最近では、まとめ髪の定番テクニックになった「くるりんぱ」。結び目の上につくった穴へ毛先を通すだけと簡単にできることから、40代でも多くの人がデイリー使いしています。

今回、U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さんが教えてくれるのは、このくるりんぱを応用した「大人のポニーテール」。結ぶ位置が下すぎると「疲れた野暮ったい印象」に、高すぎると“若づくりで頑張ってる風”になってしまうため、どの位置でまとめるかがとても重要なのだと言います。

「40代のポニーテールは、髪を結ぶ位置によって印象がガラッと変わります。オススメは、耳裏くらいの位置。相手の視線が引き上がり、小顔に見える効果もあります。少し高めに結ぶことで、襟足の後れ毛も色っぽい印象に。女性らしさと小顔効果、どちらも楽しむことができます」(瓜生さん)

アレンジの前に、髪の中間から毛先と髪の内側にオイルをなじませておくと、後れ毛がまとまり、より大人の色気が増すのだそう。

くるりんぱと後れ毛で魅せる大人の色気は圧巻。小顔にもなれるというポニーテールのやり方を教わりましょう!

必要なのはゴムだけ!くるりんぱを応用した簡単ポニーテール

 
完成
サイド
バック

 

立川エリカさん(49歳/占星術カウンセラー)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★
アレンジ前

■1: 耳上の毛束を後ろで結ぶ

結ぶ位置は耳裏くらい。きっちりとまとめないのがポイント。

■2:結んでいない襟足の毛束を1の上からひとつ結びにする

襟足の髪を左右に分ける。
1で結んだ毛束の上でひとつにまとめてゴムで結ぶ。

■3:2で結んだ毛束をくるりんぱする

結んだゴムの上の穴に毛先を通す。通したら、毛先を持ってキュッと絞り安定させる。

■4:ねじりができた部分の表面をつまんで引き出す

くるりんぱでねじりができた部分を指でつまんで細かく引き出す。引き出しすぎないよう、ゴムを片手で抑えながら引き出して。

■5:後頭部の毛束を指で引き出す

結び目を片手で抑えながら後頭部の髪の表面を細かく引き出す。

「毛先をひっぱりすぎると髪がつぶれてしまうので要注意。後頭部の髪を引き出すときは、頭の型が丸くなるように意識しましょう。後頭部が凹んでいるとバランスが悪いので、絶壁の場合は後頭部に丸みをプラスするような気持ちで引き出してみてください」(瓜生さん)

U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さん。「海の綺麗な国に行きたいです。日本はずっと寒かったので行くなら暖かい国がいいですね」

問い合わせ先

U-REALM
住所/東京都渋谷区神宮前5-6-13 ヴァイス表参道2F
TEL:03-5778-0529
営業時間:平日12:00~21:00/土・日・祝 10:00~20:00
定休日: 不定休

常に新しいスタイルを提案し続ける人気サロン。要望以上のクオリティで、満足度が高いのもうれしい。

 

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑