「メロン ドゥ メロン」に教わる、メロンパンを最もおいしく味わう方法

焼きたてのメロンパンは、表面のビスケット生地がサクッ、中がフワッとしてなんとも幸せな味わいですよね。

移動販売などで見かけると、甘~い香りに惹かれてつい買ってしまうことも。そんな焼きたてメロンパンを提供するお店の中でも特に人気の、メロンパン専門店が「メロン ドゥ メロン」。

「メロン ドゥ メロン」で人気を誇る定番「リッチプレーン」

東京をはじめ全国に現在約70店舗を展開していますが、なかには行列ができるほどの人気店も。プレーンをはじめ、チョコやいちごなど常時何種類ものフレーバーの、焼きたてメロンパンを店頭販売しています。

そんな「メロン ドゥ メロン」の人気の秘密や、よりおいしくいただく方法を、お店を手がける株式会社サンライズさんに伺いました。

メロンパンの「焼きたての味」を家で再現する方法が判明!

「メロン ドゥ メロン」のメロンパン

ヨーロッパ産の発酵バターや卵など素材にこだわり抜き、中はふわふわ口どけ、外はサクッと軽やかな食感のビスケット生地を実現した「メロン ドゥ メロン」のメロンパン。

焼きたてが売りのメロンパンなので、焼きたてをその場でほおばるのが一番おいしいのはもちろんですが、家に持ち帰っても焼きたての味を再現する、とっておきの方法があるそう。

「翌朝もおいしくお召し上がりいただける温め方として、クロワッサンやパイに関してはオーブントースターを4分かけて予熱し、その予熱だけで3分温める方法を提案しています。

ですが、メロンパンの焼きたてを再現する方法としておすすめなのが、マグカップに少量の水をはってその上にメロンパンを置き、電子レンジで10~20秒温めてから、オーブントースターで1~2分温めるというもの。水分を含んで中はしっとり、トースターで表面はサクサクに焼きあがるので、ご自宅でもまた焼きたてのような味を楽しめますよ」(メロン ドゥ メロン担当者)

中身はふわふわ、表面は焼きたてのようなサクサク感が復活!

購入したメロンパンをこの方法で温めなおしたら、本当に中身はふわふわ、表面は焼きたてのようなサクサク感が復活! 温める分数は、レンジやトースターのワット数によって様子を見ながら調整してみてください。

ほかにも、翌日などに生地のしっとり感が減ってしまったと感じる場合には、ホイップクリームをはさんで食べると食べやすくなるので、こちらもおすすめだそうです。アップルパイは、パイ生地をパカッと開けてアイスクリームを挟んで食べるとおいしいとのこと。アップルパイをアツアツに温めてから挟みたいですね。どちらも、間違いない組み合わせです!

ちなみに、人気メニューのひとつ、紅茶メロンパンに合う飲み物もひとつ教えていただきました。

「紅茶メロンパン」にはホットミルクがおすすめ!

アールグレイ茶葉入りのビスケット生地の「紅茶メロンパン」のフレーバーには、ホットミルクが合うと評判だそうです。タピオカミルクティーも流行っているので、紅茶にミルクは納得。甘くて優しい組み合わせ、ほっとひと息つきたいときにおすすめ。ぜひ試してみてください!


「メロン ドゥ メロン」のメロンパンのこだわり

「メロン ドゥ メロン」のこだわりが詰まったメロンパンの一部

お店のこだわりは、その商品開発の姿勢に表れています。扱うスイーツのどれもが一級のおいしさを誇る「メロン ドゥ メロン」では、大手メーカーと共同で世界のコンテストで賞を取っているブーランジェ(パン技師)が長時間かけてレシピを開発しています。そうしてつくり上げた逸品や、10年以上商品開発を行ってきた商品プロデューサーがセレクトした世界の逸品を、ラインナップしているのです。

「例えば『リッチチョコメロンパン』という、中にもビスケット生地にもチョコレートを練り込んだ商品があります。他のメーカーさんよりもチョコの含有量が多いので、生地のふわふわ感に影響しないギリギリのところまでチョコやカカオパウダーを入れてもらって、チョコ感をアップさせているのです」(メロン ドゥ メロン担当者)

焼きたてにこだわるだけではなく、新商品の開発にも力を入れているんですね。

「メロン ドゥ メロン」で商品基準に見合わないパンは「アレ」に転生!

続いて「メロン ドゥ メロン」の、とっておきの秘密を教えていただきました。

「「メロン ドゥ メロン」では、メロンパンの商品基準を満たさない商品は、ラスクに加工して販売するんです。いろんな味をミックスして売ることもあるので、お得感がありますよ。試食に出していることもあります」(メロン ドゥ メロン担当者)

このラスクもお店の人気商品。商品を大切に想っての工夫でもあったんですね。そして、全国展開しているお店ならではの裏事情も。

いろいろなメロンパンを焼きたてで提供。

「全国に店舗があるので、地域差も大きいです。例えば地方では車で来てまとめ買いするお客さんが多かったり、都心だと買う個数は少なくても、固定客がすごくついてくれたりとか。

あとは、奈良・三条店のお店では外国人観光客の方が多いので、プレーンメロンパンの次に人気なのが、他の店舗なら5位・6位の売り上げの宇治抹茶メロンパンだったりします。

メロンパンの種類は約20種類ほどあり、各店舗でどの商品を置くかチョイスするので、店舗によってあるものとないものがあります。ですので、どの店舗に行ってもらっても、新しい発見があると思います。

大体10種類前後置いている店が多いですが、私が把握している限りで、ある3店舗は全種類置いてありますよ(笑)」(メロン ドゥ メロン担当者)


5月・6月には塩レモンクリームの入ったメロンパンも登場!

「メロン ドゥ メロン」の今後の展開についてもお聞きしました。

「テイクアウトのみの店舗が多かったんですが、飲み物と一緒に召し上がりたいというお客様からのご要望もあり、今後はドリンクの提供やイートインのお店も展開していく予定です。お客さまとのコミュニケーションを大事にしておりますので、ご要望を受けて新商品を開発を行ったり、期間限定のものが反響によってレギュラーメニューになることもあります。

季節商品も大事にしていて、秋にはマロンクリームやさつまいも、12月にはカスタードの商品などを販売していましたが、5月・6月には塩レモンクリームの入ったメロンパンを出す予定です。クリーム系は焼きたてが提供できず、冷やしてお渡しするので、また違った食感のメロンパンが楽しめますよ」(メロン ドゥ メロン担当者)

「メロン ドゥ メロン」の店舗外観はこんな感じ。画像は郡山愛宕店(福島県)。

「メロン ドゥ メロン」は現在、全国で約70店舗ほど展開されていますが、価格や品質は全国で統一しているそう。全国どこでも同じおいしさが保証されている上に、多くの種類を用意しているので、どの店舗に行っても新たなフレーバーに出合える喜びもあります。

ぜひ、お近くの店舗に足を運んで、お気に入りのメロンパンを見つけてみてくださいね。そして自宅に持ち帰って食べる際には、ぜひ本記事でご紹介した「焼きたてを復活させる方法」をお試しあれ。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
こばやしあさみ
TAGS: