合切袋といえば、和柄が多く縁日に持つようなイメージを想像してしまうが、ここで紹介するオデムの合切袋はそれとは似て非なるもの。姿形は同じでも、現代的にアレンジを施しファッション性を持たせた実に大人らしいものになっている。使い勝手の良いサイズ感は、休日バッグだけでなくバッグインバッグとして使用してもいいだろう。ぜひ一度ご覧あれ。

「泳ぐ宝石」と称されるエイ革を使用したオデムの合切袋

【W25×H31cm】合切袋¥120,000(レショップ〈オデム〉)※採寸は編集部調べ

「泳ぐ宝石」と称されるエイ革は、艶かしい光沢感の美しさと、その美しさとは相反するゴツゴツとした表面の硬さが特徴的。白く染色し部分の中心にある大きな円は、エイ革の最大の魅力である「スター」(※エイが光を感知するための器官。1匹につき1つしか採取できないため貴重である。)が鎮座し、ラグジュアリーな存在感を放つ。耐久性や耐水性にも強く経年変化もしにくいため、変わらない表情を楽しめるのが魅力的だ。

カーフレザーのライニングが、優しく荷物を包み込む

内側のライニングには、贅沢にも同色のカーフレザーを使用。

内側に同色のカーフを使用することで、統一感がありながらも表と表情の違った2面性が楽しめる仕様だ。男の最低限の荷物はすっぽりと収納可能。中に入れた荷物の見やすさや取り出しやすさは、合切袋の使いやすい大きな利点である。

以上、オデムの合切袋を紹介した。通好みとも言えるアイテムかもしれないが、だからこそ大人に使っていただきたい。一度使えば癖になること間違いなし。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊
TAGS: