面長顔のロングヘアで気になること、それは「顔の間延び感」。長い前髪の場合は頰や耳が隠れると、より顔が縦長に見えることも。

この問題に応えてくれたのは、MAGNOLiA Aoyama店のデザイナー・CHINATSUさん。

「顔まわりをリバース巻きで開けて、肌の露出を多くすることが間延び解消の秘訣です。カールのリッジを顔まわりに持ってくると視線の重心がぐっと上がり小顔効果も期待できます」(CHINATSUさん)

顔まわりをリバースするだけでなく、内側の髪を耳にかけるのも間延び解消の秘訣なのだそう。

「髪を巻いた後に、内側のもみあげ部分を耳にかけるとシルエットに奥行きや抜け感が生まれます。肌のくすみが晴れて透明感のある明るい印象になりますよ」(CHINATSUさん)

「リバース巻き」と「耳かけ」で間延びさせない、面長顔が小顔に見せるスタイルは必見!

■髪型: 優美なカールで顔まわりが華やぐ!ゆるやかなウェーブヘア

面長顔のロングヘア代表:海下真夕さん(40歳/主婦)の場合

完成
サイド
バック

海下さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「顔まわりをコテで巻くときは、毛束の中間だけを巻いてください。毛先まで巻くとひと昔前の古臭い印象になることも。中間を巻くことで毛先にもニュアンスが生まれ、自然な毛流れがつくれるので、毛先まで巻く必要はありません」(CHINATSUさん)

■スタイリング:毛束の中間を縦巻きにすると今っぽい仕上がりに

「顔まわりを巻くときのポイントは『毛束を太くとる』『縦に巻く』、この2つです。ブローで髪表面にツヤを出すと、ダメージを感じさせないみずみずしい印象になるのでその方法もレクチャーします」(CHINATSUさん)

スタイリング前

■1:フロント部分の表面をブローする

フロント部分の髪の表面に熱を当てると、キューティクルが整い、見た目がツヤやかになる。毛束の中間に熱を当てるイメージで。

■2:耳前の毛束をリバース巻きにする

コテは36mmを使用。耳前の毛束をまとめて中間だけを巻く。逆サイドも同様に。

■3: 毛先に保湿剤をなじませる

仕上げに、クリームなどの保湿剤を毛先につける。

〈面長顔ロングヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■フロントの髪表面にツヤを与える
  2. ■顔まわりの毛束は中間だけリバースに!
  3. ■保湿剤でまとまりとツヤをプラス

「年齢とともに髪の水分量が減り、まとまりにくくなっているので『表面のツヤだし』『毛先の保湿』は重要。この一手間で、みずみずしさ、コシ、ツヤ、まとまりのあるダメージレスな印象に仕上がりますよ」(CHINATSUさん)

MAGNOLiA Aoyama店デザイナー・CHINATSUさん。連休が取れると必ず海外に行くほど旅行好きなCHINATSUさん。「この前行ったのはマルタ島。豊かな自然に癒されて心身共にリフレッシュできました」

問い合わせ先

  • MAGNOLiA Aoyama
  • 住所/東京都港区南青山4‐24‐8 アットホームスクエアBF
  • TEL:03-5774-0170
  • 営業時間:水・木 11:00~21:00/金 13:00~22:00/土・月 10:00~20:00/日・祝 10:00~19:00
  • 定休日:火曜・不定休
丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑