ジャケット選びは、実はパンツを基準にしたほうが決めやすい。ゆったりとしたシルエットのパンツを中心にして、トレンドとなるジャケットを選び出す。選択のポイントは、ジャケットをパンツのラインや生地の風合いになじませること。そのためには、思い切ってノータックのスリムなパンツを捨て去ることだ。モード系を除けば、ファッションの世界では、ノータックのパンツはすでにオワコン。流れはすでにタック入りパンツに戻ってきている。ここでは、軽快なジャケット&パンツのコーデを紹介する。

ウールとポリウレタンを混紡した素材を使い、季節感を感じられるコーデが楽しめる。パンツにはワンタックを施し、ゆったりとしたシルエットでくつろいだスタイルには、軽快な一枚仕立てのジャケットをチョイス。コットン&シルクの肉厚の生地で美しく成形するジャケットは、タイドアップもよく似合う。ゆったりとしたパンツとジャケットの組み合わせは、そう難しくないもの。ファッションプロが密か実践しているコーデのキモを紹介する。

ネイビージャケット×「タック入り」パンツ

ジャケット¥94,000(エストネーション〈ラルディーニ〉)シャツ¥30,000(バインド ピーアール〈ルイジ ボレッリ〉)ベルト¥10,000〈サドラーズ〉・タイ¥18,000〈ガッロ〉/以上ビームス ハウス 丸の内 パンツ¥38,000(ストラスブルゴ〈シビリア〉)チーフ¥5,500(ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館〈エリコ フォルミコラ〉)時計¥2,225,000(ヴァシュロン・コンスタンタン)靴¥190,000(ジョン ロブ ジャパン)

チャコールグレーのパンツに対して、ネイビーカラーの正統派ジャケットを合わせてタイドアップ。落ち着いたトーンでコーディネートすることで、ゆったりとしたパンツでも、全体的にシックな雰囲気を演出することが可能である。

チェックジャケット×「テーパード」パンツ

ジャケット¥115,000〈エリコ フォルミコラ〉・タイ¥10,000〈ユナイテッドアローズ〉・靴¥64,000〈カルミナ〉/以上ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 シャツ¥23,000(エストネーション〈オリアン〉) パンツ¥22,000(F.E.N.〈ジャブス アルキヴィオ〉) チーフ¥4,000(フェアファクスコレクティブ〈フェアファクス〉) 眼鏡¥33,000(ブリンク・ベース〈エナロイド〉) ベルト¥14,000(ビームス ハウス 丸の内〈ウィリアム〉)

ワンタックを施したテーパードシルエットのパンツには、ウインドーペーン柄を配した、クラシックなジャケットが好相性となる。シアサッカー地のストライプのタイを合わせて、モダンに演出したい。

シルクジャケット×「ワイド」パンツ

ジャケット¥233,000(八木通商〈ベルヴェスト〉) シャツ¥27,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)  パンツ¥31,000(レショップ〈ベルナール ザンス〉) スカーフ¥9,000(ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館〈ユナイテッドアローズ〉)  帽子¥33,000(ビームス ハウス 丸の内〈ボルサ リーノ〉) 靴¥48,000(アマン〈デュカルス〉)

ストライプをデザインし、しなやかなドレープ感を楽しめる「ワイド」パンツには、ジャケットもテロテロとした極薄のシルクを使用した、一枚仕立てのジャケットを合わせて、リラックス感のあるドレープを楽しみたい。クラシックなポロシャツに、スカーフを飾るだけのシンプルな着こなしが洒落ている。

コットンジャケット×「すそリブ」パンツ

ジャケット¥92,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉) ニット¥29,000(トヨダ トレーディング プレスルーム〈チルコロ 1901〉) パンツ¥26,000(バインド ピーアール〈ジェルマーノ〉) ストール¥29,000(アマン〈アルテア〉) 時計¥870,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 靴¥7,800(プロスペール〈スペルガ〉)

センタークリースをデザインして、ドレッシーな表情も併せ持つ、ネイビーの「すそリブ」パンツ。織り柄を施したベージュカラーのコットンジャケットを合わせて、色彩のコントラストと軽快なスタイルを表現。インナーには、リネン&コットンのメランジ調のニットを選び、大人のカジュアルスタイルを演出したい。白いスニーカーと黄色のストールをアクセントに。

お気に入りのコーデは見つかっただろうか? ここで紹介したジャケット&パンツの組み合わせはほんの一例にすぎない。まずはこの記事で紹介したコーデをマスターしていただき、あなた流のコーデを見つけていただきたい。

※価格はすべて税抜です。※価格は2016年秋号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious2016年春号「靴合わせから、パンツ丈、トップス選びまで詳細解説!主役顔「リラックス・パンツ」登場! 」より
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー) スタイリスト/武内雅英(code) 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)