40代の女性たちから根強い支持を集める「ワンレンボブ」。Ramie GINZAのデザイナー・新谷千絢さんも「女性らしくエレガントな印象になれる、スタイリングが簡単、という理由でリクエストが増えている」と言います。

人気の高いワンレンボブですが、顔の型が逆三角形の場合、毛先にボリューム感がないと頰がこけて見えたり、見た目が貧相になることもあるのだそう。

「顔まわりの寂しさをカバーするためには、毛先にボリュームと空気感を持たせて。全体のシルエットを台形にすることで顎まわりの寂しい印象がなくなり、華やかで幸福感のある表情を演出できます」(新谷さん)

台形にするときのスタイリングのコツは「コテで毛先を内巻きにする」こと。「毛束を多めにとって毛先をグリッとワンカールしてください。毛束を多めにとって巻くと、広がりやパサつきを防止することができます。毛先にまとまりとツヤも生まれ、若々しい印象に仕上げることができます」(新谷さん)

■髪型:艶やかにまとまった毛先が軽やか。全方位どこから見てもやわらかさと丸みのあるシルエットに

逆三角形のボブ代表:滝沢裕子さん(45歳/会社員)の場合

完成
サイド
バック

滝沢さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「ベースは毛先に重みを残したワンレンボブ。前髪とモヒカンラインに少しだけ段を入れています。これで、髪の表面を巻いた時に動きが出やすく、分け目がペタッとした寂しい印象になりません」(新谷さん)

■スタイリング: 逆三角は顎まわりの毛束を内巻きにするのが正解

「毛先をワンカールするときに巻き込みすぎるとウェーブがかかりすぎて古臭い印象になってしまいます。ふんわりとした印象に仕上げるためにも毛先はワンカールを意識して」(新谷さん)

スタイリング前

■1: 毛先をすべて内側にワンカール

アイロンは26mmを使用。すべての毛先をワンカールに。毛束を多めにざっくりととりましょう。

■2: 前髪の中間から毛先へコテを滑らせるように巻く

前髪は毛束の中間から毛先に向けて内巻きに。コテを毛先に滑らせるようなイメージで通す。

■3:頭頂部も毛束の中間から毛先にかけて滑らせるように巻く

頭頂部の毛束をざっくりと取って中間に巻きつけたら、毛先に向かってコテを滑らせるように通す。上に向けてコテを抜くようなイメージで。

〈逆三角形型ボブヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■毛先はすべてワンカール!内巻きが基本
  2. ■前髪と頭頂部は熱を通すイメージでコテを滑らせて
  3. ■オイルをなじませておくと、まとまりとツヤ感がアップ

「前髪と頭頂部を巻くときは、毛束の中間から毛先に向けてコテを滑らせるように巻きましょう。毛先はすべて内巻きに。外ハネにすると顎先がシャープになってしまうので注意してください。広がりやパサつきが気になる方は、巻く前にオイルをなじませるといいですよ。束感がしっかりと出るオイルを選んで」(新谷さん)

RamieGINZA デザイナー・新谷千絢さん。読書が好きだという新谷さん。「心理学の本が好きでよく読んでいます。マーケティングに関する書籍や自己啓発本も好き。世の中の仕組みを知っておくと、接客のときの会話も弾みます」

問い合わせ先

RamieGINZA 
住所/東京都中央区銀座5-5-14 JPR銀座並木通りビル 9F
TEL:03-3569-1171
営業時間:火・水 11:00 ~ 20:30 木・金 11:30 ~ 21:00 土日祝 10:00 ~ 19:00
定休日:月曜

安心感とリラックス感を与えてくれる「RamieGINZA」。上質を求める大人の女性を満足させてくれると好評。

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑