フランスのラグジュアリーメゾン「エス・テー・デュポン」も、ジェームズ・ボンドのラグジュアリーなスタイルや、『007』に登場する革新的テクノロジーにインスパイアされた数々の限定トリビュートコレクションを発表してきた。

2018年には新作として、ライターやペン、カフス、シガレットケースなどが限定発売され好評を博したことは記憶に新しい。今回、このコレクションの最後を飾るアイテムとして、「エス・テー・デュポン」初のデバイス内蔵ライター「ジェームズ・ボンド ライン2」コネクティッドライターがリリースされた。

ライターにBluetooth®対応のトラッキングデバイスとUSBポートがハイテクなギミックがガジェット愛好家の心をくすぐる

「ジェームズ・ボンド ライン2」コネクティッドライター

『007』のロゴが入ったセンター部にBluetooth®トラッキングデバイスとUSBポートを搭載。充電時間:約1時間 【サイズ:W3.39×H6.6×D1.4cm】 約129g ¥335,000(エス・テー・デュポン 銀座ブティック)※税抜価格

本作は、イエローゴールドと細かなギョウシェ彫りで仕上げられた、メゾンを代表する「ライン2」のライター。一見すると、エレガントなラグジュアリーライターにしか見えないが、驚くことにボディにBluetooth®対応のトラッキングデバイスとUSBポートを内蔵。このデバイスが、エス・テー・デュポン専用のモバイルアプリと同期し、ライターの所在地を追跡できるという、『007』のスパイ道具ばりの革新的なギミックを実現している。

iPhone、スマートフォンのマップで「ライン2」をチェイス

アプリはiOS、Androidに対応。App Store、Google Play Storeから、スマートフォンにダウンロードできる。同期させると、アプリのロケーションマップにコネクティッドライターの位置がマーカーで表示され、追跡ができる。※イメージ

ショーン・コネリーが映画『ドクター・ノオ』で初めてジェームズ・ボンドを演じた年にちなみ1962個の個数限定で販売。スタイリッシュなデザインは、ジェントルなスーツスタイルにも品よく馴染む。

問い合わせ先

この記事の執筆者
主にモノ雑誌を中心に’80年代から活動するライター。トレンド製品や斬新な着想から生まれたガジェット全般の執筆に取り組む一方で、腕時計やバッグ、シューズといった、男の逸品をテーマにした記事も手がけている。