Precious_1609_220-1_edited-1


年齢とともに存在感を失いつつあるまつげ。女性性の象徴であるパーツが、日々、脆弱になっていく姿を目の当たりにするのは、なんとも切ないものです。だからこそマスカラ選びには一家言あり。ボリュームと長さはもちろん、大人の脆弱なまつげを根本からケアし、女性性までアップさせる、そんな一本が理想です。

マスカラ界の女王『ラッシュ クイーン』との出会いは2004年の初代から。つねに新風を巻き起こしてきた『ラッシュ クイーン』ですから、漆黒のインクのドレスを纏ったワンダーブラック誕生のニュースに、どれほど心を揺さぶられたことか!

仕上がりはもちろん期待を遥かに超越! 1ストロークで艶やかなボリュームまつげに仕上がるだけでなく、つけている間中、まつげを芯からトリートメント。

美しい仕上がりの裏で育毛ケアまでしてくれるのですから、これほど大人のまつげに嬉しいものはありません。マスカラを塗るだけでまつげそのものが若々しく! 女性としての自信さえ取り戻せそうです。

■代々、美しいボリュームまつげをつくってきた『ラッシュ クイーン』の最新作。3種のトリートメント成分を含む液がラッピングするようにまつげを包み込み、ケア効果も目力アップも申し分なしの逸品。

おすすめの記事はこちら >>ブルーのアイラインで、引き締め効果だけでなく、夏に似合う軽やかさ&抜け感を演出 >>下まつげのために生まれたマスカラは「小は大を兼ねる」隠れた名作です >>大人の女に必要なメイクアップを、美容のプロがリコメンド!
この記事の執筆者
化粧品会社、出版社勤務を経て独立。ビューティ・エディター、美容ジャーナリスト。女性誌や美容誌で編集・執筆活動を続けるほか広告、化粧品マーケティングなど幅広い分野で活躍。ホメオパスの資格を有し、フィトテラピーアドバイザーのスキルも。モード系メイクからサイエンス、ホリスティック系まで得意な分野は幅広い。著書に『人と比べない美人力の磨き方 美容エディター安倍佐和子のmy BEAUTY rules 』(講談社)がある。 好きなもの:ハワイ、海、サーフィン、Paris、旅、ダイヤモンド、ワイン、猫、草間彌生、パワースポット、天照大神、箱根神社、北欧デザイン、“イッタラ”、“ アラビア”、月美容、オーガニック、フィトテラピー、ADELE、桃、京都、温泉、赤倉観光リゾート&スパ
公式サイト:公式ブログ
クレジット :
撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) 文/安倍佐和子