性、機能性にも優れたバランスの取れたスニーカーだとういことがお分かり頂けただろうか。ダウンだけでなく、トータルファッションとしても確立されたブランドなので、是非一度お試しを。きっとあなたを魅了することだろう。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊